ユメニッキ

奇妙な夢の世界。

留守番

2017-07-13 17:40:40 | 夢日記
実家 暗い夕方

今日は母が用事で出かけて
留守を頼まれている

祖母もどこかに出かけてしまい
私1人家に残された

「大丈夫だよ」と言ったものの
誰もいない家の、縁側のカーテンを閉める時
たった1人で、この家にいる必要があるだろうか?
と思う


振り返ると、掘り炬燵から
が赤く上がっているのが見え
祖母が消さずに行ったんだ
火の元、戸締りはキチンとしないと
と気を引き締める

友だちを泊まりに呼ぼうか
とも思うが、仕事が鬼忙しい
と言っていたメールを思い出して
やめる

まだ夕方だが、部屋の中はさらに暗く
異様にカラッポで
ここで一夜を明かすのさえ
ムリな気がする



女Aの両手に手錠をかけても
Aは一度抜け出したから
今度は、私の手首とAの手首に
かけようか?

でも、うまくかからず
Aの手首にかけて
もう片方はダランとしている

Aは逃げる気配はないが
気を抜いてはいけない


A「池のそばに行きたい」

実家の庭に、いつのまにか
小さな池があり連れていくと

Aは水の中に入っていき
ここですべて終わらるつもりか?
という思いがよぎる

どういう結末が一番いいのか
思いつく間もなく

Aは私の手の中で
藁の束のようになって
水中でバラバラになって流れ

水の流れが細くなった所で
つかえて堰き止めてしまったから
このままでは池の水が濁ってしまうから
どけようかと思った時

水は自然と藁のかたまりをさけて
右のほうへ流れていく

私もAと一緒に
水にとけたことにしたほうが
ストーリー的にはイイかもしれない

と思いながら、喪失感のまま
家の中に入る


【池、水たまり】
水のすくない池は、疲労やストレス。
また、泥の水たまりや小さな水たまりは、ミスや失敗に注意を。


ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チョコレートのパソコン | トップ | 盗難 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。