巨人戦スポーツ解説

プロ野球の巨人戦の解説です。

2017年1月30日。4. <安倍首相>トヨタ社長と会談へ…訪米前に意見交換

2017-01-30 16:05:13 | Weblog
   2017年1月30日
#為替、114.87円。114.42円。114.58円。ユーロ、123.05円。122.81円。122.89円。
#ダウ、20093.78ドル。-7.13ドル。ナスダック5660.78。+5.60。
#前場、19322.79円。-144.62円。後場19368.85円。-58.55円。
日本のお寺。
愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)(京都府京都市)1/30済
愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)は京都府京都市右京区の嵯峨野にある天台宗の仏教寺院。 本尊は厄除千手観音、別名千二百羅漢の寺。愛宕山参道の山麓の入り口に位置する嵯峨野めぐりの始発点として知られる。
歴史[編集]
8世紀中頃、称徳天皇により京都・東山、今の六波羅蜜寺近くに愛宕寺として創建。平安時代初めには真言宗東寺派の末寺となっていたらしい。すでに荒れ寺となっていた上に、近くを流れる鴨川の洪水で堂宇を流失。廃寺同然を、醍醐天皇の命により天台宗の千観内供(伝燈大法師)が復興した。千観が念仏を唱えていたところから名を愛宕念仏寺と改め、天台宗に属した。 この際いったんは七堂伽藍を備え勅願寺としての体裁を整えたが、その後は興廃を繰り返し、最後は本堂、地蔵堂、仁王門を残すばかりとなった。1922年それらを移築して現在地での復興を目指すが失敗。あまりの荒れように、1955年に天台宗本山から住職を命じられた西村公朝も、引き受けるのをためらったという。それを清水寺貫主・大西良慶の「それだけ傷んでおれば、草一本むしりとっても、石一つ動かしても、おまえは復興者、復興者やといってもらえる。わしも手伝ってやるから」(※)の激励で復興に取りかかった。以来、仏師として全国を飛び回る傍ら、本堂、地蔵堂、仁王門などを整備した。 素人の参拝者が自ら彫って奉納する『昭和の羅漢彫り』が始まったのは、1981年。当初は五百体が目標だったが、10年後には千二百体に達した(※西村公朝『仏像は語る』新潮社、1993年8刷、212頁)。

スポーツ、

1. 【速報】フェデラー 全豪7年ぶりV、ナダルとの死闘制し歴代最多更新18勝目<男子テニス>
tennis365.net 1/29(日) 21:15配信

ナダルとの死闘を制し、全豪7年ぶり5度目の優勝を果たしたフェデラー[写真:ゲッティイメージズ]
全豪オープン2017
テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は29日、男子シングルス決勝戦が行われ、第17シードのR・フェデラー(スイス)が第9シードのR・ナダル(スペイン)との死闘を6-4, 3-6, 6-1, 3-6, 6-3のフルセットで制し、7年ぶり5度目の優勝を果たした。四大大会では2012年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)以来 約5年ぶり、さらに歴代最多優勝数を更新する18勝目をあげた。

【フェデラー「圭は素晴らしい」】

通算35度目の対戦と今回の決勝戦、第1ゲームから白熱した展開が繰り広げられる中、フェデラーが第7ゲームでブレークに成功。最後はワイドのサービスエースを決めて第1セットを先取。しかし、第2セットではナダルに4ゲーム連取を許してセットカウント1-1となる。

第3セットでは、第1ゲームからナダルに3度のブレークチャンスを与えるが、いずれも強烈なサービスエースでしのいでサービスキープすると、流れを掴んで3ゲーム連取に成功。トータルで18本ものウィナーを決めてこのセットを取り、優勝へ王手をかける。

しかし、第4セットでは第3ゲームでナダルにブレークを許すと、その後ナダルのサービスゲームを破れず、勝敗はファイナルセットへ。

ファイナルセット、フェデラーは第1ゲームでナダルにブレークを許すも、第6ゲームでブレークバックに成功。その後は第8ゲームでさらにリードしたフェデラーが世紀の一戦に終止符を打った。

全豪オープンの決勝の舞台で両者が顔を合わせるのは、今回が2度目。2009年の同大会決勝で初めて対戦した時は、激闘の末に7-5, 3-6, 7-6 (7-3), 3-6, 6-2のフルセットでナダルが勝利していた。

