風見鶏つうしん2

99ヶ月以上快調に稼働中のHIT210発電とパナHEMS(AiSEG)のレポートを中心に、気儘に綴って行く積りです。

再逆転

2017年09月30日 | 日記

 「毎日新聞は26、27両日、安倍晋三首相が衆院を28日に解散する方針を表明したことを受け、緊急世論調査を実施した。現時点での衆院選比例代表の投票先は、東京都の小池百合子知事が代表を務める「希望の党」との回答が18%で、「自民党」の29%に次いで多かった。安倍内閣の支持率は9月2、3両日の前回調査から3ポイント減の36%、不支持率は同6ポイント増の42%で、不支持と支持が逆転した。」9/28付け毎日新聞世論調査記事より

 いくつかの最新調査で自民党に投票する割合はトップだが、安倍内閣の支持率は再び不支持が支持を逆転した結果が出ているようです。これは自民党政権が続くのは野党が準備不足なため仕方ないが、首相は安倍さん以外の人に代わってもらいたいと言う事になるでしょうか?
 選挙の結果、与党が大幅に減らし過半数233ぎりぎりになり、安倍さんが辞職して別の人に代わるという構図?
 ネットでは国連総会での安倍さんの演説を聞こうとする人は少なく議場はガラガラの写真、”外交の安倍”は実はすでに世界では相手にされていない姿が流れています。
 賞味期限切れ?

9月29日(金)晴れ

発電量         22.6kWh (AiSEGデータ) 

売電量         19.1kWh 

自給率          253.9% 

設備利用率         22.4%   

日照時間            8 .8h  

日照時間当たり発電        2.59kW

連系以来     2969日(8年47日 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2週間

2017年09月29日 | 日記

   アンサンブル予報

  温帯低気圧の通過に伴う変化などは誤差の増幅率からして約2週間先が理論的な予想限界といわれている。それより先の将来予測は、いくら観測網を充実させ予報モデルを改善しても大気のカオス性により決定論的な将来予測は不可能とされる。(田中 博著 地球大気の科学 P225より)

 気温一つの予想でも1週間先からぶれ始め、2週間先からは予想値が決められないほどのブレ様です。初期値を決めて漸化式で次の予想値を計算する方式では初期値の僅かなズレがすぐに拡大するし、大気が持つカオス性(混沌 無秩序)にも対応できないという事です。
 気象学では2週間以上先の予報は出来ない、地震でも東南海トラフ地震は予報できない、火山でも正確な噴火時期は予報できないと潔くお認めのようです。そろそろ、日銀のデフレ対策は出来ない!と潔くお認めになるほうがスッキリしそうです。
 インターネットのウイルス対策では際限なく出現するウイルスにその都度検出リストを追加して対処するイタチごっこから、ウイルスの異常な動きを検出してその動きを止める方式でどんなウイルスにも共通して対応する方式に変わるそうですが、予報にもそんな発想の転換が必要なのでしょうか?

9月28日(木)雨のち曇り

発電量          5.2kWh (AiSEGデータ) 

売電量          3.1kWh 

自給率           72.2% 

設備利用率          5.2%   

日照時間            0 .2h  

日照時間当たり発電         26.00kW?

連系以来     2968日(8年46日 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

違和感

2017年09月28日 | 日記

 「国難突破解散」!
実際、この表現に違和感を抱く有権者は少なくなかったようだ。首相の会見直後、ツイッター上に「おまえが国難」という言葉があふれ、拡散数の多いキーワードを集めた「トレンド」に入った。」9/28付け毎日新聞朝刊30面「「国難突破解散」会見「首相こそ国難」戦前を想起/少子化、今さら」より
 いわれた方には大いに違和感があり、多くの人々が「おまえが国難」と思っています。 与党で過半数が取れなければお辞めになるそうですから、そうなることを期待!

9月27日(水)曇り 

発電量         12.8kWh (AiSEGデータ) 

売電量         10.0kWh 

自給率          160.0% 

設備利用率         12.7%   

日照時間            0 .7h  

日照時間当たり発電         18.29kW? 

