風見鶏つうしん

90ヶ月以上快調に稼働中のHIT210発電とパナHEMS(AiSEG)のレポートを中心に、気儘に綴って行く積りです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

9月の発電データ

2016年10月01日 | 太陽光発電

2016年9月(30日間)の発電データ

HIT210パネル容量 4.2kW  南面30度 パワコン出力容量 4.0kW 

(AiSEGの積算値)

発電量  326kWh

消費量  272kWh

売電量  226kWh

買電量  172kWh

日照時間 109.7h

設備利用率 326kWh/(4.2kWx24hx30days)=10.8 % (最低)

定格発電時間 326kWh/4kW(パワコン出力)=81.5h (30日間:720時間にパワコン出力フルで81.5時間発電したと見なせる指標。)

9月月間自給率 326/272=119.9%( 低い! )

累計自給率   40815/36512=111.8% (連系以来2605日:7年と48日間の累計 )先月とおなじでした。

過去3年間の9月分実績と比較してみます。

          2016年     2015年         2014年        2013年

発電量       326kWh         391kWh    463kWh   485kWh (横浜市泉区)

消費量           272                282              289             400

売電量           226                273              342             324

買電量           172                164              168             239

自給率       120%              139%         161%       121%

日照時間        109.7h           125.4h       166.6h       179.0h (横浜地方気象台)

 今年9月の日照時間は少なかった去年よりも更に少なくなりました。ここ3,4年日照時間が減り続けています。大気中の水蒸気が増えて雲が多くなり日照時間が減るという話は本当なんでしょか?あまり信じたくありませんが。

 そのため発電量が減少し売電量が少なくなるのは良いとして、消費量はあまり減らず買電量が若干増える結果になりました。自給率も省エネ前の2013年9月並みに戻ってしまいました。

年間日照時間(気象庁HPより)

1998年 1594.0h 2004年 2247.9h 2010年 2094.0h

1999年 2104.8h 2005年 2045.1h 2011年 2188.3h

2000年 2024.3h 2006年 1667.4h 2012年 2125.0h

2001年 2063.6h 2007年 2046.0h 2013年 2256.7h

2002年 2073.9h 2008年 1957.4h 2014年 2220.7h

2003年 1794.3h 2009年 1854.1h 2015年 2076.1h

 2013年からは毎年少なくなっていますが、実は年間日照時間の変動は結構大きいようで、18年前の1998年のように僅か1594時間しかなかった年もありましたが、翌年には2104.8時間に戻ったようです。どうやら水蒸気が増えて日照時間が減ると言うのはあたらないようです。  

ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空気の入れ替わり | トップ | 床下収納 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

太陽光発電」カテゴリの最新記事