goo

東京マラソン2017 無事完走(感謝)

 

 

2017年2月26日(日)東京マラソン2017が開催されました。

 

私は、そらぷちチャリティランナーとして、出走させて頂きました。

 

当日はとても良い天気で、気持ち良くスタートラインに立つことができました。

スタートの号砲が鳴ってから、20分くらいたたないと、

後方に並んでいる私たちは、動き出さないので、

その間に、トイレに行こうと動いたら、長蛇の列。

結局、最後の最後に、スタートラインをきることになってしまいました。

 

最初の5キロは、あせらないようにスピードを出さないように、ゆっくり走りました。

痛めていた膝や足首は問題なく動いてくれていたので、安心しながら、

新宿の応援、飯田橋での応援にこたえました。

 

10キロまでは、少し上り下りがあったので、スピードが落ちかけましたが、

福島からのそらぷちチャリティーランナーの方が併走してくれたので、

スピードを落とし過ぎずに浅草寺に行くことができました。

 

15キロまではしんどかったですが、20キロの門前仲町でそらぷち応援団が居て、

エネルギーを注入してくれたので、何とか乗り切ることができました。感謝。

 

25キロ30キロとつらくて歩いてしまいましたが、

何度も、子どもたちの沿道応援が再び走らせてくれました。

初マラソンのキャンパー父がこのあたりで颯爽と私に声をかけて追い抜いていったので、

驚きと尊敬の気持ちでしたが、離されるわけには行かない思いも同時に湧いてきました。

 

35キロ、40キロは、品川への往復で最大の苦しさが押し寄せてきましたが、

福島のそらぷちチャリティランナーの方がこの期間でも併走してくれて、ずっと声をかけてくれました。

子どもたちの沿道応援にも走り続けて応えることができたのは、この方のおかげです。感謝。

 

最後は、多くのそらぷち沿道応援団に背中を押されて、走ってゴールすることができました。

皇居と東京駅を見ながら、やったーと絶叫しながら、ゴールラインを超えましたが、

昨年のタイムを越えることができたかというと、かなりあやしいです。反省。

気温が高かったことと、新コースの不慣れが言い訳になりますが、

トレーニング不足を悔いて、来年こそはという気持ちが湧いてきました。

 

そらぷち特設交流スペースは、16:00までだったにも関わらず、

時間を過ぎても多くの子どもたちや仲間が待っていてくれました。

最後はその笑顔に癒されて、無事に走ることができたことをじんわり喜ぶことができました。感謝

 

まとまらない完走文を読んでくださってありがとうございます。

これからも一歩ずつ、前に進もうと思います。今後ともよろしくお願いします。

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東京マラソン2017でのPR

 

明日は、東京マラソン2017です。

写真は、子どもたちとボランティアさんが作った、

そらぷちワッペンで、そらぷちチャリティランナーの方々に

配布しているので、きっと沢山のワッペンも東京の街を走って、

そらぷちPRしてくれると思います。

 

現在は、アヤとゆうとからちゃんで、

ビックサイトのそらぷちPRブースに立って、

そらぷちチャリティランナーの方々に、

御礼と応援のメッセージを伝えています。

 

東京マラソンのスタートラインに立てる幸せを、

そらぷちや難病とたたかう子どもたちや家族に、おすそ分けしてくれた

チャリティランナーの皆様に、改めて感謝申し上げます。

明日は沿道で関東在住のキャンプに来た子どもたちとともに、

チャリティランナーの皆様を精一杯応援します!

 

明日は、東京マラソンに注目ください!

 

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ウィンターキャンプ②無事終了(報告・御礼)

 

写真は、キャンプ2日目「ほたるの森」への移動中

お姉ちゃんが弟をチューブに乗せて引っ張っている

様子です。(写真撮影:小西貴士(ゴリ))

 

2017年2/17(金)~20(月)ファミリーキャンプを開催しました。

今冬はデイキャンプも入れて、3回目(最後)のキャンプです。

今回は、小児がんとたたかう子どもと家族6家族22名が、

岡山、愛知、東京、埼玉、福島から、雪の北海道にやってきました。

 

除雪は大変でしたが、しっかり雪が降ってくれたので、

ふかふかのパウダースノーの中、おもいっきり雪遊びをすることができました。

 

最後の夜の参加家族の感想を紹介します。

●家族みんなで闘病してきて、家族みんなでキャンプを楽しむことができて良かった。

 これからもいろいろあると思うが家族みんなで頑張っていきたい。

●おとなも楽しんだ。夜もいっぱい話をした。同志ができて勇気がわいた。

●お父さんと本気で雪合戦できてサイコーだった。

 

いつも、ご支援いただいている皆様に、心より御礼申し上げます。

きっと、そらぷちでの思い出を、こころのの宝箱に入れて、

日常の生活の中でも、明日を生きるエネルギーにしてくれると思います。

 

これからも、難病とたたかう子どもと家族の笑顔のため、

頑張っていきますので、ご支援・ご協力よろしくお願いします。

 

今週末は、東京マラソンに出走し、全国の子どもたちに、

エネルギーを送ってきます。

 

 

 

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ウィンター家族キャンプ①(報告・御礼)パートⅡ

写真は、冬キャンプ・フジテレビ絵本朗読会後の、

記念撮影です。

フジテレビCSRチームのご支援として、

隔年開催頂いているのですが、

今年はそらぷち訪問ベテランの

奥寺アナウンサーがキャンプに来てくれました。

子どもたちやスタッフとのかけあいはばっちりで

楽しい時間を過ごすことができました。感謝感謝です。

 

