巨人戦スポーツ解説

プロ野球の巨人戦の解説です。

2016年9月18日。阪神対巨人戦。雨天中止!。2. パンダの赤ちゃん誕生=和歌山の施設、15頭目

2016-09-18 21:58:57 | Weblog
 2016年9月18日
日本の河川。
砂鉄川 ○ 9/18済 
砂鉄川(さてつがわ)は、岩手県を流れる北上川水系北上川支流の一級河川である。
1.阪神対巨人戦【甲子園】14:00
   雨天中止!
先発、
【阪神】岩貞祐大左腕、
【巨人】マイコラス右腕、
2.DeNA対広島戦。【横浜】17:00
延長10回6対3でÐeNAサヨナラ勝利。
先発、
【ÐeNA】三嶋一輝右腕、
【広島】九里亜蓮右腕、

戦評
9月18日(日)DeNA vs. 広島 24回戦

DeNAが劇的なサヨナラ勝ち。DeNAは2点を追う6回裏、ロペスの2ランなどで3点を奪い、逆転に成功する。その後同点とされ迎えた延長10回、2死一三塁の好機にロペスが3ランを放ち、試合を決めた。投げては、4番手・田中が今季4勝目。敗れた広島は、6番手・大瀬良がつかまった。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ DeNA ] 田中(4勝3敗0S)

敗戦投手、[ 広島 ] 大瀬良(3勝1敗0S)

セーブ

本塁打、[ 広島 ]
[ DeNA ] ロペス 28号(6回裏2ラン) 、
ロペス 29号(10回裏3ラン)

バッテリー
広島バッテリー
九里 、オスカル 、デラバー 、一岡 、今村 、大瀬良 - 會澤。

 DeNAバッテリー
三嶋 、三上 、山崎康 、田中 - 戸柱。

3.ヤクルト対中日戦。【神宮】18:00
8対1で中日勝利。
先発、
【ヤクルト】山中浩史右腕、
【中日】小笠原慎之介左腕、

戦評
9月18日(日)ヤクルト vs. 中日 25回戦

中日が快勝。中日は初回、福田の2ランで先制する。その後は7回表に福田と高橋の連続適時打で3点を加えると、8回には藤井の適時打でリードを広げた。投げては、先発・小笠原が7回途中無失点で今季2勝目。敗れたヤクルトは、投手陣が終盤につかまり、打線もつながりを欠いた。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ 中日 ] 小笠原(2勝5敗0S)

敗戦投手、[ ヤクルト ] 山中(6勝12敗0S)

セーブ

本塁打、[ 中日 ] 福田 9号(1回表2ラン) 、ビシエド 22号(9回表ソロ)
         [ ヤクルト ] バレンティン 31号(8回裏ソロ)

バッテリー
中日バッテリー
小笠原 、小川 、又吉 、岩瀬 - 杉山。

 ヤクルトバッテリー
山中 、久古 、松岡 、石山 、中澤 - 西田。

4.西武対楽天戦。【西武プリンス】18:00
10対2で楽天勝利。
先発、
【西武】本田圭祐右腕、
【楽天】安楽智大右腕、
【楽天】
1 右 岡島 豪郎 .262 2 指 ペレス .239 3 左 ペゲーロ .290
4 三 ウィーラー .264 5 一 銀次 .271 6 遊 茂木 栄五郎 .279
7 中 島内 宏明 .281 8 二 藤田 一也 .269 9 捕 足立 祐一 .214
【楽天】
1 右 岡島 豪郎 .262 2 指 ペレス .239 3 左 ペゲーロ .290
4 三 ウィーラー .264 5 一 銀次 .271 6 遊 茂木 栄五郎 .279
7 中 島内 宏明 .281 8 二 藤田 一也 .269 9 捕 足立 祐一 .214

戦評
9月18日(日)西武 vs. 楽天 24回戦

楽天が連敗を3で止めた。楽天は2回表、島内の犠飛と足立の適時打で2点を先制する。その後は6回にペレスの3ランが飛び出すなど、終わってみれば20安打で10得点を挙げた。投げては、先発・安樂が8回1失点の力投で今季2勝目。敗れた西武は、投打ともに振るわなかった。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ 楽天 ] 安樂(2勝5敗0S)

