ユメニッキ

奇妙な夢の世界。

何度もかわるユメ

2017-05-03 12:29:09 | 夢日記
混み混みの部屋で
大勢で柔軟体操?をしている

私は実際は体がかたいが
ユメでは自由に体が動かせて

床に脚を伸ばして
体を折り曲げると
つま先のもっと先まで手が届く

指導員にも褒められて
人に教えたりして
調子に乗っている


***

部屋で一人でいると
外で雨のような音がしたと思ったら
いきなり右側から左端まで
雪崩の雪が1/3ほど入ってきた/驚

一体どういうこと?!

身の危険を感じて
窓の外を見ようとして
カーテンの下を少しめくったら
窓を開けたまま寝ていることに気づいた/驚

普通のカーテンの下に
ペラペラのビニル製のカーテン?
が2枚あり、風で揺れている

外は雨?
とりあえずサッシを閉める


周りは全面ガラス窓で
(カーテンが開いている
人相の怖い見知らぬ男が
電話で誰かと荒々しく喋っている

目が合って、文句を言われて
怖いから、部屋の反対側に行くと
男の連れの女が険しい顔で
「何見てんのよ!」と怒る

ヤバイ、ヤバイ、ヤバイ!

2人は夫婦なのか?
これはユメ?

何度も目を閉じたり開けたりすると
場面が変わり、やっぱりユメだったんだと安心する


【雪崩】
雪崩を見るのは、季節や体調の変化、運気の変わり目をあらわし、それが目前に迫るのは変化の予兆。
雪崩に飲み込まれるなら、現状の慌ただしさや体調不良、運気の低迷を暗示します。
雪崩からうまく逃れるなら、気持ちや心境の変化、良い意味での運気の転換を暗示します。

【窓】
窓は夢主のコミュニケーションの姿勢や心象風景、庭は家族の状態や財産などを反映します。

【カーテン】
夢主の心の状態をあらわします。カーテンで仕切られているのは、現実的な視点が必要なメッセージをあらわし、
カーテンが開けられているのは、心を開くことをあらわしています。
壁一面や部屋全体を仕切るような大きなカーテンなら、夢主の閉鎖的な側面をあらわしているのかもしれません。



***


部屋の隅にメガネが落ちていて
知らずに踏んだのか
原型も分からないほど
ヨレヨレになっている/焦

ムリに直そうとすると折れるのでは?
と思っていると、案の定
ポキっと折れてしまう

2度やって2ヶ所も折れた

部屋の中に兄が来て
兄なら直してくれるかな?
やっぱ店に行かなきゃダメか?
その間はどーする?

これもユメであってほしい

外は通勤の人の足音がして
クルマが行き交うのが
チラッと見える


***


アメリカのサッカー?の試合を観ている
ゴール前で、キーパーとシュートする人が
1mほどの距離で向き合っていて

何度もゴールに蹴って
入ったり、入らなかったりが続く

大勢の観客が興奮して
歓声を上げて最高潮の盛り上がり

これもユメ???
と思いながら見ている




ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水浸し | トップ | みやじくん登場! »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

夢日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。