30日に発表の世界ランキングでフェデラーは10位へ浮上し、トップ10返り咲くことが決まっている。

2012年のウィンブルドン以降、グランドスラムのタイトルから遠ざかっていた35歳のフェデラーは昨年2月に膝を手術し、4月のモンテカルロ・ロレックス・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、クレー)で復帰。だが、7月のウィンブルドンを最後に以降の全大会を欠場。

今年1月上旬に行われたエキシビションの国別対抗戦ホップマンカップ(オーストラリア/パース、ハード)で姿を見せ、ツアー大会は今大会が復帰戦だった。

今大会は3回戦で第10シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)、4回戦で第5シードの錦織圭、準々決勝で世界ランク50位のM・ズベレフ(ドイツ)、準決勝で第4シードのS・ワウリンカ(スイス)を下し、大会7年ぶりの決勝進出を果たしていた。

一方、惜しくも準優勝のナダルは2009年以来8年ぶり2度目の全豪オープン制覇とはならなかった。もしナダルが優勝していた場合、1968年のオープン化以降史上初となる各四大大会で2度以上優勝の快挙だった。また、四大大会優勝数でP・サンプラス(アメリカ)を抜く15勝目を逃した。

大会後の世界ランキングでは6位へ浮上する。

今大会は3回戦で第24シードのA・ズベレフ(ドイツ)、4回戦で第6シードのG・モンフィス(フランス)、準々決勝で第3シードのM・ラオニッチ(カナダ)、準決勝で第15シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)を下して3年ぶり4度目の決勝へ駒を進めていた。

tennis365.net
【関連記事】
フェデラー「まさか夢にも」
フェデラー 錦織絶賛「素早い」
フェデラーとワウリンカの関係
フェデラーとナダルを比較
全豪オープン対戦表

2. 横浜・渡辺元智終身名誉監督が勇退「野球に恩返しを」フリーに転身
スポーツ報知 1/30(月) 6:06配信

15年夏の神奈川県大会で指揮を執る横浜・渡辺監督
 甲子園春夏通算5度の優勝を誇る神奈川の名門・横浜の渡辺元智前監督(72)が、終身名誉監督の座を勇退したことが29日、分かった。

 昨夏の甲子園出場をひと区切りに決断。今後は「育ててもらった野球に恩返ししていきたい」とフリーに転身する。野球人口の底辺拡大、青少年育成のために活動の幅を広げて、渡辺イズムを全国に還元していく。

 甲子園で監督歴代3位タイの春夏通算51勝を築き上げた名将が、新たな目標を見定めて歩き出した。渡辺氏は、指導者人生50年の節目となった15年夏限りで横浜の監督を勇退。その後は終身名誉監督、総監督として後任の平田徹監督(33)を支えたが、昨夏にチームが甲子園出場。楽天ドラフト1位・藤平尚真ら入学時から見守ってきた教え子たちも巣立ちを迎えた。これを区切りとして、「もっと広く野球に恩返ししたい」と昨年中に同校にフリー転身の意向を申し出て、了承された。

 一昨年夏に現場の第一線を退いた後は、全国各地に講演などで足を運んだ。テニス、吹奏楽、自治体、企業。野球に限らず、異分野の幅広い年代の人々に出会い、渡辺氏自身も触発されたという。接してきた多くの人たちからの手紙、声に背中を押され、新たな活動に踏み出すことを決意した。

 引き出しは無限にある。73年センバツで初出場初優勝。80年夏にはエース・愛甲猛(元中日)を軸に全国制覇。怪物・松坂大輔(現ソフトバンク)らを擁した98年には春夏連覇を成し遂げた。聖地で春3度、夏2度の頂点を極めた裏側で味わった挫折や病も、人生の糧になっている。

 今後のフィールドは高校野球の枠にとどまらない。小中学生、保護者、指導者と広く目を向ける。技術面、精神面、障害予防の観点も踏まえて野球の魅力を伝え、青少年の育成に尽力したいという。「今は人と会うことが楽しみで仕方ない。全国どこにでも行って、野球に還元したい」と、渡辺氏は再スタートに目を輝かせた。

 ◆渡辺 元智(わたなべ・もとのり)1944年11月3日、神奈川・足柄上郡松田町生まれ。72歳。横浜高では外野手。神奈川大2年時に肩の故障で中退。65年に横浜のコーチとなり、68年から監督。関東学院大で社会科の教員免許を取得。監督として甲子園に春15度、夏12度導き、歴代3位タイの通算51勝を挙げ、15年夏限りで勇退。家族は妻と2女。孫・佳明は明大内野手(2年)。