敗戦投手、[ 西武 ] 本田(0勝1敗0S)

セーブ

本塁打、[ 楽天 ] ペレス 5号(6回表3ラン)
          [ 西武 ]

バッテリー
楽天バッテリー
安樂 、松井裕 - 足立 、嶋。

 西武バッテリー
本田 、小石 、高橋光 、松本 、野田 - 森。

5.日本ハム対ロッテ戦。【札幌ドーム】14:00
4対2で日本ハム勝利。
先発、
【日本ハム】高梨裕稔右腕、
【ロッテ】涌井秀章右腕、
【ロッテ】
1 中 岡田 幸文 .273 2 左 荻野 貴司 .254 3 指 角中 勝也 .346
4 一 井上 晴哉 .263 5 三 細谷 圭 .278 6 遊 鈴木 大地 .288
7 右 清田 育宏 .227 8 捕 金澤 岳 .148 9 二 大嶺 翔太 .217
【日本ハム】
1 左 西川 遥輝 .316 2 右 近藤 健介 .264 3 指 大谷 翔平 .320
4 一 中田 翔 .253 5 二 田中 賢介 .276 6 三 レアード .267
7 中 谷口 雄也 .258 8 捕 大野 奨太 .239 9 遊 中島 卓也 .242

戦評
9月18日(日)日本ハム vs. ロッテ 23回戦

日本ハムは1-1で迎えた3回裏、1死一二塁から大谷の適時打が飛び出し、勝ち越しに成功する。続く4回には、レアードのソロなどで2点を加えた。投げては、先発・高梨が6回1失点の好投で今季10勝目。敗れたロッテは、最終回に反撃を見せるも及ばなかった。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ 日本ハム ] 高梨(10勝2敗0S)

敗戦投手、[ ロッテ ] 涌井(10勝7敗0S)
    セーブ、[ 日本ハム ] 吉川(7勝5敗3S)

本塁打、[ ロッテ ]
       [ 日本ハム ] レアード 37号(4回裏ソロ)

バッテリー
ロッテバッテリー
涌井 、田中靖 - 金澤 。

 日本ハムバッテリー
高梨 、谷元 、宮西 、吉川 - 大野。

6ソフトバンク対オリックス戦。【ヤフオク】
8対5でソフトバンク勝利。14:00
先発、
【ソフトバンク】バンデンバーク右腕、
【オリックス】山田修義左腕、
【オリックス】
1 右 糸井 嘉男 .316 2 遊 宗 佑磨 .--- 3 左 吉田 正尚 .294
4 一 T-岡田 .285 5 三 中島 宏之 .283 6 二 西野 真弘 .272
7 指 園部 聡 .240 8 中 大城 滉二 .233 9 捕 若月 健矢 .236
【ソフトバンク】
1 一 明石 健志 .252 2 二 本多 雄一 .280 3 左 中村 晃 .281
4 指 内川 聖一 .301 5 三 松田 宣浩 .265 6 右 吉村 裕基 .212
7 中 江川 智晃 .262 8 捕 髙谷 裕亮 .278 9 遊 今宮 健太 .231

戦評
9月18日(日)ソフトバンク vs. オリックス 24回戦

ソフトバンクは初回、内川の適時打などで3点を先制する。その後は4回裏に松田がソロを放つなど、着実に得点を重ねた。投げては、先発・バンデンハークが6回2失点で今季7勝目。敗れたオリックスは、最終回に園部のプロ初本塁打などで追い上げるも、及ばなかった。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ ソフトバンク ] バンデンハーク(7勝1敗0S)

敗戦投手、[ オリックス ] 山田(1勝7敗0S)

セーブ

本塁打、[ オリックス ] 園部 1号(9回表ソロ) 、
糸井 17号(9回表2ラン)
          [ ソフトバンク ] 松田 25号(4回裏ソロ) 、
松田 26号(8回裏ソロ)

バッテリー
オリックスバッテリー
山田 、赤間 、塚原 、高木 - 若月。

 ソフトバンクバッテリー
バンデンハーク 、東浜 、森 - 高谷 、拓也。

スポーツ、

1. 【阪神】糸井、大島W獲りへ…4年ぶり屈辱、CS完全消滅
スポーツ報知 9月18日(日)5時33分配信
【阪神】糸井、大島W獲りへ…4年ぶり屈辱、CS完全消滅

