巨人戦スポーツ解説

プロ野球の巨人戦の解説です。

20177月年29日。巨人対ÐeNA戦、5対1で巨人勝利、菅野、阿部、長野。

2017-07-29 21:44:56 | Weblog
    2017年7月29日

日本大寺。
大樹寺(だいじゅじ)(愛知県岡崎市)7/29済
大樹寺(だいじゅじ/だいじゅうじ)は、愛知県岡崎市(三河国)にある浄土宗の寺院。山号は成道山。正式には成道山松安院大樹寺(じょうどうさん しょうあんいん だいじゅじ)と称する。
徳川氏(松平氏)の菩提寺であり、歴代当主の墓や歴代将軍(大樹公)の位牌が安置されている。大樹寺から岡崎城が眺望でき、直線上にマンション等の高層建築物を建てることはできない
歴史[ソースを編集]
三河松平家菩提寺の創建[ソースを編集]
応仁元年(1467年)、松平氏宗家第4代当主の松平親忠が井田野合戦の死者を弔うために千人塚を築いた。しかし、塚が振動し、悪病が蔓延するなどの事態となり、増上寺開山聖聡の孫弟子勢誉愚底(せいよぐてい、のちに知恩院23世)に念仏をさせて、抑えた。
文明7年(1475年)、戦死者供養のため松平親忠の開基、勢誉愚底の開山により大樹寺が創建された。「大樹」とは征夷大将軍の唐名であり、松平氏から将軍が誕生することを祈願して、勢誉愚底により命名されたと伝わるもので、全国の寺院で例のない命名である。
親忠により大樹寺は松平氏の菩提寺とされ、松平郷の高月院にあった墓から分骨され、先代3代である松平親氏墓、松平泰親墓及び松平信光墓が大樹寺に作られた。
天文4年(1535年)、松平氏宗家第7代当主松平清康により再興され、一層方形二層円形の多宝塔が建立された。現在、国の重要文化財となっている。
後の家康を救ったと伝わる教え[ソースを編集]
寺の言い伝えによれば、永禄3年(1560年)桶狭間の戦いで総大将義元を失った今川軍は潰走、拠点の大高城で織田方の水野信元の使者からの義元討死の報を聞いた松平元康(徳川家康)は、追手を逃れて手勢18名とともに当寺に逃げ込んだ。しかしついに寺を囲んだ追撃の前に絶望した元康は、先祖の松平八代墓前で自害して果てる決意を固め、第13代住職登誉天室に告げた。しかし登誉は問答の末「厭離穢土 欣求浄土」の教え[1]を説いて諭した。これによって元康は、生き延びて天下を平定し、平和な世を築く決意を固めたという。
元康は奮起し、教えを書した旗を立て、およそ500人の寺僧とともに奮戦し郎党を退散させた。以来、家康はこの言葉を馬印として掲げるようになる。こうして元康は、今川軍の元での城代山田景隆が打ち捨てて空城となった古巣の岡崎城にたどりついたとされる。[2]
しかし、桶狭間の戦いの直後、三河へ撤退する松平勢に対し、織田勢が追撃戦を行ったという記録を有する資料は存在しない。

1.巨人対ⅮeℕA戦【東京ドーム】18:00
 5対1で巨人勝利。
先発、
【巨人19菅野 智之 右投。
【ÐeNA15井納 翔一 右投、7回平田真吾 #34 右投。 8回三嶋一輝 #17 右投。


【DeNA】
1番 中 桑原 将志、2番 二 柴田 竜拓、3番 左 筒香 嘉智、
4番 一 ロペス、5番 三 宮﨑 敏郎、6番 捕 戸柱 恭孝、
7番 右 梶谷 隆幸、8番 投 井納 翔一、打荒波翔 投平田真吾
三嶋一輝 、打後藤武敏 9番 遊 倉本 寿彦、
1番中陽 岱鋼、2番 二 マギー寺内崇幸、3番 遊 坂本 勇人、
4番 一 阿部 慎之助、投マシソン 5番 三 村田 修一、
6番 左 亀井 善行、7番 右 長野 久義、橋本到
8番 捕 小林 誠司、9番 投 菅野 智之、一中井大介、

