風見鶏つうしん2

95ヶ月以上快調に稼働中のHIT210発電とパナHEMS(AiSEG)のレポートを中心に、気儘に綴って行く積りです。

東京都美術館

2017年06月15日 | 日記

 ブリューゲルのバベルの塔を見に上野の東京都美術館に行きました。着いたのが12時でしたのでまず2階の精養軒🍴で腹ごしらえ。ブリューゲル「バベルの塔」展は平日と言ってもたくさんの入場者で賑わっています。「バベルの塔」原画は比較的サイズが小さく、しかも人だかりで真近かには行けませんでしたが、反対側に展示された東京藝大が高精細撮影で複製した写真版はサイズが大きく、精密に描かれた微細な部分までゆっくり鑑賞できました。残念ながら撮影禁止でした。

 東京都美術館はこの他に無料で鑑賞できる多くの作品が展示されています。撮影はOKでした。

 妙音鳥  2017独立選抜書展で撮影

以下すべて国際美術大賞展で撮影
   

  母性 花房尚志 作

 S嬢 コルドバッチェ・マンスール(運営委員長)作

高校生を含む新人の作品が多くどれも新鮮で力強い印象でした。
 

HIT210(4.2kW)の発電データ

6月14日(水)晴れ

発電量             17.5kWh (AiSEGデータ)

売電量         13.0kWh 

自給率                   198.9% 

設備利用率            17.4%   

日照時間              6.5h  

日照時間当たり発電           2.69W 

連系以来     2862日(7年305日)

ジャンル:
おもしろい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気味が悪い | トップ | 東京都美術館2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。