DeNAに敗れ4年ぶりのBクラスが決定し、金本監督(左)はベンチで顔を覆う(右から矢野コーチ、高代コーチ)

◆阪神3―6DeNA(17日・甲子園)

 阪神がクライマックスシリーズ(CS)進出を逃した。初回にゴメスの2ランで先制も、5回に先発・能見が逆転を許し、4年ぶりのBクラスが確定。球団は2年目の金本体制をバックアップするため、FAではオリックス・糸井、中日・大島をターゲットに大型補強へ乗り出すことが分かった。DeNA・筒香は自身初の100打点をクリアし、2部門で単独トップに立った。

 口を真一文字に結び金本監督は敗戦を見届けた。11年ぶりのV奪回を目指した就任1年目のシーズン。7試合を残しCS進出の可能性が完全に消え、Bクラスが確定した。「今さら…」。指揮官は、厳しい表情のまま一言発しただけだった。

 中日と同率の最下位に逆戻りし、スローガンに掲げた「超変革」も志半ばでシーズンを終えようとしている。目標すら失った残り7試合。指揮官は改めて来季に向けての若手選手のサバイバルを予告する一方で、球団は2年目の金本監督をバックアップするため、大型補強に着手する。

 理想は、打線の軸となり、金本監督の目指す機動力野球の担い手。マッチするのはFA権行使も視野に入れているオリックス・糸井と中日・大島だ。今季、盗塁数はリーグワーストタイの57で得点はリーグワーストの480。糸井、大島の「走と攻」で弱点を補い、かつ両者にはチーム引っ張る存在としても期待がかかる。

 今季は若手を積極起用したが、軸として期待した鳥谷、ゴメスが極度の不振に陥り、西岡が左アキレスけん断裂で7月に離脱。低迷の大きな要因となった。球団幹部は「補強の手段はFA、外国人、ドラフトしかない。これから話し合いをしていく。(FA補強となれば)Bランクの選手が多いから人的補償とかの痛手もあるかもしれないけど」と、リスクを冒してでも獲得に値する選手がいることをにおわせた。

 現有戦力の底上げと、大型補強がかみ合わなければ来季も苦しい戦いが強いられる金本阪神。CSの完全消滅を機に、来季に向けて動き出す。

【関連記事】
【阪神】Bクラス確定でCS進出消える、金本監督「今さら…」…一問一答
【18日の予告先発】阪神・岩貞―巨人・マイコラス、日本ハム・高梨―ロッテ・涌井
【セ公示速報】(17日)ヤクルト・井野、阪神は岩崎を登録
【阪神】秋山「長かった」4年3か月ぶり白星!CS消滅危機救った
クライマックスシリーズ 、 オリックス 、 アキレス を調べる

2. マエケン 球団1年目最多15勝目!好投手グリンキーに再び投げ勝つ
スポニチアネックス 9月17日(土)14時15分配信

マエケン 球団1年目最多15勝目!好投手グリンキーに再び投げ勝つ

<ダイヤモンドバックス・ドジャース>ドジャースの先発・前田 (AP)

 ◇ナ・リーグ ドジャース3―2ダイヤモンドバックス(2016年9月16日 フェニックス)

 ドジャースの前田健太投手(28)が16日(日本時間17日)のダイヤモンドバックス戦に先発。5回3安打1失点の好投で白星を手にし、2002年の石井一久、13年の柳賢振(リュヒョンジン)を抜いて、球団1年目最多となる15勝目をマークした。

 前田はダイヤモンドバックス戦にこれまで5試合に登板して2勝1敗、防御率3・18。この日は5日の登板で投げ合い、白星を手にした好投手グリンキーと再び対戦することになった。

 初回は三者凡退で順調な滑り出し。しかし、続く2回は1死から安打と2つの四球で満塁のピンチを迎えた。この場面でハニガーを三ゴロに切って取ったが、この間に三走・カスティーヨが生還。序盤の3回までに失点するのは、8月23日のジャイアンツ戦以来、4試合ぶりだった。