連系以来     2967日(8年45日 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソーラー割始動へ

2017年09月27日 | 日記

 手続き完了の通知メール

 Looopでんきのソーラー割に申し込んで数か月になりますが、ようやく10月11日以降の当方の売電量が東電PGを通じてLooopでんきに卸される「特定卸供給契約」が適用される事になりました。 

 売電電力はこれまで通りスマートメーターで計量され、東電PGの配電線を逆潮流して電力ネットワークに乗るだけで何も変わりません。スマートメーターからAルートで発信される売電情報を月集計して東電PGから料金が支払われる事も従来通りです。が、その売電量に相当した電力が太陽光発電(自然エネルギー由来)としてLooopでんきさんに卸される事が変化です。

 これまで東電PGに売電していた余剰発電電力は特に太陽光発電由来とは区別されずに、火力などほかの発電電力と一緒に販売されていましたが、10月11日以降は太陽光発電由来の電力として、自然エネルギー由来の電力の比率を高めようとしているLooopでんきさんに卸される(売られる)ことになり、両者のニーズがマッチする事になります。

 ソーラー割ではLooopでんきから購入する電力のkWh単価が26円から25円に引き下げられるだけでメリットは僅かですが、この「売電電力を太陽光由来の電力として販売したい」と言うニーズが満たされる意義は大きいと思っています。売電量は当方の場合月300kWh程度と言う僅かな量ですが、この動きが広まると総量が増えて自然エネルギー発電の立ち位置がより明確になりそうです。

 Looopでんきの近況(同社HPより) 

9月26日(火)晴れ 

発電量         20.3kWh (AiSEGデータ) 

売電量         16.1kWh 

自給率          211.4% 

設備利用率         20.1%   

日照時間            8 .9h  

日照時間当たり発電         2.28kW 

連系以来     2966日(8年44日 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

工程表

2017年09月26日 | 日記

 東京電力福島第一原発の事故収束に向けた中長期ロードマップ(工程表)は改定ごとに数年単位で遅れるようです。まだ先の話という事で最大四十年かかるという計画は今回も維持したようですが、今の遅れが将来取り戻せるとは思えません。この先の最難関 溶け落ちた燃料デブリの回収は世界に前例がない複雑さ困難さ量の多さで、その方法は想像もできないようです。40年どころか80年経っても解決できない? フランスでは確立している再処理を六ケ所村の再処理工場では何年経っても実現できず延期を続けている日本の原子力技術の状況を見れば、福島でも事故収束が遅れるであろうことは予想できます。出来ないとは言えないから延期を続けるむなしさ。
 そもそも40~60年後には事故を起こした当事者はすでに残っておらず、事故の責任を感じてどうしてもやり通すという気概を持った人材が果たして日本に育って居るのでしょうか?
 一旦、シビア事故になればこのような解決不能の厄災をもたらす原発を地震・火山・津波国日本でさらに稼働させようとする気が知れません。電気を大量に必要とした高度成長期はすでに終り、これからは成長はしても省エネ・省電力技術のお陰で電力はさほど使わない時代です。原発を必要とした時代は終わったと思われます。

9月25日(月)晴れ 

発電量         19.5kWh (AiSEGデータ) 

売電量         16.7kWh 

自給率          278.6%  

設備利用率         19.3%   

日照時間           10 .6h  

日照時間当たり発電          1.84kW

連系以来     2965日(8年43日 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋到来

2017年09月25日 | 日記



 鉢植えハイビスカス 4番咲き まだ蕾があり5番咲きもありそう。
 キンモクセイ 芳香で秋到来。
 サルスベリ 7月から咲き出して3か月 名の通り百日紅 さすがにお終い!また来年!

9月24日(日)曇り 

発電量          9.3kWh (AiSEGデータ) 

売電量          6.4kWh 

自給率          124.0%  

設備利用率          9.2%   

日照時間            1 .6h  

日照時間当たり発電          5.81kW?