【関連記事】
【楽天】ドラ1藤平が横浜高・渡辺総監督の色紙を携えて入寮
多村氏、母校・横浜高魂で学生指導する
昨夏勇退の渡辺総監督“新生・横浜”采配よかった
【神奈川】横浜3年ぶり16度目の甲子園!慶応を9―3で下す
渡辺元智 、 愛甲猛 、 松坂大輔 を調べる

3. 【巨人】マギーは改造も熱心 楽天時代から「戦う姿勢」あった
スポーツ報知 1/30(月) 5:05配信

練習を終え、笑顔で引き揚げる(左から)マギー、クルーズ、ギャレット
 巨人の新外国人、ケーシー・マギー内野手(34)=タイガース=が29日、東京・よみうりランド内のG球場で打撃練習を行い、メジャー通算449本塁打で、今年アメリカ野球殿堂入りを果たしたジェフ・バグウェル氏(48)=元アストロズ=を取り入れた新フォームを披露した。自ら「似ている」と明かし、鋭い打球を連発。楽天に在籍した2013年は日本シリーズで巨人を苦しめた男が、今季の巨人で長打と選球眼を兼ね備えたレジェンド級の活躍を誓った。

 ジャイアンツ、マーリンズでプレーした15年シーズン、楽天担当時代に触れた日本一(13年)に導いた豪打は影を潜めていた。前年にメジャーでカムバック賞を受賞しながら、この年は左膝の故障があり、マイナー降格、戦力外があった。今回のフォーム改造は、膝の負担を軽減する目的があるのだろうと感じた。

 13年の春季キャンプ、助っ人史上最多メジャー434本塁打のA・ジョーンズに期待しながら、初日から“主役”はマギーだった。左足を強く踏み込み、沖縄・久米島の強風を切り裂いてバックスクリーンに何度もたたき込む姿には目を奪われた。2年後の15年、目にした機会は数えるほどだったが、打率2割に満たなかった成績は元より、打撃練習から失速する打球が目立つことに驚いた。

 憧れのバグウェルを参考に、先に左足を踏み出す形にすることで膝への衝撃を少なく、かつての打撃を取り戻そうと考えているのだろう。数々見た助っ人でも特に練習熱心で、楽天時代から何度もフォーム改造に取り組む姿があった。星野仙一監督(当時)は「日本に来て失敗する外国人は、野球を“教え”にきている。マギーには戦う姿勢がある」と語っていた。左膝の不安さえ取り除くことができれば、巨人の日本一奪回の主役となることは間違いない。(13年楽天、15年メジャー担当=畑中 祐司)

【関連記事】
【中日】2メートル新助っ投・アラウホのニックネームは「巨人」
【巨人】山口俊、キャンプ3軍スタートに変更…昨季、右肩に違和感
【巨人】ドラ4池田、ブルペンで20球「しっかり腕を振ることができました」
【巨人】吉川光、宮崎自主トレで小林との“広陵バッテリー”10年ぶり再結成
マギー 、 ジェフ・バグウェル 、 レジェンド を調べる

4. 【巨人】岡本が肉体改造に成功「鋼のフルボディー」
スポーツ報知 1/30(月) 6:08配信

岡本和真
 巨人・岡本和真内野手(20)が29日、打球の飛距離アップのために肉体改造を行っていることを明かした。このオフはウェートに明け暮れ、食生活も見直し「自分でも体が大きくなったと感じています」と実感を込めた。

 「タンパク質を多めに取ってました」と筋肉になりやすい鶏のささみ、カルシウムを補うための魚を多めに摂取した。米にもこだわった。ミネラルやビタミン、食物繊維など、体に必要な栄養がバランスよく含まれている十穀米を毎日食べた。さらにプロテイン効果でマッチョ化に成功。現在はベスト体重に近い98キロだが「鋼のフルボディーです」と力こぶを作った。

 この日は「まだカチカチ」という新品の外野手用のグラブをつけて宮崎合同自主トレ初の外野ノックを受けた。フェンス際の飛球をポロリし「難しい」と頭をかいたが、期待がかかるのは、やはり打棒だ。

【関連記事】
【巨人】マギーは改造も熱心 楽天時代から「戦う姿勢」あった
【中日】2メートル新助っ投・アラウホのニックネームは「巨人」
【巨人】山口俊、キャンプ3軍スタートに変更…昨季、右肩に違和感
【巨人】ドラ4池田、ブルペンで20球「しっかり腕を振ることができました」
タンパク質 、 カルシウム 、 プロテイン を調べる

5. 工藤監督の契約延長で若手育成に加速、ソフトバンクキャンプで注目の若鷹は?

