巨人戦スポーツ解説

プロ野球の巨人戦の解説です。

2017年8月13日。広島対巨人戦、4対1で広島勝利。坂本、小林??

2017-08-13 21:53:53 | Weblog
    2017年8月13日広島戦

日本のお寺。
大徳寺(だいとくじ)(京都市北区)8/13済
大徳寺(だいとくじ、旧字体:大德寺)は、京都府京都市北区紫野大徳寺町にある寺で、臨済宗大徳寺派大本山である。山号は龍宝山(りゅうほうざん)。本尊は釈迦如来。開基(創立者)は大燈国師宗峰妙超で、正中2年(1325年)に正式に創立されている。
京都でも有数の規模を有する禅宗寺院で、境内には仏殿や法堂(はっとう)をはじめとする中心伽藍のほか、20か寺を超える塔頭が立ち並び、近世寺院の雰囲気を残している。大徳寺は多くの名僧を輩出し、茶の湯文化とも縁が深く、日本の文化に多大な影響を与え続けてきた寺院である。本坊および塔頭寺院には、建造物・庭園・障壁画・茶道具・中国伝来の書画など、多くの文化財を残している。なお、大徳寺本坊は一般には非公開であり、塔頭も非公開のところが多い。
歴史[編集]
大徳寺の開祖である禅僧・宗峰妙超は、弘安5年(1282年)、播磨国(兵庫県)に、同国守護・赤松氏の家臣・浦上氏の子として生まれた。11歳の時、地元の大寺院である書写山圓教寺に入り、天台宗を学ぶが、のち禅宗にめざめ、鎌倉の高峰顕日、京の南浦紹明に参禅。南浦紹明が鎌倉の建長寺に移るに従って宗峰も鎌倉入りし、徳治2年(1307年)に師から印可を得た。
その後数年京都東山で修行を続けていた宗峰妙超は、正和4年(1315年)ないし元応元年(1319年)に同郷の赤松円心の帰依を受け、洛北紫野の地に小堂を建立した。これが大徳寺の起源という。花園上皇は宗峰に帰依し、正中2年(1325年)に大徳寺を祈願所とする院宣を発している。寺院としての形態が整うのはこの頃からと考えられる。
後醍醐天皇も当寺を保護し、建武元年(1334年)には大徳寺を京都五山のさらに上位に位置づけるとする綸旨を発している。
しかし建武の新政が瓦解して足利政権が成立すると、後醍醐天皇と関係の深かった大徳寺は足利将軍家から軽んじられ、五山から除かれてしまった。至徳3年(1386年)には、十刹の最下位に近い第9位となっている。このため第二十六世養叟宗頤は、永享3年(1432年)足利政権の庇護と統制下にあって世俗化しつつあった五山十刹から離脱し、座禅修行に専心するという独自の道をとった。五山十刹の寺院を「叢林」(そうりん)と称するのに対し、同じ臨済宗寺院でも、大徳寺や妙心寺のような在野的立場にある寺院を「林下」(りんか)という。
その後の大徳寺は、貴族・大名・商人・文化人など幅広い層の保護や支持を受けて栄え、室町時代以降は一休宗純をはじめとする名僧を輩出した。侘び茶を創始した村田珠光などの東山文化を担う者たちが一休に参禅して以来、大徳寺は茶の湯の世界とも縁が深く、武野紹鴎・千利休・小堀遠州をはじめ多くの茶人が大徳寺と関係をもっている。また国宝の塔頭龍光院密庵(みったん)など文化財に指定された茶室も多く残る。このため京童からは「妙心寺の算盤面」「東福寺の伽藍面」「建仁寺の学問面」などと並んで「大徳寺の茶面(ちゃづら)」と皮肉られた。
享徳2年(1453年)の火災と応仁の乱(1467–77年)で当初の伽藍を焼失したが、一休宗純が堺の豪商らの協力を得て復興。近世以降も豊臣秀吉や諸大名の帰依を受けた。
江戸時代初期に幕府の統制を受け、元住持の高僧・沢庵宗彭が紫衣事件で流罪の圧迫を受けたが、三代将軍家光が沢庵に帰依したこともあって幕府との関係ものちに回復した。近世には「二十四塔頭、六十寮舎・子庵」あるいは「二十四塔頭、准塔頭五十九宇(「六十五宇」とも)」などと呼ばれ、末寺は25ヶ国280余寺、末寺の塔頭130余院を数えるほど栄え、朱印地は2011石余を有した。この広大な寺領が大徳寺の経済的基盤であったが、明治維新後の上知令によって多くを失ってしまう。なんとか堂宇を維持するため明治11年(1878年)、塔頭13寺を合併(事実上廃絶)、4寺を切縮[1]、20寺を永続塔頭とする縮小を行う[2]ものの、寺運は栄え今日に至っている。