1回表、1番1ゴロ2番、0.1.0.2.1.2.2.2.、3.2.4ゴロ3番、0.1.0.2.1.2.2.2.6ゴロ。
13球。
1回裏、1番、6ゴロ真ん中2番、1.0.2.0.7ヒット3番、0.1.0.2.1.2.、、、2.2.、見逃し三振4番、1.0.2.0.3.0.四球5番、1.0.1.1.中二塁打1点貴重6番、0.1.0.2.3強襲ヒット1点1.3塁7番、中三塁打2点大きい8番、0.1.1.1.1ゴロ。     0対4。
2回表、4番、0.1.1.1.7ヒットっスライダー高い?5番、0.1.0.2.1.2.、見逃し三振6番、0.1.1.1.2.1.3.1.四球??7番、0.1.0.2.、12.空振り三振内角高めのストレート149キロ8番、0.1.4ゴロ。33球。
2回裏、9番、0.1.1.1.1.2.空振り三振1番、0.1.0.2.1.2.、、、8フライ2番、1.0.2.0.2.1.2.2.空振り三振。
3回表、9番、1.0.7フライ低め1番、1.0.5gp路強襲ヒット2番、0.1.0.2.、1.2.空振り三振カーブ、低め3番、5フライ真ん中のスライダー。追加点!!。
3回裏、3番坂本、0.1.0.2.1.2.2.2.、8フライ4番阿部、0.1.1.1.右ホームラン低め1点5番、0.1.9フライ6番、0.1.1.1.1.2.1ゴロ。          0対5。
4回表、4番、0.1.1.1.1.2.、5ライナー低め5番、0.1.6ゴロ6番、0.1.4ゴロ、
4回裏、7番、1.0.1.1.1.2.空振り三振8番、0.1.1.1.2.1.2.2.、空振り三振9番、0.1.0.2.、5ゴロ、72球。
5回表、7番、1.0.1.1.1.2.2.2.空振り三振カーブ、低め8番、0.1.0.2.1.2.空振り三振
9番、0.1.0.2.空振り三振外角高めのストレート151キロ。64球。
5回裏、1番、1.0.1.1.2.1.3.1.8フライ2番、1.0.2.0.3.0.3.1.四球3番坂本、0.1.0.2.見逃し三振4番、1.0.2.0.3.0.3.1.7フライ。
6回表、要注意1番、1.0.4フライ2番、1.0.2.0.9ヒット3番、6ゴロホースアウト
4番、8ヒット5番、1.0.2.0.2.1.3.1.3.2.4ゴロ。内角低めのシュート152キロ。
6回裏、5番村田、1.0.2.0.3.0.3.1.3.2.、四球6番亀井、0.1.1.1.2.1.2.2.、3.2.フライ
7番長野、1.0.2.0.8フライ8番、8フライ。
7回表、6番、0.1.0.2.1.2.、6ゴロ内野安打7番、1.0.2.0.7フライ8番打荒波、1.0.1.1.
1.2.2.2.3.2.、5フライ9番、0.1.0.2.1.2.2.2.見逃し三振大角低めのスライダーナイス!
97球。駄目押し点を!!
7回裏、【平田】9番、0.1.8フライ1番、1.0.5ゴロ2番、0.1.8フライ。
8回表、最重要1番、1.0.1.1.1.2.、2.2.3.2.中二塁打真ん中のカット2番、フライ3番、0.1.1.1.2.1.3.1.3.2.8ヒット13塁4番、1.0.1.1.2.1.2.2.3.2.ワイルドピッチ1点、
 空振り三振ボール球5番、1.0.1.1.2.1.2.2.、6フライ。凌いだ。   1対5。
8回裏、【三島】3番、6ゴロ4番、0.1.1.1.2.1.2.2.空振り三振5番、0.1.0.2.空振り三振。
9回表、【マシソン】6番、1.0.2.0.3.0.四球7番、0.1.9ヒット8番打後藤、7フライ
9番、0.1.0.2.、1.2.2.2.空振り三振1番、1.0.2.0.2.1.3.1.3.2.四球満塁2番、0.1.0.2.
見逃し三振。助かった。
マシソン、先頭打者に四球??から満塁?

