巨人戦スポーツ解説

プロ野球の巨人戦の解説です。

2017年6月16日。巨人対ロッテ戦、8対で巨人快勝。マイコラス好投、マギー5打点

2017-06-16 21:53:29 | Weblog
    2017年6月16日ロッテ戦
#為替、111.06円。111.11円。111.15円。ユーロ、123.83円。123.87円。123.88円。
#ダウ、21369.90ドル。-14.66ドル。ナスダック6165.50.。-29.39。
#前場、19937.15円。+105.33円。後場、19943.28円。+111.44円。
日本のお寺。
随心院(ずいしんいん)(京都市山科区)6/16済
随心院(ずいしんいん・ずいしんにん、隨心院)は京都市山科区小野にある真言宗善通寺派大本山の仏教寺院。小野流の開祖として知られる仁海(にんがい)の開基。本尊は如意輪観音。寺紋は九条藤。当寺の位置する小野地区は、小野氏の根拠地とされ、随心院は小野小町ゆかりの寺としても知られる。
歴史[編集]
随心院は、仁海(954 - 1046)が創建した牛皮山曼荼羅寺(ぎゅうひさんまんだらじ)の塔頭であった。仁海(954 - 1046)は真言宗小野流の祖である。神泉苑にて雨乞の祈祷をたびたび行い、そのたびに雨を降らせたとされ、「雨僧正」の通称があった。曼荼羅寺は仁海が一条天皇から寺地を下賜され、正暦2年(991年)に建立した寺である。伝承によれば、仁海は夢で亡き母親が牛に生まれ変わっていることを知りその牛を飼育したが程なく死んだ。それを悲しみその牛の皮に両界曼荼羅を描き本尊としたことに因んで、「牛皮山曼荼羅寺」と名付けたという。なお、これと似た説話は『古事談』にもあるが、そこでは牛になったのは仁海の母ではなく父とされている。
第5世住持の増俊の時代に曼荼羅寺の塔頭の一つとして随心院が建てられた。続く6世顕厳の時には順徳天皇、後堀河天皇、四条天皇の祈願所となっている。東寺長者や東大寺別当を務めた7世親厳(1151 - 1236)の時、寛喜元年(1229年)に後堀河天皇の宣旨(せんじ)により門跡寺院(皇族や摂家出身者が住持として入寺する寺院)となった。その後一条家、二条家、九条家などの出身者が多く入寺している。
その後多くの伽藍が建造され、山城、播磨、紀伊などに多くの寺領を有したが応仁の乱によりほとんど焼失した。『隨心院史略』によれば、応仁の乱後は寺地九条唐橋や相国寺近辺などへたびたび移転している。その後慶長4年(1599年)、24世増孝(九条家出身)の時、曼陀羅寺の故地に本堂が再興されている。
江戸時代中期の門跡であった堯厳(1717 - 1787)は、関白九条輔実の子で、大僧正に至ったが、九条稙基が夭折したことを受けて寛保3年(1743年)還俗し、九条尚実と名乗って関白、太政大臣の位に至っている。
真言宗各派は明治以降、対立と分派・合同を繰り返した。御室派、醍醐派、大覚寺派等が分立した後も随心院は「真言宗」にとどまっていたが、明治40年(1907年)には当時の「真言宗」が解消されて山階派、小野派、東寺派、泉涌寺派として独立。随心院は小野派本山となった。その後昭和6年(1931年)には真言宗小野派を真言宗善通寺派と改称。昭和16年(1941年)には善通寺が総本山に昇格した。現在は宗祖空海の生誕地に建つ善通寺が善通寺派総本山、随心院は同派大本山と位置づけられ、善通寺には管長が住し、随心院には能化が置かれている。
また近年、昭和48年には「はねず踊り」を創めたり、平成15年には「ミス小町コンテスト」、平成20年にライトアップ、平成21年には若手アーティストによる「極彩色梅匂小町絵図」という障壁画を取り入れたりと、新しい仏閣像を作り出している。
随心院門跡歴代[編集]