 異例の発表だった。まだ春季キャンプ前だというのに、福岡ソフトバンクから大ニュースが流れてきたのは1月20日のことだった。

 工藤公康監督との契約延長。

 2015年シーズンに就任した際に3年契約を結んでいた。そのため今季は契約最終年となるはずだったが、新たに契約を結び直し、今季からの3年間で合意したという。つまり19年までは「工藤ホークス」で戦うことが決まったわけだ。

 その事実を知ったある若手投手は悲鳴を上げた。

 気持ちは分からなくもない。工藤監督のもと特に若手投手陣は、かなり厳しいトレーニングを課せられてきた。キャンプ中の「工藤塾」はすっかり有名だが、シーズン中もそれは同じだった。通常与えられる先発登板2日後の休日は返上。「日々のトレーニングを思えば、試合でマウンドに立っている時間が一番ラク」という声も聞かれた。

 ただ、その成果は確かだった。武田翔太は工藤監督就任以来2年連続2桁勝利をマーク。千賀滉大は昨年先発で12勝3敗、防御率2.61の成績を残し、今年3月のWBCに出場する侍ジャパンメンバーに選ばれた。アマ時代に絶対的高評価を得ていた東浜巨も昨年9勝を挙げてようやく一本立ちした感がある。

 若手投手の育成力は、契約延長にあたって球団が大きく評価した点だ。また、初戦度はシーズン90勝で日本一。昨季は最大11.5差をひっくり返される歴史的V逸を喫したが、それでも83勝をマークしてみせた。さらにコンディショニングを常に注視。その点でいえば、選手ではないが、昨年途中からは打撃投手にも「トレーナーからしっかりケアしてもらうように」と指示が出された。裏方スタッフにそのような声掛けをするのは異例。打撃投手の帆足和幸は「ほかの監督ではあり得ないと思いますよ」と話していた。
プロ野球キャンプ情報
3年先を見据えたチームづくりへ
 とはいうものの、この時期の契約延長には賛否両論ある。昨季のように今季も大失速をしたり、それどころか開幕から低迷が続いたりした場合はどうするんだといぶかる声も少なくない。

 では、この時期に「契約延長」をする意味とは何か。

 おそらく、今季のソフトバンクは、若手選手がより積極起用されるだろう。

 ファンは数年先の未来まで頭に描いて好き勝手に論じるが、現場はそんなわけにいかない。単年契約ならば目先の結果で評価をされる。言い換えれば自分の人生がかかっているわけだ。そうなれば、先を見越して新戦力を育てるよりも、計算が立ちやすい現有戦力を優先したくなるのが人情というものだ。

 だが、工藤監督は今回の一件で、少なくとも3年先を見据えたチームづくりに集中して着手することができる。一気に世代交代が進むのではないか。

 それを踏まえた上で、2月1日から始まる宮崎春季キャンプの注目選手を挙げていきたい

名コーチもうならせる高橋純平

期待の投手一番手は2015年ドラフト1位の高橋純平【写真は共同】
 投手の一番手は、高橋純平(19歳)だ。昨年は12球団ドラフト1位で唯一1軍デビューを果たせなかった右腕だが、2年目の飛躍に大いに期待したい。昨年秋のキャンプ中に佐藤義則投手コーチからのアドバイスで投球の際のインステップを修正。その初日にはマウンドの投手プレートからホームベースへ真っ直ぐ白線を引き、それを目印に左足を下ろす位置を体に染み込ませたが、2、3日もするとその白線は消えていた。

「誰が見てもいいピッチャー。飲み込みも早いし、なにより投げているボールが強い」(佐藤コーチ)

 ダルビッシュ有や田中将大といった右の大エースの若手時代を指導した名伯楽をうならせた背番号47は、「意地でもステップアップしたい」と闘志を燃やしている。

 1軍マウンド未経験組では笠原大芽(22歳)と石川柊太(25歳)も楽しみな存在だ。笠原は昨季ウエスタン・リーグで22試合に登板し、リーグ最多の投球回数(128.1回)を投げた。最多勝の9勝、リーグ1位の118奪三振、同3位の防御率2.52を記録。オフには「第1回WBSC U−23 ワールドカップ」の日本代表に選出され、決勝戦で先発を任されるなどして初優勝に貢献もしている。