戦評
7月29日(土)巨人 vs. DeNA 16回戦

巨人は初回に村田、亀井、長野の3者連続適時打で一挙4点を先制する。3回裏には、阿部のソロで追加点を挙げた。投げては、エース・菅野が8回1失点の快投。最終回はマシソンが締め、菅野は今季11勝目を挙げた。敗れたDeNAは、先発・井納が序盤につかまった。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ 巨人 ] 菅野 (11勝4敗0S)

敗戦投手、[ DeNA ] 井納 (4勝5敗0S)

セーブ

本塁打、[ DeNA ]
          [ 巨人 ] 阿部11号(3回裏ソロ)

バッテリー
【DeNAバッテリー】
井納、平田、三嶋 - 戸柱。

【巨人バッテリー】
菅野、マシソン - 小林。

2.広島対ヤクルト戦。【マツダスタジアム】
9対1でヤクルト勝利。18:00
先発、
【広島】23 右投。
【ヤクルト】29小川 泰弘 右投。
【ヤクルト】
1番右坂口智隆、2番中山崎 晃大朗 、3番左 バレンティン
4番二山田 哲人、5番 一大松 尚逸、6番三 藤井 亮太、
7番捕中村 悠平、8番游奥村 展征、9番投小川 泰弘、

【広島】
1番遊 田中広輔2番二 菊池涼介3番中 丸佳浩
4番右 鈴木誠也5番左松山竜平、 番6番一新井 貴浩、
7 番三安部友裕、 8番捕會澤 翼、9番投、薮田 和樹、

戦評
7月29日(土)広島 vs. ヤクルト 16回戦

ヤクルトは初回、バレンティンの5試合連続アーチとなるソロで先制する。その後、同点で迎えた5回表に奥村の適時打で勝ち越すと、続く6回には山田と大松の2者連続本塁打で4点を加えた。先発・小川は6回1失点で今季5勝目。敗れた広島は、先発・薮田が6失点と振るわなかった

責任投手/本塁打
勝利投手、[ ヤクルト ] 小川 (5勝4敗0S)

敗戦投手、[ 広島 ] 薮田 (9勝2敗0S)

セーブ

本塁打、[ ヤクルト ] バレンティン20号(1回表ソロ)、
山田16号(6回表3ラン)、大松3号(6回表ソロ)
          [ 広島 ]

バッテリー
【ヤクルトバッテリー】
小川、近藤、石山、ルーキ - 中村。

【(広島バッテリー)
薮田、ジャクソン、飯田 - 會澤。

3.中日対阪神戦。【ナゴヤドーム】14:00
延長10回4対2で阪神勝利。
先発、
【中日】11小笠原 慎之介 左投。
【阪神】54メッセンジャー 右投。
【阪神】
1番中俊介、2番二 上本 博紀、3番左大山 悠輔、
4番一 ロジャース 、5番右中谷 将大 、 6番三 鳥谷敬
7番遊 大和、8捕梅野 隆太郎、9番 投秋山 拓巳、
【中日】
1番遊 京田陽太 2 番二荒木 雅博 、3番中 大島洋平
4番一 ビシエド 5番右藤井 淳志、6番左三福田永将、
7番左遠藤一星、8番捕松井 雅人 、9 投 小笠原 慎之、

戦評
7月29日(土)中日 vs. 阪神 16回戦

阪神が3連勝。阪神は6回表、俊介の2ランで先制点を挙げる。その後同点を許して迎えた延長10回には、1死一塁から代打・福留が値千金の2ランを放ち、勝ち越しに成功した。投げては3番手・高橋が今季3勝目。敗れた中日は、4番手・田島が痛恨の一発を浴びた。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ 阪神 ] 高橋 (3勝0敗1S)

敗戦投手、[ 中日 ] 田島 (1勝5敗25S)

セーブ、[ 阪神 ] ドリス (1勝3敗25S)

本塁打、[ 阪神 ] 俊介2号(6回表2ラン)、福留9号(10回表2ラン)
         [ 中日 ]

バッテリー
【阪神バッテリー】
メッセンジャー、桑原、高橋、ドリス - 梅野。

【中日バッテリー】
小笠原、伊藤、又吉、田島、丸山 - 松井雅。

4.オリックス対楽天戦。【京セラÐ大阪】
5対2でオリックス勝利。14:00
先発、
【オリックス】13山岡 泰輔 右投。
【楽天】31美馬 学 右投。

5【楽天】
1番 中 島内 宏明、2番指 アマダー 、
4番 三 ウィーラー、5番 二 銀次、6番 游クルーズ。
7番一中川大志、8番右福田 将儀、9番 捕 嶋基宏、
【オリックス】
1番 右 吉田正尚、2番二西野 真弘、3番三 小谷野栄一、
4番 中 ロメロ、5番一中島宏之、6番指マレーロ
7番 左 T-岡田、8番游安達 了一、 9番捕伊藤光、

戦評
7月29日(土)オリックス vs. 楽天 15回戦

オリックスは1点ビハインドで迎えた5回裏、1死二塁から伊藤の適時二塁打で同点とする。続く6回には、安達の適時二塁打と伊藤の犠飛で3点を奪い、勝ち越しに成功した。投げては、先発・山岡が7回2失点で今季4勝目。敗れた楽天は、先発・美馬が要所で粘れなかった。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ オリックス ] 山岡 (4勝7敗0S)

敗戦投手、[ 楽天 ] 美馬 (8勝3敗0S)

セーブ、[ オリックス ] 黒木 (5勝1敗2S)

本塁打、[ 楽天 ]
        [ オリックス ]

バッテリー
【楽天バッテリー】
美馬、高梨、久保、青山 - 嶋。

【オリックスバッテリー】
山岡、ヘルメン、黒木 - 伊藤。

5.ロッテ対西武戦。【 ZOZOマリン】
6対1で西武勝利。17:00
先発、
【ロッテ】64二木 康太 右投。
【西武】18多和田 真三郎 右投。
【西武】
1番 中 秋山 翔吾、2番 遊 源田 壮亮、3番 二 浅村 栄斗、
4番 三 中村 剛也、5番 指 栗山 巧、6番一山川穂高、
7番 右 外崎 修汰、8番 捕岡田雅利、9番 左 金子 侑司、
【ロッテ】
1番 中 サントス、2番 左 加藤翔平、3番 二鈴木大地、
4番 指 井口資仁、5番右角中勝也、6番 三 中村奨吾、
7番 一福浦和也 、8番 遊 三木亮 、9番 捕田村龍弘、

戦評
7月29日(土)ロッテ vs. 西武 15回戦

西武が破竹の8連勝。西武は3回表、1死一三塁から源田の適時打で先制する。その後は7回に秋山の適時打と源田の犠飛で2点を奪うと、9回には秋山の適時打などで3点を加えた。投げては、先発・多和田が7回無失点の力投で今季3勝目。敗れたロッテは、打線がつながりを欠いた。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ 西武 ] 多和田 (3勝2敗0S)

敗戦投手、[ ロッテ ] 二木 (4勝5敗0S)

セーブ

本塁打、[ 西武 ]
          [ ロッテ ]

バッテリー
【西武バッテリー】
多和田、シュリッター、野田 - 岡田。

【ロッテバッテリー】
二木、松永、有吉、東條 - 田村。

6.ソフトバンク対日本ハム戦。【ヤフオク】
対で勝利。13:00
先発、
【ソフトバンク】41千賀 滉大 右投。
【日本ハム】43白村 明弘 右投。
【日本ハム】
1番 中 西川 遥輝、2番 右 松本 剛、3番 指 大谷 翔平、
4番 三 レアード、5番 一 中田 翔、6番 左 大田 泰示、
7番 捕 大野 奨太、8番 二 石井 一成、9番 遊 中島 卓也、
【ソフトバンク】
1番 一 明石 健志、2番 遊 今宮 健太、3番 三 松田 宣浩、
4番 中 柳田 悠岐、5番 指 デスパイネ、6番 左 中村 晃、
7番 右 上林 誠知、8番 捕 甲斐 拓也、9番 二 曽根 海成、

戦評
7月29日(土)ソフトバンク vs. 日本ハム 16回戦

ソフトバンクは3回裏、1死二塁から今宮の2ランで先制する。そのまま迎えた8回には、主砲・柳田の2ランでリードを広げた。投げては、先発・千賀が8回無失点の快投で今季9勝目。敗れた日本ハムは、先発・白村が試合をつくるも、打線が散発の3安打と沈黙した。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ ソフトバンク ] 千賀 (9勝2敗0S)

敗戦投手、[ 日本ハム ] 白村 (0勝2敗0S)

セーブ

本塁打、[ 日本ハム ]
         [ ソフトバンク ] 今宮7号(3回裏2ラン)、
柳田24号(8回裏2ラン)

