那須太社 錦輔 の日記

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ディック・フランシス 利腕

2016-10-13 23:23:57 | 読書感想文

たいして面白いとは思わなかったが、この作品がもてはやされるのは、やはり男が生きていくうえで、プライドとか体面みたいなものを保持しなければ生きていけない、ということなんだろうかと思った。

生まれつき体の大きいのもいれば、そうでないのもいるし、気が強いのもいるしそうでないのもいるし、でも社会にでて商売上で戦い競い合うとき、俺、気が弱いからとか、言ってられないわけだが、それでも押しつぶされてしまい、負ける事はある。

この作品はそういう生きていくうえで避けられない男たちのフラストレーションを解消してくれるストーリーなのかな、と思った。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ますむらひろしさん ぱるぱらん | トップ | ダラス・バイヤーズ・クラブ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。