1.巨人対ロッテ戦【東京ドーム】18:00
  8対0で巨人勝利。
先発、
【巨人】39マイコラス 右投。9回西村健太朗右投。
【ロッテ】16涌井 秀章 右投。6回有吉優樹 、7回松永昂大 #28左投。
 8回黒沢翔太 #43右投。
【ロッテ】
1番中サントス、投有吉優樹 松永昂大、中荻野貴司 2番右清田 育宏、
3番左角中 勝也、4番一パラデス、5番二鈴木 大地、6番三ダフィー、
7番遊三木 亮、打代根元俊一8番捕田村 龍弘、9番投涌井 秀章、打中伊志嶺翔大、
打福浦和也、投黒沢翔太、
【巨人】
1番中長野 久義、2番二山本 泰寛、3番遊坂本 勇人、右橋本到、
4番一阿部 慎之助、投西村健太朗、5番三マギー、6番左亀井善行、重信慎之介、
7番右石川 慎吾、游寺内崇幸8番捕小林 誠司、9番投マイコラス、
打一辻東倫、
1回表、1番、0.1.8フライ2番、1.0.1.1.1.2.、、2.2.6ゴロ3番、0.1.1.1.1.2.2.2.、4ゴロ。15球。
1回裏、1番、1.0.8ヒット2番、0.1.盗ヒットエンドラン盗塁成功2塁4ゴロ内野安打1.3塁3番、5ゴロ1.3塁4番、1.0.2.0..盗塁3.0.四球一死満塁5番マギー、0.1.1.1.中二塁打2点貴重6番亀井、1.0.2.0.2.1.2.2.3.2.8フライ7番、0.1.1.1.4ゴロ。
0対2。
2回表、4番、0.1.1.1.1.2.見逃し三振カーブ、低め5番、0.1.1.1.1.2.、、空振り三振
6番、1フライ。26球。
2回裏、8番、1.0.4ゴロ9番、0.1.1.1.2.1.3.1.9フライ1番、1.0.1.1.2.1.2.2.、空振り三振。5球ボール球??。
3回表、7番、1.0.1.1.6ゴロ低め8番、1.0.1.1.1.2.2.2.、5ゴロエラー9番、0.1.0.2.1.2.
空振り三振1番、1.0.1.1.2.1.8フライ。追加点!!。
3回裏、2番、0.1.0.2.1.2.2.2.、4ゴロ3番、1.0.2.0.2.1.6ゴロ4番、0.1.1.1.1.2.2.2.3.2.、見逃し三振。
4回表、要注意2番、0.1.1.1.3ゴロ3番、1.0.2.0.2.1.2.2.、4ゴロ4番、1.0.1.1.1.2.空振り三振。カーブ、ボール球。57球。
4回裏、5番、0.1.9フライ6番、4ゴロ7番、1.0.2.0.3.0.四球価値ある8番、1.0.2.0.3.0.
 3.1.9ヒット1.3塁9番、1ゴロ。9番まで回した!!。
5回表、5番、1.0.2.0.右二塁打6番、0.1.0.2.1.2.、空振り三振スライダー低め7番、5ゴロ3塁8番、0.1.0.2.1.2.、2.2.、、、3.2.、、7フライ.良く凌いだ。78球。
マイコラスで落とす事は出来ない?援護点!!
5回裏、1番、1.0.2.0.3.0.3.1.3.2.四球策は2番、0.1.1.1.バント2塁3番坂本、0.1.1.1.2.1.3.1.3.2.四球4番阿部、0.1.0.2.1.2.2.2.空振り三振フォーク、ボール球?
5番マギー、0.1.1.1.2.1.中三塁打フェンス直撃2点貴重6番、0.1.0.2.、、1.2.2.2.3.2.
5フライ。マギー敬遠で亀井、勝負と思ったが、助かった。      0対4。
6回表、要注意9番打伊志嶺、1.0.1.1.2.1.2.2.、4ゴロ低め1番、0.1.0.2.1.2.空振り三振カーブ、高い?2番、1.0.1.1.1.2.2.2.4ゴロカーブ低め。ナイス!93球。
6回裏、【有吉】7番、0.1.1.1.2.1.6ゴロ8番、0.1.0.2.1.2.、、、6ゴロ9番、0.1.1.1.7フライ。
7回表、最重要3番、0.1.1.1.1.2.2.2.4ゴロカーブ、ボール球4番、4ゴロカーブ、高め5番、0.1.0.2.8フライ。102球。被安打1!。
7回裏、1番、0.1.7ヒット策はバント2番山本を育てろ!2番、フライ?理解不能??【松永】3番、1.0.2.0.2.1.セーフティバント2塁4番、0.1.1.1.1.2.空振り三振。
8回表、6番、0.1.0.2.8フライ真ん中高めのストレート148キロ7番打根元、1.0.2.0.2.1.2.2.空振り三振8番、0.1.0.2.、、左二塁打内角のチェンジアップ、高い?9番打福浦、1.0.1.1.1.2.2.2.空振り三振、カーブ、低め。120球。
8回裏、【黒沢】5番、0.1.1.1.1.2.2.2.3.2.左ホームラン1点6番、0.1.3ライナー7番、1.0.1.1.死球8番、0.1.1.1.1.2.、、8ヒット9番打辻東倫、0.1.9ヒットエラー2点
2塁1番、0.1.0.2.1.2.8ヒット1点2番、0.1.1.1.1.2.2.2.空振り三振3番、0.1.4ゴロ内野安打4番、0.1.0.2.9フライ。                0対8。
9回表、【西村】1番、0.1.0.2.1.2.5ゴロ2番、0.1.1.1.1.2.4ゴロ3番、1.0.1.1.1.2.2.2.、フライ。

