風見鶏つうしん2

96ヶ月以上快調に稼働中のHIT210発電とパナHEMS(AiSEG)のレポートを中心に、気儘に綴って行く積りです。

横浜⇒稚内⇒利尻

2017年08月12日 | 日記

 35.1℃の猛暑となった9日、横浜を離れて稚内に飛びました。

 ANA573(A300) 羽田から2時間ほどで稚内空港着予定

 A300ではANAのWiFiサービスがあり手持ちのスマホで楽しめます。外部のサイトに繋がらなかったのは残念。

 スマホで飛行状況が確認できました。天井ディスプレーや背もたれディスプレーよりコスト安?

 稚内には約15分遅れで着きました。

 宗谷バスさんの案内で稚内港まで移動します。

 途中で立ち寄った北防波堤ドーム。稚内港の防波堤としての役割および、桟橋から駅までの乗り換え通路を兼用するため、1931年(昭和6年)から5年間をかけて建設された。設計は北大を卒業して3年目26歳と言う土屋 実氏。(wikipediaより)映画の撮影やイベントなどが行われるとか。

 フェリー フィルイーズ宗谷に乗船  

 100分ほどの航海で利尻島の鴛泊港(オシドマリ港)に接岸

 バスで連れていかれたホテル利尻の夕食 みんな美味しかったが特にウニの土瓶蒸しが秀逸でした。(8月9日泊) 

8月11日(木)雨のち曇り

発電量              2.5kWh (AiSEGデータ) 

売電量          0.9kWh

自給率                  59.5% 

設備利用率             2.5%   

日照時間           0 .0h  

日照時間当たり発電            -.-- kW

連系以来    2920日(7年363日 )

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノートPCトラブル | トップ | 利尻から礼文へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。