1.広島対巨人戦【マツダスタジアム】18:00
 4対1で広島勝利。
先発、
【広島】17岡田 明丈 右投。7回一岡竜司 #30 右投。
7回一岡竜司 #30 右投。8回 中崎翔太 #21 右投。9回今村猛 #16 右投。
【巨人】45今村 信貴 左投。5.6回中川皓太 #91 左投。
7回田原誠次 #37 右投。

巨人】
1番中 陽 岱鋼、2番 二 マギ―、3番 遊 坂本 勇人、
4番 一 阿部 慎之助、代走寺内崇幸、5番 三 村田 修一、6番左亀井 善行
6番右長野 久義、8番捕小林 誠司、投中川皓太 打石川慎吾
投田原誠次 9番投今村 信貴、打捕宇佐見真吾、

【広島】
1番遊 田中広輔、2番二 菊池涼介、3番中 丸佳浩、
4番右 鈴木誠也、5番左松山 竜平、6番一 新井 貴浩、
7番三西川 龍馬、 8番捕會澤 翼、9番投岡田 明丈。だバティスタ、
投一岡竜司 、中崎翔太、今村猛 、


1回表、1番、0.1.0.2.、1.2.、2.2.3.2.、中三塁打2番、0.1.1.1.1.2.空振り三振ボール球3番、0.1.0.2.1.2.空振り三振外角のストレート152キロ4番、4ゴロ???。
1回裏、1番、1.0.1.1.2.1.6ゴロ内野安打2番、0.1.1.1.2.1.2.2.、3.2.盗塁成功2塁9ヒット右ミス?1点3番、0.1.1.1.9ヒット4番、1.0.2.0.2.1.3.1.四球5番、1.0.2.0.2.1.2.2.
 、、3.2.7フライ1点6番、1.0.1.1.2.1.3.1.3.2.、空振り三振7番、1.0.1.1.9ヒット
真ん中のスライダー1点1.3塁8番死球9番、1.0.1.1.4ゴロ。    0対3。
1回表無死三塁で、マギー、坂本、阿部で無得点??
最悪は1回裏1番内野安打2番バントに来ているのに3.2.??9ヒット先制され以後もいつものとうりの小林のバカリードで敗勢??
2回表、5番、0.1.0.2.1.2.空振り三振6番、0.1.0.2.1.2.2.2.4ゴロ7番、0.1.1.1.2.1.2.2.、、空振り三振。
2回裏、1番、0.1.0.2.1.2.2.2.4ゴロ2番、1.0.1.1.2.1.2.2.空振り三振3番、0.1.0.2.1.2.、2.2.3.2.空振り三振。58球。
3回表、8番、8フライ9番、0.1.7ヒット1番、0.1.0.2.見逃し三振2番、1.0.2.0.2.1.2.2.
 3.2.、3ライナー。
3回裏、4番、7フライ真ん中低め5番、0.1.9ヒット6番、1.0.1.1.5ゴロ併殺。
問題の2.4.5番!!。
4回表、3番坂本、0.1.1.1.1.2.2.2.6ゴロ外角のストレート4番阿部、1.0.1.1.2.1.3.1.四球5番村田、0.1.0.2.1.2.、2.2.8フライ低めボール球?6番、0.1.3ゴロ。
4回裏、7番、0.1..7ヒット8番、0.1.9ヒット1.3塁9番、0.1.0.2.バント失敗1番、1.0.1.1.1.2.2.2.空振り三振フォーク2番、1.0.8フライ良く凌いだ。78球。
昨日から得点無し??。援護点!!。
5回表、7番、1.0.2.0.7フライ8番、1.0.7フライ9番打宇佐見、1.0.1.1.2.1.2.2.4ゴロ
5回裏、【中川】3番、1.0.2.0.9ヒット4番、0.1.2塁0.2.1.2.、7ヒット内角のストレート1.3塁5番、1.0.1.1.4ゴロ併殺1点6番、0.1.0.2.、1.2.5ゴロ。  0対4。
6回表、1番陽、0.1.0.2.1.2.9ヒット、エラー3塁2番マギー、1.0.1.1.1.2.8ヒット1点3番坂本、7フライ真ん中のチェンジアップ?4番阿部、0.1.4ゴロ併殺。1対4。
6回裏、7番、0.1.1.1.1.2.見逃し三振8番、0.1.0.2.空振り三振9番打バティスタ、0.1.0.2.
空振り三振。
7回表、【一岡】5番、7ヒット6番、1.0.6フライ?7番、1.0.1.1.3フライ8番打石川、1.0.1.1.1.2.2.2.、、空振り三振。
7回裏、【田原】1番、1.0.1.1.2.1.4ゴロ2番、4フライ3番、0.1.6フライ。7球。
流れが来るはず!!?。
8回表、【中崎】9番?、1.0.2.0.3.0.四球代走?1番、1.0.1.1.2.1.3.1.3.2.8フライ2番マギー、1.0.4ゴロ併殺外角低めのスライダー??。
8回裏、4番、1.0.1.1.1.2.6ゴロ5番、7フライ6番、0.1.1.1.4ゴロ。
田原15球完璧!!?坂本から
9回表、【今村】3番坂本、1.0.2.0.2.1.2.2.3.2.空振り三振真ん中高めのストレート??
4番阿部、1.0.1.1.1.2.9ヒット代走寺内5番村田、0.1.0.2.1.2.9フライ6番亀井、0.1.1.1.ゴロフォークボール球?。

