ユメニッキ

奇妙な夢の世界。

学校塀

2017-05-10 10:35:57 | 夢日記
派遣先を辞める日
仕事仲間の数人が
お別れの挨拶をしてくれる

そのうちの1人が
私の絵を描いたとかで
くれたから

私「私も、派遣先を辞めると、いつもノートに
  一緒に働いていた人たちの似顔絵を描いてるんですよ
  下手なんですけど

絵の上手い女性Aさんは
女性Bさんを描いた絵を
2、3枚見せてくれる

私「すごい特徴とらえてる!
  目がハッキリしてるもんね」

A「これは、Bさんが髪を気にしてるところw」

Bさんは黒くて胸の下くらいまである
キレイな長い髪をしていて
恥ずかしさもあって、風に吹かれて
顔にかかった髪をそのままにしている
様子が描いてある

Bさんはその絵を観ることなく
恥ずかしがっている

私「恥ずかしがってる時、こんな感じー!


そろそろいい時間になり

私「いやーほんと、貴重な時間を過ごさせていただきました
  どんな瞬間も楽しかった」

(そういえば、ランチ友が
 すごく苦手だったな。と思い出したが
 終わりよければすべてよしだ


外に出ると、黒い三つ揃いを着た
男Cがクルマの横で待っている

C「やっぱコレ着てきてよかった
  迷ったけど、フォーマルなほうがいいかと思って

さり気なく言っているようで
ちょっと自慢げだから
女性2人も合わせて

「そーだよ、似合ってるよ」

2人はラフなロングのワンピとかだが
私はフォーマル寄り

私「三つ揃い着ること、あんまないですか?」

C「だから、こういう日は・・・」

あれ、私、また人の話を
飛ばして聞き逃したのかな?
と一瞬焦るが

私「似合ってる 男の人は大変だよね
  夏とかでもスーツとかで暑いでしょ?」


Cの黒いクルマで送ってもらう
ことになっているようで
私は後部座席を開けようとすると
女性2人に、なぜか助手席に
行くよううながされる

クルマに乗るのは久しぶり


「学校塀の・・・」という話で
3人は盛り上がっているが
なんのことか分からず
聞き役に回る

しばらくして、人の集まる
観光スポットに着いて
クルマをおりて、自然の中の
細い小道をしばらく歩く


前は雑草で、その向うは開けている

振り向くと背丈よりちょい上くらいの
塀があり、

私「あ、コレが学校塀っていうの?」

C「そう」

Cは、なにかを蒔くと
鳥がバサバサとくる

私「ハト!?」


また少し歩くと花畑が見えて

私「わあ、キレーイ!!

と大きな声を出して皆驚く

「ほんとだ」

白や赤っぽい花が遠くに
かたまって咲いているが
写メろうとすると
そんなにまとまってないか?

でも、撮りようによっては
キレイにおさまるかも


後ろの景色もすごい

私「こっちもスゴーイ

古風で大きな建物と
その横は湖? 池?

ここも写真を撮っていると

C「これが学校」

私「あ、これ学校なんだ いい建物だねえ!」


自然と景色が一体化して
とても気持ちがいい所

こんな所に私をわざわざ案内してくれたんだと
今更気づいて、Cさんはいい人なんだなと思う



【花】
花の色や種類は感情の表現です。また、犠牲的な努力や愛情に対する成果や結果を暗示します。
花は特定の愛情や成果をあらわしています。転じてプレゼントを暗示することもあります。
花の色や種類だけに特定の意味があるのではなく、その状況や色彩の組み合わせで解釈が違ってきます。
花が咲くのはその時の季節感を反映することが多くあります。これは調子のいい状態です。
しかし、季節外れの花を見るのは、体や心の調子が悪いこと、強いストレスや気分がすぐれないことをあらわすことがあります。
基本的に花言葉やギリシャ神話からひも解いた夢解釈は、日本人にはなじみの薄いイメージなので、それらを当てはめても無意味かもしれません。
むしろ花自体の色彩や背景など、色や周囲のイメージに注意を払ってみてください。



ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高すぎる洗面台 | トップ | 氷の河 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

夢日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。