 石川は育成ドラフト1位で入団して今季が4年目。昨季途中に支配下登録入りした。最速153キロも制球難が課題とされたが、今年1月に1つ年下の千賀に誘われた自主トレで投球フォームが激変した。自主トレを主宰したコウノエスポーツアカデミーの鴻江寿治代表に「人間の身体は、大きく分けると2種類」という理論を学んだ。

「僕と千賀は違うタイプだった。そこを目指してきたが、なかなかうまくいかなかった理由がわかった」

 ともに自主トレを行った中日エースの吉見一起が同タイプと分かり、6日間のトレーニング合宿では“密着取材”をした。フォームについて学ぶのはもちろん、吉見自身の独自のトレーニング法も学び、このキャンプ中にもさっそく取り入れるつもりだ。
中日・吉見が「うちならエース」。SB石川柊太を激変させた6日間。
打では「ミギータ」真砂に注目

「ミギータ」真砂は自主トレで柳田に弟子入り【写真は共同】
 ところで、投手陣よりも「世代交代」がより深刻な問題となっているのは野手陣の方だ。内川聖一(34歳)、松田宣浩(33歳)、本多雄一(32歳)、長谷川勇也(32歳)と中軸バッターの多くが30代中盤に差し掛かっている。

 プロ野球は5年周期でチームが変わるとも言われる。柳田悠岐(28歳)や中村晃(27歳)が1軍で台頭し始めたのが12年頃だった。

 そろそろ次世代が出てきてほしい時期なのである。

 楽しみな選手はいる。「ミギータ」というニックネームが定着しつつある真砂勇介(22歳)。1軍経験はないが、オフに笠原も参加した「U−23 ワールドカップ」で大ブレークを果たした右打ち外野手だ。日本代表の4番を務め、大会で4本塁打を放ち見事MVPに輝いたのである。

「まさかの4番バッターでした。ホークスの2軍でも打ったことないのに」

 しかし、パワーはギータこと柳田級だとチーム首脳陣がお墨付きを与えている。ミギータの由来は「右のギータ」だ。

「ギータさんと並んでロングティーをしたときに藤本(博史)打撃コーチから『お前すごいな。ミギータや』と言われたのがきっかけです」

 この1月の自主トレはその柳田に弟子入り。阪神の糸井嘉男らとともにグアムで行い、「間近で見るだけでもいい経験になった」と目を輝かせた。

 そのグアム自主トレにもう一人帯同した若鷹が黒瀬健太(19歳)だ。高校時代に通算97本塁打を放った規格外のパワーの持ち主。昨季は3軍スタートだったが、夏場に2軍公式戦の出場機会を増やして15試合出場ながら3本塁打を放った。ソフトバンクにとっては是が非でも育ってもらいたいスラッガー候補である。

 このオフ、一流のエキスを吸収した若鷹は他にもいる。上林誠知(21歳)は2年連続でチームの先輩・内川、広島の“神ってる男”鈴木誠也と一緒に汗を流した。古澤勝吾(20歳)は松田のグアム自主トレに、釜元豪(23歳)は長谷川勇と中村晃との宮古島トレに帯同させてもらった。今宮健太は「チーム今宮」を結成し、同じ内野手の牧原大成(24歳)、曽根海成(21歳)、川瀬晃(19歳)と刺激し合っていた。

 17年、挑戦者の立場からリーグ制覇と日本一を取り戻しに行く。2月の春季キャンプは彼ら若手の多くがA組入りすることも決まっており、例年以上に活気に満ちあふれるキャンプになることは間違いない。

【関連リンク】
プロ野球・ソフトバンクキャンプ情報
屈辱にまみれたソフトバンクに充実の秋 基礎練習を重視したキャンプの意図
じっくり前進、高橋純平がプロ初登板へ 鷹詞2016〜たかことば〜
【iPhone版】スポーツナビ公式アプリ 野球の速報もニュースもこれひとつ!
【Android版】スポーツナビ公式アプリ 野球の速報もニュースもこれひとつ!