連系以来     2964日(8年42日 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドイツの電気料金

2017年09月24日 | 日記
 電力料金の構成と再生可能エネルギー割増の推移
 フラウンホーファー・太陽エネルギーシステム研究所=ISEは、再生可能エネルギーによる発電コストは低下たどっているが、化石燃料による発電コストは上昇していくとみている。陸上風力の発電コストは現在すでに石炭や褐炭と同程度の水準にあるが、2030年頃までには太陽光や洋上風力も化石燃料に対して競争力を持つようになるとみている。

家庭用電力価格の構成と推移
                                        単位: セント/kWh
データ出所:ドイツ・エネルギー・水道事業連盟(BDEW)、2017年2月16日付け「2017年2月電力料金分析-家庭用および産業用」

*付加価値税(消費税)はすべての項目を対象にに賦課され、再生可能エネルギー割増(EEG割増)などが上昇すればその分増加する。税率は一般の商品と同じ19%。
*電力税は環境税の一種。1999年に導入され、2003年から1kWhあたり2.05セント。再生可能エネルギーによる電力には課税されない。連邦税で、税収(2012年:約70億ユーロ)の約90%は年金会計に組み入れられる。電力集約型製造業等に対する軽減措置あり。
*EEG割増=再生可能エネルギー割増は再生可能エネルギーによる電力の買取価格と取引所での販売価格の差額分として消費者に転嫁されるもの。高価な再生可能エネルギー電力が増えるほど増加する。電力多消費型産業には免除・軽減制度がある。
*送電料§19割増:大口需要家には送電網使用料の減免制度があり、減免された分をそれ以外の企業や一般消費者に転嫁するもの。年間電力消費時間が7,000時間以上(1日24時間、292日間)で、1,000万kWh以上の電力を消費する企業は送電料を免除される。それに対して、免除対象以外の一般企業、家庭などに対して「送電料割増」が新たに導入された。
*海上風力保証割増:海上風力パークからの電力を陸上・内陸へ送電するための送電網の建設が遅れたり、送電が長時間にわたって中断したりした際に送電事業者が海上風力パークの運営事業者に対して支払う補償金の大部分を最終消費者に転嫁するもの。
*コージェネ促進割増はEEG割増と同様にコージェネ助成費用を電力価格に上乗せするもの。
*土地利用料は送配電のための道路等使用料としてエネルギー事業法に基づいて市町村が課す。
*緊急時遮断補償割増(§18 AbLaV)は緊急時に大口需要家が電力消費を遮断することに対して送電事業者が支払う補償金を電力消費者全体にに転嫁するもの。
*発電・送電・販売費:調達(発電)・販売費」と「送電費」に分けている。

ドレスデン情報ファイルより抜粋


 1ユーロは133.8円(9/24為替レート)ですから1セントは1.34円となり2017年のドイツの電気代29.16セント/kWhは39.1円/kWhとなります。単価は年間消費量3500kWhの場合の平均という事です。日本よりすこし高い印象ですが、日本にはない様々な”割増”があるようです。日本の電力料金の内訳もドイツ同様、事細かに公表していただけるとスッキリ度が良くなると思います。調達・販売費が毎年下がっているのは発送電分離の成果でしょうか?

9月23日(土)曇り 

発電量          7.4kWh (AiSEGデータ) 

売電量          4.6kWh 

自給率           92.5%  

設備利用率          7.3%   

日照時間            0 .1h  

日照時間当たり発電          -.--kW  

連系以来     2963日(8年41日 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エアロゾル(aerosol)

2017年09月23日 | 日記

 「金属元素を含むエアロゾルは、都市大気中で比較的多数見つかります。有機エアロゾルや硫酸塩エアロゾルを主成分とし、鉄、亜鉛、鉛などの元素をごく微量に含む粒子です。水銀が数十ナノメートルのエアロゾル粒子として検出されることもあります。宇宙からの隕石のかけらなども金属エアロゾル粒子の一種として検出されます。電子顕微鏡で観察すると、金属結晶を持った球状の微小金属粒子や、板状の鉄粒子など様々な形態をしていることが分かります。特に金属粒子の多くは、大量にヒトの体内に入り込んだ時に有害となります。」気象研究所HPのエアロゾルについてより抜粋

 大気中に漂うエアロゾルには黄砂など地上から舞い上がる砂や埃、煤、火山噴火で噴き上がる硫酸化合物、海表面で泡や波しぶきがら舞い上がった海塩、それに上で引用した金属粒子など多様なものがあるそうです。
 小さい隕石や人工衛星は大気中で燃え尽きてお終い!と言う説明がありますが、そうではなく金属粒子エアロゾルとして大気中に残っている訳です。このエアロゾルは地上付近まで落下して直接人間の肺に取り込まれることになります。また雲形成のための凝結核として雨粒の中に取り込まれて地表に降り注ぎます。有害な重金属類を含んだ数多くの人工衛星やロケットを打ち上げて、大気中で燃え尽きさせて始末する・・天に唾するとはこの事のようです。

9月22日(金)曇りのち雨 

発電量          9.0kWh (AiSEGデータ) 

売電量          6.6kWh 

自給率           93.8%  

設備利用率          8.9%   

日照時間            2 .4h  

日照時間当たり発電          3.75kW  

連系以来     2962日(8年40日 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

失敗のツケ

2017年09月22日 | 日記

『政権好みの審議委員交代で「盤石」の日銀。欧米が緩和の出口を探る中、独りわが道を行く。本当に大丈夫か。』9/22付け毎日新聞夕刊 近時片々より

 テレビで報道される黒田日銀総裁の顔を見て「本当に大丈夫か。」と言う印象です。失敗のツケを払うのは国民ですから。 

9月21日(木)晴れ 

発電量         23.1kWh (AiSEGデータ) 

売電量         20.2kWh 

自給率          320.8%  

設備利用率         22.9%   

日照時間           10 .0h  

日照時間当たり発電          2.31kW  

連系以来     2961日(8年39日 )

秋晴れでした。発電も申し分なし!エアコンなどを使わないので自給率が18日の350.1%に次いでトンデモナイ数字に!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早合点

2017年09月21日 | 日記

「人間が排出する二酸化炭素が温暖化を引き起こす」と結論付けることは短絡的です。気象とは単純系ではなく複雑系の現象です。グローバル(地球的)な視点、さらにはユニバーサル(宇宙的)な視点で考えるべき現象なのです。
 東北大学大学院理学研究科大気海洋変動観測研究センターでは、南極のドームふじ基地で氷床を深くまで掘削して、氷の中に含まれる空気成分を分析しています。その結果、過去34万年間の南極における二酸化炭素とメタンの濃度、および気温を求めることができました。

 icecoregraph

  このグラフから、気温と二酸化炭素濃度とメタンガス濃度の変動は、見事に連動していることが分かります。黄色に塗った期間は間氷期といい、温暖化が起きていることを示します。34万年間で4回、約10万年ごとに温暖化が起きていることが見て取れます。
 現在も、この間氷期に入っているのです。南極の平均気温は-50℃で極寒の地だといわれていますが、これでも暖かいのです。氷期には-70℃近くまで下がることもあるのです。
 10万年ごとに温暖化が起きているということは、明かに周期性が認められます。この調査結果だけをみても、「人間が排出する二酸化炭素が温暖化を引き起こしている」という仮説がおかしいと考えられます。今から34万年前には、人為的に二酸化炭素を排出する工場も火力発電所も自動車もないからです。
 しかし、気温が高い間氷期には二酸化炭素濃度も高くなっています。「やはり地球温暖化は、二酸化炭素の増加が原因なのだ!」と早合点しないように。この事実から分かることは、「気温の増加と二酸化炭素の増加には相関関係がある」ということだけです。どちらが原因なのか、はたまたどちらも原因でないのか、そういうことは分かりません。
 例えば、全く逆のことも考えられます。つまり、「二酸化炭素の増加は、地球温暖化が原因である」ということです。水や土に溶けていた二酸化炭素が、気温が上昇したことで空気中に出てきたというわけです。気体というのは、温度が上がると出てくるのです。むろん、これも仮説に過ぎませんが、「地球温暖化は、二酸化炭素の増加が原因である」という仮説と等価です。2016/6/20付け「地球温暖化は、人類に与えられた10万年に1回の恵み」 より

 IPCCのいう事があっているのか、この記事の観測データに基づく「地球温暖化が二酸化炭素の増加の原因である」という仮説が正しいのか? 地球気候変動は非常に要素の多い複雑系の現象です。もう少しじっくりと観測する必要があるようです。

9月20日(水)曇り 

発電量          4.6kWh (AiSEGデータ) 

売電量          2.3kWh 

自給率           55.4%  

設備利用率          4.6%   

日照時間            0 .0h  

日照時間当たり発電          -.--kW  

連系以来     2960日(8年38日 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加