総評。
1回の攻防で試合が決まった。坂本、阿部、村田は機能せず??。
広島の独走は巨人の責任です??。

戦評
8月13日(日)広島 vs. 巨人 20回戦

広島は1回裏、無死二塁から菊池の安打に相手失策が絡んで先制する。その後は松山の犠飛と西川の適時打が飛び出し、この回3点を挙げた。投げては、先発・岡田が6回1失点の好投で今季11勝目。一方の巨人は、最終回に阿部が通算2000安打を達成するも、勝利にはつながらなかった。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ 広島 ] 岡田 (11勝4敗0S)

敗戦投手、[ 巨人 ] 今村 (0勝2敗0S)

セーブ、[ 広島 ] 今村 (1勝3敗21S)

本塁打、[ 巨人 ]
           [ 広島 ]

バッテリー
【巨人バッテリー】
今村、中川、田原 - 小林、宇佐見。

【広島バッテリー】
岡田、一岡、中崎、今村 - 會澤。
2.DeNA対阪神戦。【横浜】18:00
8対2でⅮeNA勝利。
先発、
【ÐeNA】26濵口 遥大 左投。
【阪神】56松田 遼馬 右投。
【阪神】
1番 中俊介 、2番 二上本 博紀、3番 左大山 悠輔、
4番一 ロジャース5番右中谷 将大 、6番三鳥谷 敬、
7番遊 大和、8捕梅野隆太郎、9番 投松田 遼馬、
【DeNA】
1番 中 桑原 将志、2番二 柴田 竜拓、3番 左 筒香 嘉智、
4番 一 ロペス、5番 三 宮﨑 敏郎、6番 捕戸柱 恭孝 、
7番 右 梶谷 隆幸、8番 投松田 遼馬、9番遊 倉本 寿彦、

戦評
8月13日(日)DeNA vs. 阪神 17回戦

DeNAは先制を許した直後の2回裏、倉本と桑原の連続適時打で3点を挙げて逆転する。その後は4回に筒香の2ランなどで3点を加えると、6回には筒香の2打席連続2ランでリードを広げた。投げては、先発・濱口が今季7勝目。敗れた阪神は、投手陣が振るわなかった。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ DeNA ] 濱口 (7勝4敗0S)

敗戦投手、[ 阪神 ] 松田 (1勝2敗0S)

セーブ

本塁打、[ 阪神 ]
           [ DeNA ] 筒香18号(4回裏2ラン)、
筒香19号(6回裏2ラン)