今年1回目のウィンターキャンプが無事終了しました。

1/27(金)~1/30(月)の3泊4日で開催、

1日目は雨、2日目はちょっとした暴風雪、

3日目は晴れ、4日目は曇りという、

様々な天気、雪質が楽しめたキャンプでした。

 

小児外科、脳神経外科疾患をもつ子どもと家族

5家族17名が、京都、神奈川、東京、千葉から、

参加し、かけがえのない時間を過ごしました。

 

参加者の感想です。

家族全員で一緒に雪遊びができるときが来るなんて、

思ってもみなかった。頑張ってきてよかった。

多くの人たちのやさしい気持ちに感謝します。

 

そらぷちは、これからも多くの子どもたちや

家族を夢のキャンプ場に招待したいと思います。

今後ともよろしくお願いします。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ウィンター家族キャンプ①無事終了(報告・御礼)

写真は、そらぷち写真家ゴリが撮影した

見晴らしの丘での「夢の雪遊び」の時間です。

 

今年1回目のウィンターキャンプが無事終了しました。

1/27(金)~1/30(月)の3泊4日で開催、

1日目は雨、2日目はちょっとした暴風雪、

3日目は晴れ、4日目は曇りという、

様々な天気、雪質が楽しめたキャンプでした。

 

小児外科、脳神経外科疾患をもつ子どもと家族

5家族17名が、京都、神奈川、東京、千葉から、

参加し、かけがえのない時間を過ごしました。

 

参加者の感想です。

家族全員で一緒に雪遊びができるときが来るなんて、

思ってもみなかった。頑張ってきてよかった。

多くの人たちのやさしい気持ちに感謝します。

 

そらぷちは、これからも多くの子どもたちや

家族を夢のキャンプ場に招待したいと思います。

今後ともよろしくお願いします。

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ウィンターキャンプの準備

写真は、キャンプ場の見晴らしの丘に、

本日朝スノーモービルで登り、撮影したものです。

とってもしばれた朝で、雲海が出ていました。

(今朝は-20℃を下回りました。)

 

雪は例年より少なく、ウィンターキャンプとしては、

もう少し降って欲しいかな、と思っていますが、

降り過ぎは困るなと贅沢を言っています。

 

さて今日は、ウィンターキャンプに来てくれる、

ボランティアスタッフが集まり、事前打合せの日です。

20人近くの道内スタッフが集まってくれて、

ウィンターキャンプの様々な準備もできました。

 

来週末からのキャンプが楽しみです!

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

そらぷちプロモーション映像!

 

写真は、サマーキャンプ2015

木道を通って森へ向かうキャンパーたちの様子です。

 

こんな何気ない楽しげなキャンプの様子は、写真だけでなく

プロの映像カメラマンもっちーが記録映像をとってくれています。

 

このたび、そらぷちを支援してくれている、

日本財団さんのホームページで、

 

もっちーが撮影・編集した、そらぷちプロモーション映像が、

観れることになりました。是非ご覧ください。

http://tooth-fairy.jp/projects/hope-for-children/sorapuchi-camp/post-27.html

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

新しい年を迎え、新たな気持ちで。

上記写真は、昨年秋のキャンプ「見晴らしの丘登山」の一枚です。

 

(キャンプ場は現在雪に埋もれています。)

 

 

昨年も多くの人に支えられて、

 

全国から子どもたちと家族をキャンプ場に招待することができました。

(10回キャンプを実施致しました。)

 

参加者それぞれが、かけがえのない時間を過ごすことができました。

 

心より御礼を申し上げます。

 

 

1月下旬~2月中旬は、3回の冬キャンプ実施を計画しているため、

 

それまで急ピッチで、除雪や雪像、スロープ、雪の遊び場づくりをします!

 

 

新しい年を迎え、

 

命が輝いている

かけがえのない時間に

居させてもらっている、ことに感謝し、

 

新たな気持ちで、キャンプ場運営に取り組んでいきたいと思います。

 

 

今年もご支援ご指導よろしくお願いします。

 

そして、皆様にとって

穏やかで実りある一年になりますことを、

北の大地から祈っています。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

そらぷちゴルフカート紹介映像

写真は、キャンプで活躍中の車いすのまま乗車可能な、そらぷちゴルフカートです。

このたび、そらぷちゴルフカートが、製造元のヤマハ発動機さんの公式ホームページで紹介されることになりました。

以下、紹介ページです。

https://www.yamaha-motor.co.jp/golfcar/landcar/activity/index.html

 

撮影隊が、丁寧に撮影・編集してくれたので、そらぷちの魅力も発信できているかと思います!

ドローンでの上空撮影も行ったので、普段見れないキャンプ場の様子も、ご覧いただけます。

 

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

妖精の家が出現!

写真は、キャンプ場ツリーハウスの対岸に、

現れた、「歯の妖精の家(TOOTH FAIRY HOUSE)」です。

 

そらぷちキッズキャンプでは、「日本財団TOOTH FAIRY」助成を受けて、

森の遊びの仕掛けを増やしています。「TOOTH FAIRY」とは、

日本財団が日本歯科医師会や歯科医師等の協力により実施しているプロジェクトで、

金歯などの歯科撤去物を換金して、難病の子どもたちの支援をしてくださっています。

 

今回、ツリーハウスの近くに、谷を越えて対岸に行けるジップライン

(滑車付のワイヤーとハーネス)を整備していたのですが、

対岸のミズナラの木の上に、1mくらいのどんぐりの形をした家が突然現れました。

人は入れそうにないのですが、

ステンドグラスの窓に、歯の妖精の姿があるので、

恐らく歯の妖精が家として使うんだと思います。

 

キャンプ場に来た人は、ツリーハウス対岸の大きなミズナラの木の上に注目ください!

 

 

 

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