風見鶏つうしん

88ヶ月以上快調に稼働中のHIT210発電とパナHEMS(AiSEG)のレポートを中心に、気儘に綴って行く積りです。

太陽の蓋

2016年10月16日 | 日記

   太陽の蓋パンフより

 横浜阪東橋のシネマジャック&ベティでF1事故の5日間の経過を事実をもとに描いた映画「太陽の蓋」を観てきました。ほぼ満席となったこの映画館での初回上映という事で、上映後この映画の大塚プロデューサーが製作時の舞台裏話を披露してくれました。
 F1で発生した事故、東日本が壊滅する瀬戸際まで行ってしまった過酷事故の実態を描く映画を作ることに何故か圧力がかかり、製作資金を確保する時に困難があったとの事でした。当時の閣僚が実名で登場し改めてあの時の緊張感が思い出されました。この世界に例を見ない大規模メルトダウン事故を経験した(いな、現にしている)地震国日本がまだ原発に拘る背景が理解できません。

 「太陽の蓋」というタイトル ”原発に蓋”という意味かも知れません。が、原発は核分裂反応ですが太陽は核融合反応で全く違うのです。が、ともに核エネルギーという事で採用されたのでしょうか? 太陽は太陽光発電だけでなく地球存在そのものに欠くべからざる大切なものです。 細かいことが気になります。すみません。モンスターに蓋?
 

HIT210(4.2kW)の発電データ

10月15日(土)快晴

発電量           23.9kWh 

売電量               18.6kWh 

自給率              243.9%   

稼働率(設備利用率)   23.7%  

日照時間        10.6h  

連系以来     2618日(7年63日)

 やっと来た秋晴!有り合わせの材料でBBQです。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 九電やるじゃない | トップ | 懲りない? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。