バッテリー
【阪神バッテリー】
松田、藤川、岩崎、メンデス、石崎 - 梅野。

【DeNAバッテリー】
濱口、三上、平田、三嶋 - 戸柱。

3.中日対ヤクルト戦。【ナゴヤドーム】14:00
7対3で中日勝利。
先発、
【中日】19吉見 一起 右投。
【ヤクルト】11由規 右投。
【ヤクルト】
1番右坂口智隆、2番中山崎 晃大朗 、3番左 バレンティン
4番二山田 哲人、5番 一リベロ、6番捕中村 悠平、
7番三藤井 亮太、8番三奥村展征、9番投由規 、
【中日】
1番遊 京田陽太 、2番3二荒木雅博、3番中 大島洋平、
4番左ゲレーロ 5番一ビシエド、6番三福田永将、
7番右藤井 淳志、8番捕松井雅人、9番投吉見 一起、

戦評
8月13日(日)中日 vs. ヤクルト 19回戦

中日は同点で迎えた3回裏、4番・ゲレーロの30号3ランで勝ち越しに成功する。2点リードの6回には、福田の3ランで追加点を挙げた。投げては、先発・吉見が7回2失点で今季3勝目。敗れたヤクルトは、先発・由規が試合をつくれず、打線も好機を生かしきれなかった。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ 中日 ] 吉見 (3勝6敗0S)

敗戦投手、[ ヤクルト ] 由規 (3勝4敗0S)

セーブ

本塁打、[ ヤクルト ]
           [ 中日 ] ゲレーロ30号(3回裏3ラン)、
福田9号(6回裏3ラン)

バッテリー
【ヤクルトバッテリー】
由規、中澤、近藤、山本、村中 - 中村。

【中日バッテリー】
吉見、又吉、谷元 - 松井雅。

4.ロッテ対西武戦。【ZOZOマリン】
6対3でロッテ勝利。17:00
先発、
【ロッテ】64二木 康太 右投。
【西武】69ファイフ 右投。
【西武】
1番 左金子侑司、2番 遊 源田壮亮 、3番 中 秋山翔吾、
4番 二 浅村栄斗5番 一 山川穂高、6番 指栗山巧 、
7番 右 外崎修汰、8番 捕 炭谷銀仁朗、9番 三渡辺直人、
【ロッテ】
1番 右 荻野貴司、2番中サントス、3番 左 角中勝也 、
4番 指 ペーニャ、5番一福浦和也6番 三 中村奨吾、
7番 二 鈴木大地、8番 捕 田村龍弘、9番 遊 三木亮、

戦評
8月13日(日)ロッテ vs. 西武 19回戦

西武は1点を追う9回表、無死一三塁から栗山の犠飛で同点とする。その後は炭谷の適時打が飛び出すなど、この回4点を挙げて試合をひっくり返した。投げては、4番手・シュリッターが来日初勝利。敗れたロッテは、6回にリードを奪うも、抑えで登板した益田が誤算だった。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ 西武 ] シュリッター (1勝2敗0S)

敗戦投手、[ ロッテ ] 益田 (0勝4敗9S)

セーブ、[ 西武 ] 増田 (1勝4敗23S)

本塁打、[ 西武 ]
         [ ロッテ ]

バッテリー
【西武バッテリー】
ファイフ、平井、武隈、シュリッター、増田 - 炭谷。

【ロッテバッテリー】
二木、松永、益田、チェン・グァンユウ - 田村。

5.オリックス対楽天戦。【京セラÐ大阪】
4対2で楽天勝利。13:00
先発、
【オリックス】21西 勇輝 右投。
【楽天】58辛島 航 左投。
【楽天】
1番 游茂木 栄五郎、2番 二 銀次、3番指アマダー、
4番三ウィーラー、5番中島内 宏明6番左聖澤 諒、
7番 指枡田 慎太郎、8番捕足立祐一、9番 右 オコエ 瑠偉
【オリックス】
1番 左 T-岡田、2番 右 吉田 正尚、3番 一 マレーロ、
4番 中 ロメロ、5番 三 小谷野 栄一 、6番 指中島 宏之、
7番二大城滉二、8番 捕伊藤光、9番 游安達了一、

戦評
8月13日(日)オリックス vs. 楽天 19回戦

楽天は初回、ウィーラーの犠飛で先制に成功する。その後は同点を許すも、4回表に島内の2ランで勝ち越すと、6回にはウィーラーのソロでリードを広げた。投げては、先発・辛島が7回途中2失点の好投で今季8勝目。敗れたオリックスは、打線がつながりを欠いた。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ 楽天 ] 辛島 (8勝5敗0S)

敗戦投手、[ オリックス ] 西 (5勝6敗0S)

セーブ、[ 楽天 ] 福山 (6勝0敗5S)