6. 【巨人】カミネロって本当に速い?スプリットが武器って本当?データで分析
スポーツ報知 1/30(月) 14:01配信

ブルペン入りしたカミネロ
 巨人の新外国人、米大リーグ・マリナーズのアルキメデス・カミネロ投手(29)=193センチ、115キロ、右投右打=がいよいよベールを脱ぐ。27日に来日した新守護神候補の投球をメジャー時代の投球データを元に分析してみた。日本のプロ野球と違い、MLBが全投球データ取得してオープンデータとして公開しており、ファンによる多様な分析が可能となっている。(データは統計ソフト「R」のパッケージ「pitchRx」で取得した「mlb.com」のものを利用)

【写真】カミネロの投球フォーム連続写真

(グラフ1)カミネロの全球種割合
 スポーツ報知では昨年12月10日付けの記事でカミネロが「打たれないスプリット」を操ると書いた。メジャーに昇格した13年以降の全投球の球種を分析したのがグラフ1だ。
 
 最も多いのはフォーシームで全体の55%、続いてスライダーが19%と、この2球種で4分の3近くを占める。“武器“のスプリットはたった9%だ。

(グラフ2)カミネロのカウント1-2、2-2での球種割合
 それでは視点を変えて、投手が「決め球」で投じたカウント1―2、2―2ではどうだろうか。グラフ2で見てみると、球種構成が大きく変わっている。フォーシームの割合が45%と低下したのに対し、スプリットが19%と大きく増えている。スライダーは18%とあまり変わっていない。

 そして特筆すべきは「空振り率」だ。カミネロ全投球のうち打者が空振りするのは11.04%。球種別では、全スライダーのうち空振りとなるのは12.68%。全フォーシームのうち空振りは9.77%。スプリットは20.55%が空振りとなっている。カミネロが自信を持っていることがよくわかる。

(イラスト3)カミネロの投球分布
 続けてイラスト3が、空振りを奪った球種とゾーンを可視化したもの。高め目や右打者にとっての内角はスプリットで空振りを取り、スライダーは右打者にとっての外角低めで空振りを奪ってきた。ストライクゾーン(濃い黒枠)からかなり低く外れたボールでも空振りを奪っているのも特徴だ。

(グラフ4)カミネロのフォーシーム球速
「最速164キロ右腕」が売り
 またカミネロは「最速164キロ右腕」が売りだが、フォーシームの球速分布はどうなっているのか? グラフ4は、フォーシームの全投球を抜き出したヒストグラム。95マイル(153キロ)以上の割合が高く、スピードも武器なのが証明された。

 大物助っ人右腕が、国内でベールを脱ぐ日が待ち遠しい。

【関連記事】
【巨人】カミネロ、来日初ブルペンで32球!スプリット、カットも披露し「準備万全」
【巨人】新外国人・カミネロ、166キロ出る!投球フォーム初公開を番記者がチェック
【巨人】カミネロと1年契約で合意、背番「44」…30億円大補強が完成
【巨人】カミネロ加入は中長期的に見てプラス 沢村の危機感あおる狙いも
軍事技術がプロ野球を変える! 今オフは「ID野球」以来のデータ活用転換点







7.

ニュース、
1. 日米関係「不安」70%…読売世論調査
読売新聞 1/29(日) 22:00配信

 読売新聞社の全国世論調査で、トランプ米大統領就任を受け、今後の日米関係について「不安の方が大きい」と答えた人は70%に上り、大統領選直後の昨年11月12~13日に実施した調査に比べて12ポイント上昇した。

 日本経済に「悪い影響が大きい」も70%となり、同じく12ポイント上がった。

 トランプ大統領が、環太平洋経済連携協定(TPP)からの離脱など、大統領選挙中の公約を修正せずに実行に移したため、先行きに不安が広がったとみられる。

 その一方、日本が米国との同盟関係を重視してきた方針を「維持すべきだ」とした人は60%で、11月調査(59%)とほぼ同じだった。

2. 東京のタクシー初乗り運賃410円へ タクシー会社では準備進む
フジテレビ系(FNN) 1/30(月) 4:51配信

30日から東京のタクシーの初乗り運賃が、410円に引き下げられる。タクシー会社は、運賃のステッカーの貼り替えなど、準備に追われている。
東京23区などを営業地域とするタクシーでは、30日から初乗り運賃を、これまでの「2kmまで730円」から「1.052kmまで410円」に引き下げる。
このため、東京・北区のタクシー会社の営業所では、30日以降に出庫するおよそ260台のタクシーの初乗り運賃のステッカーを、「730円」から「410円」に貼り替えたほか、運賃表も取り換えた。
新運賃では、2kmまでは、これまでより値下げとなり、高齢者や外国人旅行者などによる「ちょい乗り」需要が増えることが期待されている。

3. 「入国規制は違憲」 全米15州と首都の司法長官が非難声明
AFP=時事 1/30(月) 10:22配信

米ニューヨークのケネディ国際空港で、イスラム圏7か国の市民の入国を制限する大統領令に抗議する人々(2017年1月28日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】カリフォルニア(California)やニューヨーク(New York)など全米15州と首都ワシントン(Washington D.C. )の司法長官が29日、共同声明を発表し、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領が大統領令で命じた難民や移民の入国制限を「違憲だ」と非難するとともに、米国の安全保障や価値を守るために闘うと宣言した。