 それでも、味方打線はグリンキーから4回までに3得点と援護。3回以降、再び安定感を取り戻した前田はスコアボードに「0」を並べ、球数94球で降板した。

 試合はナ・リーグ西地区首位のドジャースが3―2で勝利。同地区最下位のダイヤモンドバックス相手に小刻みな継投で逃げ切り、2連敗を免れた。

【関連記事】
ドジャース「新人」最多は17勝 1年目は石井も14勝
マエケン 球団新人最多14勝目!敵軍主砲も脱帽「甘い球なかった」
マエケン 7回途中1失点で14勝目!球団新人最多勝利に並ぶ
マエケン1球に泣き8敗目 5回2失点「あのホームランは悔いが残る」

3. 巨人 9月13戦13失策 オーナー「お客さんの怒りの声聞こえてきた」
スポニチアネックス 9月18日(日)6時19分配信

巨人 9月13戦13失策 オーナー「お客さんの怒りの声聞こえてきた」

<巨・ヤ>6回2死一塁、西田の打球をギャレットが後逸、一走が生還し同点となる

 ◇セ・リーグ 巨人2―5ヤクルト(2016年9月17日 東京D)

 ミスの連鎖を断ち切れない。巨人は今季34度目の逆転負け。精彩を欠く展開に、高橋監督の表情もさえなかった。

【写真】9回1死、上田の打球を坂本と長野が追うも捕球できず

 「このところミスが出て負けるというのが多い。何とかしないといけないですね」

 2―1の6回の守備。2死一塁からフラフラと上がった西田の飛球に対し、左翼手ギャレットが中途半端に前に出て、不規則なバウンドを後ろにそらした。記録は二塁打となったが、痛恨のプレーで同点とされた。「追い付かないと思って止まった時にライトが入って見失ってしまった」とギャレット。勢い付いた相手に一気に逆転された。

 5回には、1死一、三塁から山田の遊ゴロで併殺を焦った二塁手・辻の一塁悪送球の間に失点。今季チーム81失策はリーグ2位の多さだ。8月まで1試合平均0.57個だったのが、9月は13試合で13個。CSに向けて早期解決すべき課題だ。

 攻撃も10残塁の拙攻。観戦した老川祥一オーナーは「僕の耳にもお客さんの怒りの声が聞こえてきた」と言った。18日からは今季無敗の甲子園で3連戦。負の連鎖を断ち切るしかない。 (春川 英樹)

 ▼巨人・大竹寛(5回2/3で4失点降板。5敗目)6回に、あと1アウトが取れなかった。ボールが先行して球数を増やしてしまったのが反省。

【関連記事】
元巨人選手 戦力外通告から「野球人生に悔いのないように」になるまで
1年目から破綻していた落合GMと谷繁監督の関係
夢を追い続ける元オリックス馬原さん 変わらない直球勝負な生き方
坂本 ゴジラ超えた1393安打!松井氏直伝打法で絶好調
老川祥一 、 大竹寛 、 セ・リーグ を調べる

4. 義足のロングジャンパー、マルクス・レームが8m超えの大跳躍で大会2連覇!
カンパラプレス 9月18日(日)9時26分配信

義足のロングジャンパー、マルクス・レームが8m超えの大跳躍で大会2連覇!

レームの6本目(8m21)の跳躍(撮影:越智貴雄)

 リオパラリンピックの大会11日目にあたる17日、オリンピックスタジアムで陸上男子走り幅跳び(T44クラス)決勝が行われ、片下腿義足のマルクス・レーム(ドイツ)が、6本目の最終跳躍で8m21を跳び、ロンドンに続き大会2連覇を果たした。

 レームは、昨年10月のパラ陸上世界選手権(カタール・ドーハ)で8m40を跳び世界記録を更新した。この記録は、ロンドン五輪走り幅跳び金メダリスト(Greg Rutherford/英国)の記録を9cm上回っていることで大きな話題となったが、義足での踏み切りは有利ではないかという論議も起こった。
.
義足のロングジャンパー、マルクス・レームが8m超えの大跳躍で大会2連覇!