総評
今日は、マイコラス8回120球被安打2!無失点!!マギー1回先制2点二塁打5回三塁打2点、8回駄目押しソロの5打点!。久しぶりの快勝!
戦評
6月16日(金)巨人 vs. ロッテ 1回戦
巨人は初回、1死満塁の好機からマギーの適時打で2点を先制する。4点リードで迎えた8回裏には、マギーのソロや辻の適時打などで、4点を加点した。投げては、先発・マイコラスが8回無失点の快投で今季6勝目。敗れたロッテは、投打に精彩を欠き、大敗を喫した。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ 巨人 ] マイコラス (6勝3敗0S)
敗戦投手、[ ロッテ ] 涌井 (2勝5敗0S)
セーブ

本塁打、[ ロッテ ]
[ 巨人 ] マギー7号(8回裏ソロ)
バッテリー
【ロッテバッテリー】
涌井、有吉、松永、黒沢 - 田村。
【巨人バッテリー】
マイコラス、西村 - 小林。
2.広島対ソフトバンク戦。【マツダスタジアム】
5対3でソフトバンク勝利。18:00
先発、
【広島】42ジョンソン 左投。
【ソフトバンク】44バンデンハーク 右投。
【ソフトバンク】
1番三松田 宣浩、2番遊今宮 健太、3番中柳田 悠岐、
4番左江川 智晃5番一中村 晃、6番二川島 慶三、
7番一明石 健志、8番捕甲斐 拓也、9番投バンデンハーク、
【広島】
1番遊田中広輔、2番二菊池涼介、3番中丸佳浩、
4番右鈴木誠也、5番左松山竜平、、6番一 エルドレッド、
7番三安部 友裕、8番捕石原 慶幸、9番投ジョンソン、

戦評
6月16日(金)広島 vs. ソフトバンク 1回戦
ソフトバンクは初回、柳田の適時打などで幸先良く2点を先制する。3回表には、川島の2ランが飛び出し、追加点を挙げた。投げては、先発・バンデンハークが7回3失点の好投で今季7勝目。敗れた広島は、丸が3本のソロを放つも、先発・ジョンソンが試合をつくれなかった。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ ソフトバンク ] バンデンハーク (7勝3敗0S)
敗戦投手、[ 広島 ] ジョンソン (1勝2敗0S)
セーブ、[ ソフトバンク ] サファテ (0勝0敗20S)
本塁打、[ ソフトバンク ] 川島2号(3回表2ラン)
[ 広島 ] 丸9号(1回裏ソロ)、丸10号(4回裏ソロ)、
丸11号(6回裏ソロ)
バッテリー
【ソフトバンクバッテリー】
バンデンハーク、岩嵜、サファテ - 甲斐。
【広島バッテリー】
ジョンソン、九里、一岡、今井 - 石原、會澤。
3.ÐeNA対オリックス戦。【横浜】18:00
6対3でÐeNA勝利。
先発、
【ÐeNA】15井納 翔一 右投。
【オリックス】21西 勇輝 右投。
【オリックス】
1番中武田 健吾、2番二小島 脩、3番遊安達了一、
4番右ロメロ、5番三小谷野 栄一、6番一中島 宏之、
7番左T-岡田、8番捕若月健矢、9番投西 勇輝、
【DeNA】
1番中桑原 将志、2番右梶谷 隆幸、3番一ロペス、
4番左筒香 嘉智、5番三宮﨑 敏郎、6番捕戸柱 恭孝、
7番二石川 雄洋、8番投井納 翔一 、9番遊倉本 寿彦、

4.中日対西武戦。【ナゴヤドーム】18:00
9対1で西武勝利。
先発、
【中日】11小笠原 慎之介 左投。
【西武】16菊池 雄星 左投。
【 西武】
1番右金子 侑司、2番遊源田 壮亮、3番中秋山 翔吾、
4番二浅村 栄斗、5番三中村 剛也、6番一メヒア、
7番左外崎 修汰8番捕炭谷 銀仁朗9番投菊池 雄星、
【中日】
1番遊京田 陽太、2番二荒木 雅博 、3番中大島 洋平、
4番左ゲレーロ、5番右平田良介、6番一福田 永将、
7番三堂上 直倫、8番捕木下 拓哉、9番投小笠原 慎之介、

戦評
6月16日(金)中日 vs. 西武 1回戦
西武が完勝。西武は1点を追う4回表、中村の犠飛とメヒアのソロで逆転に成功する。その後は5回に秋山の2ラン、6回に再びメヒアのソロが飛び出すなど、着実に加点した。投げては、先発・菊池が8回1失点の快投で今季7勝目。敗れた中日は、投手陣が振るわなかった。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ 西武 ] 菊池 (7勝2敗0S)
敗戦投手、[ 中日 ] 小笠原 (1勝2敗0S)
セーブ

本塁打、[ 西武 ] メヒア11号(4回表ソロ)、秋山13号(5回表2ラン)、メヒア12号(6回表ソロ)、秋山14号(9回表3ラン)
[ 中日 ] 堂上1号(3回裏ソロ)
バッテリー
【西武バッテリー】
菊池、平井 - 炭谷。
【中日バッテリー】
小笠原、丸山 - 木下拓、武山。
5.阪神対楽天戦。【甲子園】18:00
4対2で阪神勝利。
先発、
【阪神】17岩貞 祐太左投。
【楽天】19藤平 尚真 右投。
【楽天】
1番二西田 哲朗、2番右ペゲーロ、3番一今江 年晶、
4番三ウィーラー、5番中島内 宏明、6番左松井 稼頭央、
7番游三好 匠、8番捕嶋 基宏、9番投藤平 尚真 、
【阪神】
1番遊糸原 健斗、2番游北條 史也、3番中髙山 俊、
4番左福留 孝介、5番右中谷 将大、6番三鳥谷 敬、
7番一原口 文仁、8番捕岡﨑 太一、9番投岩貞 祐太、

戦評
6月16日(金)阪神 vs. 楽天 1回戦
阪神は2回裏、原口に2ランが飛び出し、先制する。その後1点を返されるも、8回に2死満塁の好機から鳥谷の適時打で2点を奪い、リードを広げた。投げては先発・岩貞が7回1失点の好投で今季3勝目。敗れた楽天は、プロ初先発の藤平が試合をつくるも、打線がわずか2安打に封じ込まれた。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ 阪神 ] 岩貞 (3勝4敗0S)
敗戦投手、[ 楽天 ] 藤平 (0勝1敗0S)
セーブ、[ 阪神 ] ドリス (0勝3敗20S)
本塁打、[ 楽天 ] 三好1号(3回表ソロ)
[ 阪神 ] 原口5号(2回裏2ラン)
バッテリー
【楽天バッテリー】
藤平、高梨、久保 - 嶋、足立。
【阪神バッテリー】
岩貞、マテオ、ドリス - 岡崎。
6ヤクルト対日本ハム戦。【神宮】18:00
8対5でヤクルト勝利。
先発、
【ヤクルト】24星 知弥 右投。
【日本ハム】39高梨 裕稔 右投。
【日本ハム】
1番左大田 泰示、2番右松本剛、3番中西川 遥輝、
4番一中田 翔、5番三レアード、6番捕市川友也、
7番二石井 一成、8番游中島卓也、9番投高梨 裕稔、
【ヤクルト】
1番左坂口 智隆、2番中上田 剛史、3番二山田 哲人、
4番右雄平、5番一大松 尚逸、6番游大引 啓次、
7番三藤井亮太、8番捕西田明央、9番投星 知弥、