本塁打、[ 楽天 ] 島内11号(4回表2ラン)、
ウィーラー25号(6回表ソロ)
          [ オリックス ] 伊藤3号(3回裏ソロ)、ロメロ21号(7回裏ソロ)

バッテリー
【楽天バッテリー】
辛島、久保、ハーマン、福山 - 嶋。

【オリックスバッテリー】
西、ヘルメン、近藤 - 伊藤、若月。

6.ソフトバンク対日本ハム戦。【ヤフオク】
3対2でソフトバンク勝利。13:00
先発、
【ソフトバンク】30武田 翔太 右投。
【日本ハム】20上原 健太 左投。
【日本ハム】
1番 中 西川 遥輝、2番 一 松本 剛、3番 左大田泰示、
4番 一中田翔、5番 二 田中 賢介、6番指ドレイク、
7番三太田賢吾、8番捕黒羽根利規 、9番 遊 中島 卓也、
【ソフトバンク】
1番 二川島慶三 .2番 遊 今宮 健太、3番 三 松田 宣浩、
4番 中 柳田 悠岐、5番 指 デスパイネ、6番 左 中村 晃、
7番 一明石健志、8番 右真砂勇介、9 捕 高谷裕亮、

戦評
8月13日(日)ソフトバンク vs. 日本ハム 20回戦

ソフトバンクは1回裏、松田の2ランで先制に成功する。その後は2死からデスパイネのソロが飛び出し、この回3点を挙げた。投げては、先発・武田が6回途中2失点で今季4勝目。敗れた日本ハムは、先発・上原が2回以降は立ち直るも、打線に決定打が出なかった。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ ソフトバンク ] 武田 (4勝2敗0S)

敗戦投手、[ 日本ハム ] 上原 (0勝4敗0S)

セーブ、[ ソフトバンク ] サファテ (2勝2敗38S)

本塁打、[ 日本ハム ] 中田13号(6回表2ラン)
          [ ソフトバンク ] 松田18号(1回裏2ラン)、
デスパイネ25号(1回裏ソロ)

バッテリー
【日本ハムバッテリー】
上原、鍵谷、堀 - 黒羽根、大野。

【ソフトバンクバッテリー】
武田、モイネロ、岩嵜、サファテ - 高谷。

スポーツ、
1. .第99回高校野球大会
第1試合
天理(奈良)対大垣日大(岐阜)戦。
6対0で天理勝利。
先発、
【大垣日大】修行 恵大2年 右右
【天理】坂根 佑真 2年 左


【大垣日大 】
1番 遊 岡田 宗祐3年 右右 2番捕 都筑 雄紀3年 右左 3一 石川 隼也3年 左左
4 中宮坂 元規3年 右左 5 左 内藤 圭史1年 右右 6 右 沼尻 崚3年 左左
7番 二 大竹 駿也2年 右右 8 三 小木曽 徹汰2年 右右 9 投 修行 恵大2年右右
【天理 】
1 左 宮崎 秀太2年 左左 2 中 杉下 海士3年 右左 3 遊 太田 椋2年 右右
4 右 神野 太樹3年 右右 5 捕 城下 力也3年 右左 6 一 安原 健人3年 右右
7 三 森本 翔大3年 右左 8 二 山口 乃義3年 右右 9 投 坂根 佑真 2年 左

戦評
天理は2回裏、4番・神野のソロで先制に成功する。その後は4回に神野の2打席連続となるソロ、5回には杉下の適時三塁打などで着実にリードを広げた。投げては、先発・坂根が146球の熱投を見せ完封。敗れた大垣日大は、打線が再三の好機を生かせなかった。

第2試合
三本松(香川)対下関国際(山口)戦
9対4で三本松勝利。
見どころ
.24年ぶりの選手権となる三本松。打線は地方大会でチーム打率.387を記録した。エース・佐藤は、同大会の5試合中3完投とスタミナも十分だ。初出場の下関国際は、主将・植野がエースとして2年生中心のチームをけん引。スライダーを武器に、攻めの投球を見せる。打線のバランスも良く、足を使った攻撃で相手を揺さぶっていく。
先発
【二本松】
【下関国際】植野 翔仁 1 3年 右右。
【三本松】佐藤 圭悟 1 3年 右左。
【三本松】

1 左 大久保 祥吾2年 右右2 二 多田 祐汰3年 右右 3 投 佐藤 圭悟3年 右左
4 一 盛田 海心3年 右左 5 右 川崎 愛弥3年 右左 6 捕 渡辺 裕貴3年 右右
7 中 浦上 統也3年 右右 8 三 下地 海誠2年 右右 9 遊 黒田 一成3年 右右

【下関国際 】
1 中 清水 大輝3年 右左 2 遊 甲山 達也2年 右右 3 右 吉村 英也2年 左左
4 一 鶴田 克樹2年 右右 5 三 川上 顕寛2年 右右 6 二 浜松 晴天2年 右右
7 左 木村 大輝1年 左左 8 投 植野 翔仁3年 右右 9 捕 品川 優人2年 右右

戦評
三本松が春夏通じて甲子園初勝利。三本松は初回、多田の内野ゴロの間に1点を先制する。その後は2回表に渡辺のソロ、4回には浦上の適時打などで効果的に得点を重ねた。投げては、先発・佐藤が9回4失点で完投。下関国際は、中盤以降に追い上げを見せるも届かなかった。
第3試合
明桜(秋田)対二松学舎大付(東東京)戦。
14対2で二松学舎大付勝利。
先発
【明桜】佐藤光一 3
【二松学舎大付】市川睦 3右腕、
【二松学舎大付】
1番二堀川尚希 2 2番中鳥羽晃平 3 3番三平間陸斗 2
4番左永井敦士 3 5番右畠山大豪 2 6番一秋広涼太 3
7番投 1 市川睦 3 8番捕 2 松江京 3 9番遊 6 永野志弥 3

【明桜】
1番遊 6 小川洋 3 2番二 4 早川隼喜 3 3番中 8 児玉日々生 3
4番右 11 山口航輝 2 5番一 3 松本大輝 3 6番捕 2 岩城圭悟 3
7番投 1 佐藤光一 3 8番左 7 池本真賢 3 9番三 5 工藤大輝 3
見どころ
24年ぶりの選手権となる三本松。打線は地方大会でチーム打率.387を記録した。エース・佐藤は、同大会の5試合中3完投とスタミナも十分だ。初出場の下関国際は、主将・植野がエースとして2年生中心のチームをけん引。スライダーを武器に、攻めの投球を見せる。打線のバランスも良く、足を使った攻撃で相手を揺さぶっていく。

第4試合
明豊(大分)対 坂井(福井)戦。
7対6で明豊勝利。

見どころ
明豊は、4番を務める杉園が地方大会で4本塁打を放つなど、チームで9本塁打を記録した。同大会の5試合で2失策と守備力も堅く、サイド右腕の橋詰を中心とした投手陣をアシストする。坂井のエース・吉川は、地方大会の準決勝と決勝で2試合連続完封を記録。打線は持ち味の機動力に小技を絡めた攻撃で得点を重ね、まずは甲子園初勝利を狙う。

先発、
【明豊】佐藤 楓馬3年 右右。
【坂井】吉川 大翔 年 左左。

【坂井】
1 遊 吉田 温郎 3年 右左 2 二 松浦 光輝 3年 右左 3 左 帰山 賢也 2年 左左
4 中 牧野 大和 3年 左左 5 一 軽部 裕樹 3年 右右 6 右 出店 朋樹 3年 右左
7 投 吉川 大翔 年 左左 8 捕 石川 雅晴2年 右右 9 三 山内 良太2年 右左
【明豊 】
1 遊 三村 鷹人3年 右左 2 二 琉 尚矢 3年 右右 3 左 浜田 太貴 2年 右右
4 一 杉園 大樹3年 右右 5 右 佐藤 祐貴3年 右右 6 三 本多 真也3年 右右
7 捕 吉村 建人 3年 右右 8 投 佐藤 楓馬3年 右右 9 中 管 大和2年 右左

戦評
.明豊が接戦を制し、6年ぶりの初戦突破。明豊は2点を追う8回裏、三村の適時二塁打で1点差に迫ると、なおも好機で浜田に2ランが飛び出し、逆転に成功。最終回は3番手・溝上がリードを守りきった。敗れた坂井は、先発・吉川が粘投を見せるも最後に力尽きた。

2.






【巨人】阿部、プロ通算2000安打を達成…史上49人目、生え抜きでは37年ぶり5人目
8/13(日) 20:47配信 、スポーツ報知

【巨人】阿部、プロ通算2000安打を達成…史上49人目、生え抜きでは37年ぶり5人目

通算2000安打を達成し、記念のボードと花束を手にする巨人・阿部

足かけ17年で到達

 ◆広島4―1巨人(13日・マツダスタジアム)

 巨人・阿部慎之助内野手(38)が13日、広島戦(マツダ)の9回1死の第4打席で右前打を放ち通算2000安打を達成した。プロ野球史上49人目。巨人の生え抜きでは川上、長嶋、王、柴田に次いで5人目の金字塔達成となった。

【写真特集】阿部、プロ通算2000安打の軌跡

 ライト前に打球が跳ねると、敵地の広島ファンからも大歓声が起こった。一塁上で2000安打の記念ボードを掲げた阿部は、広島・新井から花束を受け取り笑顔。観衆に頭を下げると巨人ファンのみならず、広島ファンからも「慎之助コール」が巻き起こった。最後は代走に寺内が送られ、照れ笑いを浮かべながらベンチに退いた。


過去4人も全員ビジターで達成

 過去の巨人生え抜き選手では、川上哲治が1956年5月31日の中日戦(中日)、長嶋茂雄が71年5月25日のヤクルト戦(神宮)、王貞治が74年8月4日の阪神戦(甲子園)、柴田勲が80年8月7日のヤクルト戦(神宮)と、いずれも敵地で2000安打を達成している。
.

 ◆阿部 慎之助(あべ・しんのすけ)1979年3月20日、千葉県生まれ。38歳。習志野高で甲子園出場経験のある父・東司氏の影響で、幼い頃から野球を始める。東京・安田学園高では、通算38本塁打をマーク。中大に進学後、2000年のドラフト1位(逆指名)で巨人入り。1軍通算2056試合に出場。タイトルは首位打者、打点王、最高出塁率(いずれも12年)。180センチ、97キロ。右投左打。年俸2億6000万円。

【関連記事】
【試合速報】広島―巨人(8月13日)
筒香、中田、山田が語る阿部のすごさ
【巨人】阿部、3人の子供たちと悠夫人の前で1999安打
【巨人】阿部、広島ファンも待ってる2000安打
【巨人】阿部、木村拓也さん眠る広島で決める
.





【巨人】阿部、プロ通算2000安打を達成…史上49人目、生え抜きでは37年ぶり5人目


2000本安打達成の阿部は新井から花束を受け取る


 1回2死三塁での第一打席は二ゴロ、4回1死での第二打席は四球、6回1死一塁の第3打席は二ゴロ併殺打だった。前日12日の同戦の第4打席で左前打で王手をかけてから4打席目で2000安打目に到達した。

 プロ17年目の今季は、2000安打まで残り83本の状態で開幕。右膝痛で6月19日に出場選手登録を抹消されるなどもあって、出場93試合目、チーム105試合目での達成となった。

 通算2000安打は今季、中日・荒木(6月3日楽天戦=ナゴヤドーム)が記録したほか、日米通算ではブルージェイズ(達成時はアストロズ)の青木が6月11日のエンゼルス戦で大台に乗せている。さらに現役選手では鳥谷(阪神)が1973安打、内川(ソフトバンク)が1970安打、福浦(ロッテ)が1951安打で続いている。(数字は8月12日時点)
【巨人】阿部、プロ通算2000安打を達成…史上49人目、生え抜きでは37年ぶり5人目

9回1死、阿部が右前安打し、通算2000安打を達成

阿部の節目の安打

 ▼プロ初安打 01年3月30日・阪神戦(東京ドーム) 〇17―3
 巨人の新人捕手では78年の山倉和博以来、23年ぶりの開幕スタメン。2回1死二、三塁の第1打席で左腕・星野伸之のフォークを拾い、右中間へ二塁打を放った。2安打4打点でお立ち台もデビュー

 ▼500安打 05年6月28日・ヤクルト戦(東京ドーム) 〇7―6
 5回に右翼線二塁打。続く7回の第4打席で放った左前打が通算500安打目となった

 ▼1000安打 09年6月8日・楽天戦(東京ドーム) 〇8―3
 6回に中大の後輩・井坂の高め直球を左翼線にはじき返した

 ▼1500安打 13年4月7日・中日戦(東京ドーム) 〇8―6
 逆転の1号3ランを放つなど猛打賞。さらに7回2死一塁で小林から右前打を放ち、この4安打目で大台に乗せた

3.

4.

5.