6本目の記録を確認して喜ぶレーム(撮影:越智貴雄)

 レームは、8月のリオ五輪出場を目指したが、国際陸連(IAAF)から五輪に出場するのは、義足には有利性がないことを証明する事を求められ、専門家の協力も得て証明を試みたが、国際陸連は証明は不十分と判断し、リオ五輪出場は叶わなかった。
 ただ、国際陸連は今後も義足の有利性を検証していく意向で、その結果次第では五輪出場の道も切り開かれる可能性は残っている。

【関連記事】
「世界中が注目!義足ジャンパーのレームとは?」~陸上・マルクス レーム~
義足アスリートのレームが“五輪金メダル級”の跳躍! 2015IPC陸上世界選手権
初出場の辻沙絵、銅メダルへと繋がった決断とは?
佐藤友祈が2つ目の銀メダル獲得!
瀬立モニカ、4年後の雪辱を誓う涙

5. 武豊、JRA馬で史上初の4000勝達成「一つ区切り、ホッとした」
スポニチアネックス 9月18日(日)11時53分配信

武豊、JRA馬で史上初の4000勝達成「一つ区切り、ホッとした」

阪神4Rで4000勝を達成し、ボードを掲げる武豊騎手

 武豊騎手(47=栗東・フリー)が18日、阪神競馬4Rのメイショウヤクシマ(3番人気)で1着となり、87年3月1日の中央デビューからJRA、地方、海外を含めた通算4000勝目を挙げた(JRA所属馬に限る)。中央競馬史上では初めて。

【写真】武豊騎手を祝う騎手たち。M・デムーロ、松田、C・ルメール、池添、酒井

 内訳は中央3835勝、地方154勝、海外11勝。武豊は「一つ区切りができて、ホッとしています」と話した。

【関連記事】
武豊、JRA史上初の2万回騎乗を達成「2万回乗ってもレースは難しい」
武豊泣いた…父・邦彦さん葬儀 400人がお別れ
武豊 菜七子と初対決に緊張!?「返し馬でかわいいと思った」
【万哲の乱 特別編】18日中山9R ヨシオが得意の短距離で巻き返す
中央競馬 、 JRA を調べる

ニュース、

1. 夫の父から精子、173人誕生…20年間で
読売新聞 9月17日(土)15時2分配信

 夫婦以外の卵子や精子を使った体外受精の実施を国内で初めて公表した諏訪マタニティークリニック(長野県下諏訪町、根津八紘(やひろ)院長)で、今年7月末までの約20年間に夫の実父から精子提供を受けた夫婦114組から、体外受精で計173人の子どもが誕生していたことが分かった。

 17日午後に長野県松本市で開かれる信州産婦人科連合会学術講演会で発表される。

 同クリニックは2014年7月、夫の実父から提供を受けた精子による体外受精で、13年末までに夫婦79組から計118人が誕生したと発表。それから2年半余りで誕生数は約1・5倍に増えた。同クリニックによると、1996年11月から今年7月末まで、夫に精子がない160組が、夫の実父(50歳代~70歳代)の精子と妻の卵子で体外受精を行い、妻の子宮に移植。142組が妊娠し、114組が実際に出産した。

【関連記事】
ひとりで死ぬということと「お迎え現象」
冬は精子が増える
精子が空を飛ぶ
21人に1人が体外受精児…出生4万7322人、過去最多を更新
長生きはリスク? 案外知らない保険の話

2. パンダの赤ちゃん誕生=和歌山の施設、15頭目
時事通信 9月18日(日)11時34分配信

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」で18日、ジャイアントパンダ「良浜」(ラウヒン、16歳)が雌の赤ちゃんを出産した。

 母子共に健康で、良浜はしっかりと赤ちゃんを抱え授乳しているという。同施設でのパンダ誕生は15頭目。

 施設の運営会社によると、赤ちゃんは同園で生まれた中で最も重い197グラム。良浜は5回目、8頭目の出産で、父親の「永明」(エイメイ、24歳)と5月下旬に自然交配が確認され、赤ちゃん誕生が期待されていた。順調に育てば数週間後には公開される。

 永明は、自然交配で繁殖を成功させたオスとしては世界最高齢という。 

【関連記事】
双子のパンダ、自然妊娠で誕生
国内最高齢レッサーパンダの誕生日会=山口県美祢市
ライオンと自撮りで罰金=「危険行為」ネットで拡散-インド
大型の海洋生物、乱獲で大量絶滅の危機に 米大研究
野生パンダ肉販売で懲役13年=兄弟ら9人に判決-中国雲南省
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年9月17日。巨人対ヤ... | トップ | 2016年9月19日。阪神対巨人... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL