風見鶏つうしん2

93ヶ月以上快調に稼働中のHIT210発電とパナHEMS(AiSEG)のレポートを中心に、気儘に綴って行く積りです。

エクスチェンジパーツ利用で省エネ

2017年05月19日 | 日記

  近くのVolkswagen販売店で頂いた資料にエクスチェンジパーツと言う言葉が出てきます。VWでは全世界から回収したエンジンなどの自動車部品をドイツのカッセル工場に集め、欠陥がないと判断したものは完全に再生し、修理の際に元のパーツを回収し、それに替えるかたちでエクスチェンジパーツを利用するそうです。再生部品だからと言って新品部品と性能的に劣る部分は皆無。

 VWのホームページより

 さすが合理的な判断をする国ドイツならではの割り切り方です。BMWやベンツでも似たことは行われているようです。日本の場合は自動車メーカ‐が主体で再生部品を使う事は無さそうで、メーカー以外の自動車リサイクル部品販売会社などが行っているようです。メーカー修理の時に交換部品が”高い新品”か”安い再生品”かを選択できるようだと日本でも受け入れられるような・・(モッタイナイの国日本ではとっくに黙ってやっているのでしょうか)
 VWはエクスチェンジパーツを利用する事でこれまで9.83億kWhものエネルギーを節約したと言っています。これから取り組むべき省エネ分野の一つかも知れません。 

HIT210(4.2kW)の発電データ

5月18日(木)晴れのち雷雨

発電量             14.8kWh (AiSEGデータ)

売電量         10.2kWh 

自給率                   137.0% 

設備利用率            14.7%   

日照時間              6.3h  

日照時間当たり発電           2.45kW 

連系以来     2835日(7年278日)

ジャンル:
おもしろい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前門の森友 | トップ | アンバランス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。