ニュース、
1. 水の事故相次ぐ 全国で6人死亡
8/13(日) 21:08配信、Fuji News Network

Fuji News Network

[ 前の映像 | 次の映像 ]
お盆休みの13日、各地の海や川で水の事故が相次ぎ、北海道や鳥取、高知など、全国で少なくとも6人が死亡した。
13日午前、鳥取市の井手ヶ浜海岸で、兵庫・神戸市の会社員・山田伸彦さん(69)が、海水浴中に行方不明となった。
山田さんは、13日午後3時すぎに救助されたが、その後、死亡が確認された。
午後には、北海道・余市町の浜中モイレ海水浴場でも、友人と海水浴に来ていた荻山昌希さん(29)が行方不明となり、岸から15メートルほど離れた海で沈んでいるところを救助された。
荻山さんは、病院に搬送されたが、その後、死亡が確認された。
また、高知・いの町の仁淀川では、知人と遊びに来ていた岡山市の二羽和彦さん(48)が、溺れて死亡した。
このほか、新潟県と京都府でも水難事故が相次ぎ、全国で少なくとも6人が亡くなった。

2. トランプ氏「大変遺憾」も“白人至上主義”批判せず
8/13(日) 17:37配信、テレ朝 news

All Nippon NewsNetwork(ANN)

[ 前の映像 | 次の映像 ]
 アメリカ南部で白人至上主義を掲げる集団と、それに反対する集団が激しく衝突しました。反対派の集団には車が突っ込んで、1人が死亡しました。

 車は猛スピードのまま大勢の人々に突っ込み、次々となぎ倒しました。バージニア州で12日、移民排斥などを掲げる白人至上主義や右翼思想の集団と、それに反対する集団が激しく衝突しました。
 目撃者:「車がかなりの速度で突進してくるのが見えた。その後、さらに速度を上げた。私は脇に飛び込んだが、後ろにいた人がひかれていた」
 この衝突で1人が死亡し、34人がけがをしました。警察は、車を運転していた男(20)を逮捕し、事情を聴いています。
 また、現場の近くでは、デモを監視するための州警察のヘリコプターが墜落し、2人が死亡しました。
 バージニア州・マコーリフ知事:「メッセージは単純だ。(白人至上主義者らは)出ていけ。偉大なる国に不要だ」
 一方で、トランプ大統領も会見を開き、「大変遺憾に思う」と事件を非難しました。
 トランプ大統領:「この目に余る憎悪と偏見と暴力を、可能な限り強い言葉で非難する」
 しかし、トランプ大統領は会見で白人至上主義者らを批判せず、報道陣が大声で意見を求めても無視を貫きました。このトランプ大統領の態度に、現地メディアからは非難の声が上がっています。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2017

【関連記事】
“標的”トランプ氏はどうする?米の受け止めは…
習主席がトランプ大統領と電話会談 自制求める
トランプ大統領「臨戦態勢にある」 北朝鮮に警告
車が突っ込み1人死亡 米“白人至上主義集会”
米・白人優位主義者のデモで激しい衝突 死傷者も

3. 北朝鮮に2年間拘束…韓国系カナダ人牧師が帰国
8/13(日) 19:00配信、テレ朝 news

All Nippon NewsNetwork(ANN)

[ 前の映像 | 次の映像 ]
 北朝鮮で体制の転覆を図ったとして2年間拘束されていた韓国系カナダ人の牧師、ヒョンス・リム氏が12日、カナダに帰国しました。

 トロントの空港にしっかりとした足取りで降り立ったリム氏は、出迎えた家族を抱きしめて再会を喜びました。会見を開いたリム氏の家族は、6月に北朝鮮の刑務所から釈放されたアメリカ人学生が帰国数日後に死亡したのを受けて、リム氏の帰国の緊急性が増したと語り、カナダ政府が非常によくやってくれたと評価しました。リム氏は帰国の際、在日米軍の横田基地を経由していて、ANNのカメラがリム氏とみられる男性の姿を捉えていました。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2017

【関連記事】
平壌からカナダの軍用機が飛来 解放の牧師が搭乗か
トランプ氏がカナダ首相と会談 入国禁止令で対立
小池知事とカナダ州首相 “初の女性”同士で会談
カナダ山火事7日目 火の勢い収まらず、長期化懸念
「壊滅的な山火事だ」9万人近い住民が避難 カナダ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年8月12日広島対巨人戦1... | トップ | 2017年8月14日。3 . 中国、... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL