風見鶏つうしん2

99ヶ月以上快調に稼働中のHIT210発電とパナHEMS(AiSEG)のレポートを中心に、気儘に綴って行く積りです。

従属

2017年06月09日 | 日記

「戦後の自衛隊は、米文書の『合意』通り、一貫して米国への従属を強めてきました。安保関連法にうたわれた『後方支援』が良い例です。こんな状況で自衛隊を事実上の軍とすればどうなるか。『独立国』どころか、いよいよ米国の戦争に使われるようになることは明白です。それが本当に日本の安全につながるのか。憲法論の前に、そうした議論こそ必要なのです」6/8付け毎日新聞夕刊「世直し改憲論」の浅はかさ 「自衛隊、米への従属強まる」 特効薬にはなり得ぬ」より 

 アメリカ側の主張を見ていると、"従属"なるほどそうかと納得できます。9条改憲論者はこの指摘にどう反論するのでしょうか? アメリカの本音を知りながら自衛隊を名実ともに軍隊にしようとするのでしょうか?

HIT210(4.2kW)の発電データ

6月8日(木)曇り

発電量             10.8kWh (AiSEGデータ)

売電量          7.3kWh 

自給率                   120.0% 

設備利用率            10.7%   

日照時間              3.1h  

日照時間当たり発電           3.48kW 

連系以来     2856日(7年299日)

ジャンル:
かなしい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 互換インク | トップ | 夏の花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事