風見鶏つうしん2

101ヶ月以上快調稼働中のHIT210発電とパナHEMS(AiSEG)のレポートを中心に、気儘に綴って行く積りです。

IoTもどき

2017年11月08日 | 日記

  Internet of Thingsと言う意味ではインターネット経由でスマートメータの瞬時電力値などのdataを遠隔地から見える(集める)ようにしたCube J1と言うのは一種のIoT技術と言えるかも知れません。今のところ関心がありませんがCube J1にカメラを追加すれば遠くからスマホで画像がみえ、温湿度センサーをつければ温度、湿度が、振動センサ‐をつければドアや窓の開閉がスマホに通報されると言うのもIoTでしょうか?
 これはどうでしょう?

 各所に置いたおんどとりの子機  が測定した温度、湿度dataを特定小電力無線(ARIB STD-T66)でパソコンUSBポートに差し込んだ親機に送り、専用アプリでグラフ表示しています。子機は見通せれば50m以内に置けるそうです。インターネットは使いませんが無線で各所のdataを集める意味でIoTもどきと言えるかも知れません。
 「床下収納」は温度・湿度とも安定して低温・高湿度を保っている様子が良く分かります。糠漬け樽の置き場所として最適です。キュウリなら1日半から2日でOK!

11月7日の発電データ 

発電量         21.7kWh (AiSEGデータ) 

売電量         17.1kWh 

自給率          202.8% 

設備利用率       21.5%   

日照時間            9 .4h  

日照時間当たり発電         2.31kW

連系以来     3008日(8年86日 ) 

 秋

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加