風見鶏つうしん

90ヶ月以上快調に稼働中のHIT210発電とパナHEMS(AiSEG)のレポートを中心に、気儘に綴って行く積りです。

ババ抜き

2016年12月28日 | 日記

  原発事業はうま味どころか、損失を生み出す事業になったようです。⇒12/27付け日経電子版「東芝、原発で数千億円損失 最終赤字の可能性」など。 
 新規の原発建設を受注しても安全対策で建設費は際限なく上昇し、廃棄物の処理やシビア事故時の全責任を負わされる状況ではとても利益は生まれない事業のようです。

  一刻も早く、転がり落ちる原発事業から大気を汚染しない火力発電として将来性のある「超臨界CO2サイクル火力発電」事業に切り替えた方が良さそうです。が、WHの買い手があるかどうか?ババの引き取り手は居ない?

HIT210(4.2kW)の発電データ

12月27日(火)雨

発電量              3.2kWh 

売電量                  1.2kWh 

自給率                 22.9%   

設備利用率         3.2%  

日照時間           0.7h

連系以来     2693日(7年136日)

ジャンル:
かなしい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新説 | トップ | 送配電ネットワーク »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。