風見鶏つうしん

88ヶ月以上快調に稼働中のHIT210発電とパナHEMS(AiSEG)のレポートを中心に、気儘に綴って行く積りです。

懲りない?

2016年10月17日 | 日記

  新潟知事選で泉田現知事の路線を継承するとして米山さんが当選されました。「原発再稼働に関しては、皆さんの命と暮らしを守れない現状で認めることはできないとはっきりと約束します」と当選直後のあいさつで明言されています。

 "原発事故から県民の命と暮らしを守れる"状況と言うのは、もし再稼働してシビアアクシデントが起こった時に「命と暮らしを守れる」という事でしょうから、原発の安全宣言だけでは不十分で、少なくとも命を守ることができる避難体制と生活補償、高齢者と入院患者を含む避難経路の新設確保、避難先の確保、避難訓練の定期的実施と、事故後に元の住処に戻ることが出来る早期確実な除染と再建を確約する必要がありそうです。

 これらは、どれをとっても福島過酷事故後の状況から見て容易にできる事ではなさそうです。仮に実現するとしてこれに掛かる際限のない膨大な費用を残りの稼働可能年数の間に廃炉費用と共にあらかじめ捻出あるいは積み立てる金額を原発発電コストに加算すると、とても他の電源と競争できるような発電コストにはなり得ません。

 東電さんの当初の経営者は原発はやらないとしていたのに、今、悲惨で解決の見通しも立たない福島原発事故を経験して、なおも今の経営者は原発に懲りないのでしょうか?  事故を起こさなければ良い!  それは福島過酷事故前に言えたこと・・・

 

HIT210(4.2kW)の発電データ

10月16日(日)晴

発電量           13.8kWh 

売電量               10.2kWh 

自給率              168.3%   

稼働率(設備利用率)   13.7%  

日照時間         5.5h  

連系以来     2619日(7年64日)

ジャンル:
かなしい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 太陽の蓋 | トップ | 山椒ちりめん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。