気まま日誌α

「気まま日誌」は2011年6月をもって「気まま日誌α」になりました(笑)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

広島 平和記念公園

2008-07-13 22:38:28 | 旅行


広島旅行最終日。最後に訪れたのは平和記念公園です。
皆さんご存知の通り広島は世界で始めて原爆が投下された街でもあります。

原爆により多く尊い命が失われてしまいました。


慰霊碑 

こちらには過去帳と呼ばれる原爆の被害に合われた方々の名簿が納められています。碑を囲む家型に作られたドームは犠牲者の霊魂を雨露から守りたいという思いがこめられているそうです。


平和の鐘

こちらの鐘の表面には「世界は一つ」を象徴する国境の無い世界地図が浮き彫りされているそうです。
予備知識が無かったので気がつきませんでした。もしも訪れる機会があればじっくりと見てみてください。
そして池には遺跡から発掘された2000年も前の種を発芽させた大賀ハスが植えられています。
これは被爆時にハスの葉を傷口にあてて痛みをしのいだという被爆者の霊を慰める為だそうです。


原爆の子の像

こちらには各地から送られた千羽鶴が納められています。
世界平和の念をこめられて折られたであろう鶴。
その鶴は厳重な箱の中に入れられ管理されています。

数年前、この千羽鶴が燃やされた事件があったのをご存知ですか?
犯人は大学生だったらしいです・・・。

実はこのモニュメント建造にあたりモデルとなった人物と悲しいエピソードがあります。


佐々木貞子さん

サダコさんは2歳の時、原爆の被害に合い被爆してしまいました。
幸い奇跡的に無事に生き延びたサダコさん。
終戦から数年、今後75年は草木も生えないと言われていた広島の町も徐々に復興の
兆しをみせはじめ、サダコさんも今まで大きな病気もせず成長していました。

終戦から10年後、サダコさんの体に異変が起きます。
検査の結果は白血病。
余命1年を宣告されてしまいます。

死の恐怖と闘うサダコさん。
病室に名古屋の高校生から送られた千羽鶴。

鶴を千羽折ったら願いが叶う。

サダコさんはこの言い伝えを聞いて自ら鶴を折り始めます。
頭が痛く起きているのも辛い日も。毎日、毎日折り続けました。

「げんきになりたい」

ただ、これだけを願い折り続けました。

しかし、そんな願いも届かず12歳という若さで命の火は消えてしまいました。

そんなサダコさんの死に衝撃を受けた同級生達が全国の原爆被害で亡くなったすべての子供達の為に慰霊碑を建てようと全国に呼びかけ全国3100校の生徒たちと世界9カ国の支援により建造されたのです。


原爆ドーム

1945年8月6日8時15分
人類史上初の実戦で投下された原爆がここ旧広島産業奨励館のほぼ直上600mの空中で爆発しました。
まさに一瞬だったことでしょう。辺り一体が焦土と化し約20万人の命が一個の爆弾により消えてしまったのです。


当初、この廃墟となった建物をみると戦争の悲劇が思いかえされるという意見もあり、取り壊しの案もあったようです。
しかし、戦争の悲劇を後世に伝えるべきとの強い要望で国内外から沢山の基金があつまり保存工事を着工。

そして原爆ドームして、戦争、原爆の悲惨さを伝える為に残されているのです。



昨今の日本では毎日の様に残酷な事件がニュースで報じられていますが多くの人々は平穏な日々を過ごしている事でしょう。

平和記念公園とは、戦争を経験していない我々に伝えられるメッセージそのものだと思います。



世界の国には核爆弾を所持している国もあります。
それは言わば武力としての"脅し"世界の均衡を保つ為の手段なのかもしれません。

昨年は九州、長崎の平和記念公園にも行きました。
広島平和記念公園も今回紹介した場所だけでなく他にも沢山のメッセージがあります。

原爆を落とされた唯一の国、日本

このメッセージを多くの人たちに感じて貰えたらと思います。



                               ~おわり~


『広島県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 広島 宮島を歩こう ③ | トップ | 冷え冷えキムチスープと冷や... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (さくら)
2008-07-14 21:02:43
慰霊碑の構図、良いですね~!
暑いし重いからデジイチ持っていくまいと思ってたけど、
そらさんの数々の写真見たらやっぱり持っていきたくなりました。
同じ構図で撮るどぉ~~~!

長崎もそうですが、原爆の慰霊碑というものは
観光で名所を眺めるのとはまたちょっと違って、
何かを感じると思いませんか?
無念の想いを残して亡くなった罪なき人々の魂というか、
原爆被災地に行くと何かいるような気配がするんです。
それは私たちに平和を訴えてほしいと願っているかのように。
この国に2発の爆弾を落とした国は、
北朝鮮に対して大きなプレゼントをあげたわけですよね。
それなのに日本はご機嫌を取り続けないといけないのでしょうか?
さくらさん (そら@管理人)
2008-07-14 22:16:59
さくらさんも平和記念公園を見られる予定ですか?
長崎の時も感じましたが、平和記念公園という場所は凄く神聖でいて穏やかで・・・。

このような場所で慰霊碑に向かって手を合わせた時、色んな思いが込上げてきます。思わず涙が出そうにもなりました。
色んな人の思い。
そんなメッセージが心に直接語りかけられたような気分になります。

実は写真には載せようか迷ったのですが、原爆ドームの敷地内にビールの空き缶が捨ててあったのです。
その場所は柵で仕切られて中には入れないのですが、どうしてそんな事をすんるのか!
余りにも故人を馬鹿にしたような行為に頭にきました。千羽鶴の放火もですがそんな事をする人間の気がしれません。

核のもたらした悲劇はもっと多くの人に知ってもらいたいです。
そして世界の中の核を脅しとして使っている国も・・・。それを使うことが人類にどれだけの事態を招くことになるのか。
平和とは、均衡とは武力の下にしか成り立たないんですかね?考えると悲しいものです。

さくらさん。折角デジイチ持ってるんだから持って行った方がいいですよ~。
持って行かず後悔より持っていって反省(笑)ですよ。色々と撮ってきてくださいよ~♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
日本の歴史を振り返る~原爆ドーム編~ (さくらの腹ペコ日記)
広島を巡る世界遺産の旅・最終日。 やはりここでしょう。長崎から広島へと来れば。 慰霊碑、こんなふうに撮るつもりだったんだけど・・・なんか違うな(汗 1945年8月6日。午前8時15分。エノラ・ゲイは、広島市上空にウラン型原子爆弾リトルボーイを放ち、地...