バッテリー
【日本ハムバッテリー】
白村、田中豊、宮西、石川直 - 大野。

【ソフトバンクバッテリー】
千賀、モイネロ - 甲斐、

スポーツ、

1. ダル、トレード市場で高い関心 ドジャース、アストロズ、ヤンキースが有力候補
7/28(金) 15:50配信

レンジャーズ・ダルビッシュ有投手 (写真:サンケイスポーツ)
 米大リーグ公式サイトは27日(日本時間28日)、レンジャーズがダルビッシュ有投手(30)をトレードで放出する方針であると報じた。レ軍は選手同士の交換トレード期限が31日に迫る中、ダルビッシュ獲得に関心を示す数チームとすでに交渉を開始しており、交換要員の名前も挙がっているという。ドジャース、アストロズ、ヤンキースが有力候補としている。

 ダルビッシュは26日(日本時間27日)のマーリンズ戦で今季最短の3回2/3で降板。自己ワーストの10失点KOで自身5連敗の9敗目(6勝)を喫したにもかかわらず、トレード市場ではアスレチックスのソニー・グレイ(27)とタイガースのジャスティン・バーランダー両投手(34)をしのぐ高い関心を集めているという。グレイは2014年から2年連続で14勝をマーク。バーランダーは11年に24勝を挙げ、サイ・ヤング賞に輝いた。

 またダルビッシュはオリオールズ、レッドソックス、カブス、インディアンス、ロッキーズ、ホワイトソックス、タイガース、アスレチックス、パイレーツ、ブルージェイズの10球団に対し、トレード拒否権を持っているという。

【関連記事】
ダル、移籍先にナショナルズが浮上 ESPN報じる
ダル、日米通じ自己ワースト10失点「トレード話があったからこうなった」
カブスがダルビッシュ有獲得を調査 公式サイトが報じる
「今すぐにでも実現しそうなトレード」と報じられるダルビッシュ有 周囲が突然騒がしくなってきた!!
ダルビッシュ、来季契約「最初で最後のFA」か 地元テキサスは物議、代理人・団野村氏を直撃

2. 福岡大大濠、プロ注目三浦&古賀の夏終わる/福岡
7/28(金) 19:03配信

ベンチ前でタッチを交わす福岡大大濠の三浦銀二投手(撮影・菊川光一)
<高校野球福岡大会:東筑3-1福岡大大濠>◇28日◇決勝◇小郡市野球場

 今春センバツ8強の福岡大大濠が、東筑に春夏連続甲子園出場を絶たれた。1回に先制したが、先発のエース三浦銀二投手(3年)が2回に1発を浴びて同点とされ、その後スクイズで勝ち越された。打線も2回以降は反撃できずに敗れた。4番古賀悠斗捕手(3年)とのプロ注目バッテリーの夏が終わった。

【写真】あいさつを終えベンチ前に向かう福岡大大濠・古賀

 三浦は「悔しいけど、最後まで自分の投球はできた」と振り返り、古賀も「三浦といいバッテリーが組めた」と涙はなかった。

【関連記事】
【トーナメント表】福岡大会の結果一覧
9大会で代表校決定!大阪準決勝は大阪桐蔭-履正社
福岡大大濠5年ぶり4強、主戦三浦4安打完封/福岡
折尾愛真ミラクル逆転「リベンジしたかった」/福岡
清宮、高校最多に並ぶ107号で決勝へ/準決勝詳細

3. 小関が銀、渡辺一平は銅!ダブル表彰台 200平
7/29(土) 2:01配信

左から銀メダルの小関、金メダルのチュプコフ、銅メダルの渡辺一平(ロイター)
<水泳:世界選手権>◇28日◇ブダペスト◇男子200メートル平泳ぎ決勝

 日本勢が見事にダブル表彰台を決めた。リオデジャネイロ五輪代表の小関也朱篤(25=ミキハウス)が2分7秒29で銀メダル、同種目の世界記録保持者、渡辺一平(20=早大)も2分7秒47銅メダルを獲得した。

【写真】銀メダルの小関也朱篤

 積極的にレースを運んだ。前半、小関が先頭でグイグイ引っ張り、隣りのレーンだった渡辺も2位で食らいついた。150メートルのターンで渡辺が1位に浮上し小関は2位に。金、銀メダルの期待も高まったがラスト50メートルでチュプコフ(ロシア)に惜しくもかわされた。終わってみれば小関が2位、渡辺が3位に入った。