【写真】トランプ氏の大統領令、各地で影響 米空港での拘束や搭乗拒否

 トランプ大統領は27日、イスラム教徒が多数派を占める7か国からの入国禁止などを指示する大統領令に署名した。

 野党・民主党系の15州と首都の司法長官は共同声明で「われわれの州内の1億3000万人を超える米国人や外国人居住者を担当する司法の最高責任者として、トランプ大統領による違憲で、米国的でなく、違法な大統領令を非難する」と述べた。

 これらの州・首都の人口は全米の3分の1を占める。

 司法長官らは「連邦政府が憲法を順守し、移民国家としての米国の歴史を尊重し、国籍や信仰を理由にいかなる人も違法に標的としないよう、共に取り組んでいく」と確約。さらに、大統領令は司法判断によって最終的には無効化されるとの見通しも示した。【翻訳編集】 AFPBB News

【関連記事】
米連邦裁、難民らの入国規制したトランプ大統領令を一部阻止
米入国禁止で足止めの移民ら、一時滞在許可へ カナダ
トランプ大統領による米入国禁止は「過激派への偉大な贈り物」、イラン外相
【特集】宮家邦彦氏が語る「トランプとダークサイド」
「NYタイムズは廃刊を」=米大統領が暴言ツイート

4. <安倍首相>トヨタ社長と会談へ…訪米前に意見交換
毎日新聞 1/30(月) 11:23配信

 安倍晋三首相は、トヨタ自動車の豊田章男社長と2月3日に東京都内で会談する調整に入った。トランプ米大統領が自動車貿易を「公正ではない」と指摘したことを踏まえ、同月10日にワシントンで行われる日米首脳会談前に意見交換する。

 トランプ氏にメキシコ工場新設計画を批判されたトヨタは、米インディアナ州の工場の新規雇用を発表するなど対応に追われてきた。首相はトランプ氏との28日の電話協議で日本企業が米経済に貢献していることを伝えた。首脳会談でより詳細に議論するために、豊田氏から直接、説明を受けるとみられる。

 首相は4年連続で経済界に賃上げを要請しており、春闘についても豊田氏と意見交換する見通しだ。豊田氏との会談には菅義偉官房長官が同席する。【田中裕之、竹地広憲】

【関連記事】
<トヨタに迫る「米国に工場か、巨額の関税か」>
<「解散については首相はウソをついてもいい」という永田町の常識>
<トランプ氏の手法と共通点>安倍首相がすぐキレるワケ
<「~ですよ」多用>安倍首相答弁の上から目線度
<140字で世界を動かすのか トランプ氏への超不安>

5. 各地で4月並みの暖かさ 関東で20度超え 寒暖差に注意
フジテレビ系(FNN) 1/30(月) 12:38配信

30日は、太平洋側を中心に気温が20度近くまで上がるなど、各地で4月並みの暖かさとなっている。
南から暖かい空気が流れ込んだ影響で、関東から九州の太平洋側では、和歌山県や千葉県で、午前11時前に気温が20度を超えるなど、季節外れの暖かさになっている。
午前11時に、18.4度を記録した神奈川・横浜市では、スケートリンクの氷が溶けている様子も見られた。
このあと関東では、さらに気温が上がり、予想最高気温は、横浜や東京都心で20度などで、横浜市ではこの時期、気温が20度以上になれば、観測史上48年ぶりの記録となる。
ただ、夕方からは東京都心では、冷たい北風が強まって、気温が急激に下がる見込みで、寒暖差に注意が必要となる。

6. 米トランプ政権、入国制限で方針変更「永住者は適用外」
AFP=時事 1/30(月) 13:59配信

米ロサンゼルス空港のターミナルで、ドナルド・トランプ新大統領によるイスラム教国7か国の市民の米国入国を禁止する大統領令に抗議する人たち(2017年1月30日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領率いる米新政権は29日、イスラム教国7か国の出身者を対象に開始した入国制限について、前日の発表を覆し、永住者は適用を猶予すると強調した。

【関連写真】トランプ氏の大統領令、各地で影響

 トランプ政権は28日、永住権カード(グリーンカード)保有者も、7か国のうちいずれかの出身であれば全員、旅行などで出国する前に入国制限措置の免除を個別申請する必要があると発表していた。しかし29日になって、政府高官が報道陣との電話会談で「グリーンカード保有者に関する方針としては、国益免除を通じて大統領令の適用外とする」と述べた。

 米国や世界各地では、7か国からの難民などの入国を停止・制限する大統領令が執行された27日から週末にかけて、約300人が入管当局に身柄を拘束されたり米国行きの便への搭乗を地元当局や航空会社によって阻止されたりして混乱が広がった。全米では国際空港をはじめ各地で大規模な抗議デモが起きている。【翻訳編集】 AFPBB News

【関連記事】
「入国規制は違憲」 全米15州と首都の司法長官が非難声明
アカデミー賞候補のイラン人監督、授賞式欠席へ 入国制限を批判
英陸上界の英雄ファラー、トランプ大統領の入国規制を非難
【特集】宮家邦彦氏が語る「トランプとダークサイド」
難民受け入れ停止に懸念=「米国は移民国家」-ザッカーバーグ氏

6. 三浦九段の復帰戦を前に誤解を解きたい――羽生三冠の妻・理恵さんがTwitterで冤罪事件についてコメント
ねとらぼ 1/30(月) 13:39配信

羽生理恵さんのTwitter
 将棋棋士・羽生善治三冠の妻、羽生理恵さんが1月29日夜にTwitterを更新。将棋ソフトの不正使用を疑われた三浦弘行九段の冤罪事件などについて、あらためて見解を表明した。

【画像:羽生三冠】

 「メディア、ネットでの情報拡散の恐ろしさと、イメージ先行の怖さについて計19個の大量連続ツイートをしますので、お嫌な方は今すぐミュートして下さい」――羽生理恵さんの投稿はこうした文章からはじまり、半分は自身のこと、もう半分は将棋のことについて語った。

 将棋に関する主な内容は以下の通り。

・2月13日に三浦九段の復帰戦(相手は羽生三冠)がある。否が応でも注目される対局を前に誤解を解きたい
・羽生三冠が2016年10月に開かれたトップ棋士らの会合に出席したのは、島理事から電話があったため。「渡辺竜王からどうしても羽生にお話がある(中略)来てほしい」との要請があり渋々出かけた。そこでは一方的に説明を受ける形となった。
・島理事からのメールの返信として「その経緯が本当に事実でもグレー」といったコメントをし、疑わしきは罰せずが鉄則と明言した。しかし、前後の文脈を省いた部分が週刊文春の中吊りなどに使われた。
・文春の発売を知った羽生三冠は「1人の棋士の人生を変えてしまう、将棋界のためにも書く」として、夜中対局から帰宅後、Twitterに意見を投稿した。
・いつまでもネット上の噂や騒動が収まらないことが三浦九段の棋士としての日常を壊している。三浦九段が「早く普通に将棋を指したい」と望んでいることもあり、収束は弁護士に任せ、復帰戦を見守ってほしい。「将棋だけに集中出来ますように。ファンの皆様、お力をお貸しください!」

三浦九段の将棋ソフト不正冤罪事件

 2016年10月、トップ棋士の三浦弘行九段が対局中にスマートフォンを使って将棋ソフトを不正利用した疑いがもたれ年内の出場停止処分が下されたもの。本人は全面的に否定し、処分の早期撤回を求めていたが、第三者委員会は12月、「不正行為の証拠なし」「処分は妥当(当時の判断としてはやむをえなかった)」との調査結果を発表した。

 事件の詳細を報じた週刊文春2016年10月27日号(10月20日発売)では、中吊り広告と本文に「限りなく“黒に近い灰色”だと思います」とのメールを羽生三冠が将棋連盟理事の島朗九段に送った旨が記されていた。これを受けて、20日未明に羽生三冠は妻のTwitterを通じて「疑わしきは罰せずが大原則」とコメントしていた。

【関連記事】
羽生理恵さんの投稿一覧
羽生三冠「疑わしきは罰せずが大原則」 将棋棋士の“スマホ不正疑惑”についてTwitterで見解を表明
将棋棋士のスマホ不正疑惑、第三者委報告書のドラフト版が存在
将棋棋士の三浦九段が将棋連盟に不満の意 「休場の申し出はしていない」「元の状態に戻してほしい」
アヒル、時々夫 羽生3冠の妻・理恵さんのTwitterがほぼ動物画像BOT状態で話題に

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年1月29日。6. 渡辺一平... | トップ | 2017年1月31日。6. 「肺がん... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL