風見鶏つうしん2

99ヶ月以上快調に稼働中のHIT210発電とパナHEMS(AiSEG)のレポートを中心に、気儘に綴って行く積りです。

優先給電

2017年08月05日 | 日記

「日本の場合は、再エネは優先給電になっていない。FIT法上、供給過剰が懸念される場合は、火力がまず抑制を受ける。再エネは、その次に抑制対象となる。しかし、原子力・地熱・一般水力には劣後する。広域連系線を利用する場合は、長期契約電力にも劣後する。原子力はいわゆるベース電源と言われるが、技術的に抑制不可能なマストラン電源として位置づけられる。原子力は全容量マストランとしている。(フランス、ドイツ等では原子力も出力調整を行っている。)」再生可能エネルギー政策の国際比較 日本の改革のために 第2章P75より 

 フランスやドイツでは出力調整を行っている原子力発電が日本では「技術的に抑制不可能」としてマストラン電源として扱われていると書かれています。
 日本の原発制御技術がフランス・ドイツより劣っているのでリスクが高い出力調整はできないのか?実はやれば出来るがマストランとして発電を止めない、調整しないことによって設備利用率を上げて発電だけに掛かるコストを無理に下げているとも思えます。

 どんな電源でも設備利用率を上げれば発電コストは下がります。こんな偏った政策はやめて欲しいですね。 

8月4日(金)曇り小雨

発電量             10.3kWh (AiSEGデータ) 

売電量          3.9kWh 

自給率                    73.0% 

設備利用率            10.2%   

日照時間              0.5h  

日照時間当たり発電             -.--kW 

連系以来    2913日(7年356日 )

 たった一つ生ったアンズ 今日の風で敢え無く落果 直径約4cm

ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 買電量計測値 | トップ | 熱中症計のピーピー音 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。