 かつて同種目で頂点に君臨した北島康介氏が見守る中、後継者の期待がかかる2人が結果を残した。

 チュプコフ(ロシア)は2分6秒96で優勝した。

【関連記事】
小関也朱篤が銀メダル「家族のために」200平
渡辺一平が銅「ダブル表彰台取れたのでうれしい」
飲酒で決勝「取り消し」女性と抜け出し朝まで戻らず
萩野公介、NHK杉浦アナから飲みかけの水もらう
萩野公介が敗退「弱いっす」

4. 【巨人】菅野、暴投で月間初失点に「ちょっともったいなかったですけれど…」リーグトップ11勝目
7/29(土) 21:11配信 、スポーツ報知

【巨人】菅野、暴投で月間初失点に「ちょっともったいなかったですけれど…」リーグトップ11勝目

8回7安打1失点で11勝目を挙げた菅野

◆巨人5―1DeNA(29日・東京ドーム)

 巨人・菅野智之投手(27)が29日のDeNA戦(東京ドーム)で8回7安打1失点でリーグトップの11勝目を挙げた。

【写真】3回1死、右越えソロを放つ阿部

 慎重かつ大胆に攻めた。前回登板の22日のDeNA戦では8回無失点に抑えており

 「前回も先週対戦した相手で対策も練ってくると思っていたので慎重に行きました。(捕手の小林)誠司がいつものように強気の攻めをしてくれたので、サイン通りに投げるだけでした」と熱投の125球を笑顔で振り返った。

 8回1死一、三塁のピンチで暴投で1点を失ったが、ロペスを空振り三振。宮崎を遊飛に抑えた。7月は29イニング目で初の失点に「ちょっともったいなかったですけど、その後をしっかり抑えられたのがこの試合のキーポイントだと思うので良かったと思います。あそこで打たれたらロペスにいい印象を持たれてしまうので、意地で抑えに行きました」とかつてのチームメートに対して、エースとしてのプライドをのぞかせた。

 7月は4戦4勝。今後については「勝負の8月、9月だと思う。まだあきらめていませんし、最後まで全力で戦い抜きます」とファンに約束していた。

【関連記事】
【スコア詳細】巨人-DeNA(7月29日)
【巨人】菅野、8回に暴投で“7月初失点”も11勝目 防御率1点台に
【巨人】3回、阿部の11号ソロで追加点
【巨人】初回に4点!村田、亀井、長野が連続タイムリーで菅野に先制プレゼント
菅野智之 、 東京ドーム 、 空振り三振 を調べる.

ニュース、

1. 北ミサイル 異例 深夜の発射、奇襲能力を誇示か
7/29(土) 1:08配信

報道陣の取材に応じる安倍晋三首相=29日午前、首相官邸(古厩正樹撮影)(写真:産経新聞)
 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮が28日深夜にミサイルとみられる飛翔体を発射した。深夜にミサイル発射に踏み切るのは極めてまれだ。日米韓当局が警戒強める日中ではない深夜の発射によって奇襲能力を誇示した可能性がある。

 北朝鮮北西部の亀城付近で数日前からミサイル機材を積んだ車両の動きなどが確認されていたため、日米韓当局は北朝鮮が「戦勝日」と位置付ける朝鮮戦争の休戦協定締結から64年となる27日に大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射などに踏み切る可能性があるとみて警戒を強めていた。

 だが、27日には、ミサイル発射などの動きは確認されず、北朝鮮国営メディアは28日、金正恩朝鮮労働委員長が27日に平壌にある朝鮮戦争の戦死者が眠る墓地を訪れたと報じていた。

 27日には、亀城地域は雨が降るなど、悪天候に見舞われており、発射を断念した可能性がある。日米韓が最も警戒を強める記念日の発射をあえて避けた可能性もある。

【関連記事】
櫻井よしこ氏「中国は米国と戦っても勝ち目がないと認識」
韓国メディア、池上彰氏に“難クセ” 被害妄想といっていい的外れな批判
百田尚樹氏「今こそ、韓国に謝ろう」の真意語る 裏切られ続けた日本
北ミサイル トランプ氏「この男は他にやることないのか」 北朝鮮は午後に「特別重大放送」予告
正恩氏「仕方なくミサイル撃っている」? 面会の元専属料理人に 日本世論にも関心
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年7月28日。1. 萩野、2... | トップ | 2017年7月30日。巨人対ÐeN... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事