戦評
6月16日(金)ヤクルト vs. 日本ハム 1回戦
ヤクルトが3連勝。ヤクルトは3-5で迎えた8回裏、雄平の適時打で同点とする。なおも2死一三塁の好機から、代打・荒木の3ランが飛び出し、勝ち越しに成功した。投げては、9回を守護神・秋吉が締め、今季9セーブ目。敗れた日本ハムは2番手・鍵谷が誤算だった。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ ヤクルト ] ルーキ (2勝4敗0S)
敗戦投手、[ 日本ハム ] 鍵谷 (2勝2敗0S)
セーブ、[ ヤクルト ] 秋吉 (4勝3敗9S)
本塁打、[ 日本ハム ] 中田8号(2回表ソロ)
[ ヤクルト ] 藤井2号(2回裏ソロ)、グリーン2号(5回裏2ラン)、荒木4号(8回裏3ラン)
バッテリー
【日本ハムバッテリー】
高梨、鍵谷、公文 - 市川、大野。
【ヤクルトバッテリー】
星、ギルメット、近藤、ルーキ、秋吉 - 西田、井野。

スポーツ、

1. <狭山虐待死>裁判員経験者ら「かわいそう」「懲役13年どうかと」
6/15(木) 22:38配信

 埼玉県狭山市で昨年1月、藤本羽月ちゃん=当時(3)=が冷水をかけられて放置されるなどして遺体で見つかった虐待事件で、保護責任者遺棄致死や暴行、逮捕の罪に問われた、母親の無職藤本彩香被告(24)の裁判員裁判の判決公判が15日、さいたま地裁で開かれた。高山光明裁判長は「実母として保護すべき立場にありながら生存に必要な保護をしなかった」と母親の責任を重視し、「無慈悲かつ卑劣で極めて悪質」と求刑通り懲役13年を言い渡した。

 藤本彩香被告の裁判に参加した補充裁判員を含む裁判員経験者8人のうち裁判員経験者の男女3人が15日、さいたま地裁で記者会見し、「児童虐待がなくなれば…」と考え抜いた末に出した判決の理由を語った。

 子どもがいるという40代男性は「とても難しい事件だった」と裁判を振り返る。「私にも子どもがいるが、虐待は理解できない」とした上で、「(世間では)児童虐待が多い。もっと(報道で)取り上げてもらって事件が少なくなればいい。虐待が起きる前にどうにか防ぐことができないのかな」と感想を述べた。

 30代女性は、法廷で見た藤本被告について「若くて幼い普通の女の子。報道で見ていたのとは違った」と印象を話す。このような児童虐待事件を防ぎたいと願うが、「たとえ子どもの(泣き叫ぶ)声を聞いても、それぞれの家庭に事情があり、実際に通報できるかと言えば、できない。警察か、児童相談所か、どこに言えばいいのかも分からない。こういうときにどこに通報するのか、もっと分かりやすくなればいい」と話した。

 別の30代女性は「本当に重い事件。このような事件は、もっと重い刑になるんだと思っていた。(懲役)13年はどうなんだろうと思う」と量刑に疑問を投げ掛ける。自身に子どもはいないが、小学生のめいが2人いるという。女性は「なぜ羽月ちゃんにペット以下の扱いができたのか、毎日考えた。本当にかわいそう。これからおしゃれして、友達や彼氏をつくって、結婚して子どもを産んで、という人生が待っていたはず。それが実の親に奪われてしまったのは、あってはならないこと」と悲しんだ。

【関連記事】
<狭山虐待死>子の顔赤くただれ…熱湯かけた人物分からず裁判終わる
<狭山虐待死>責任回避に終始…母に懲役13年求刑 母泣き崩れる
<狭山虐待死>同居の男に懲役12年6月 地裁「無慈悲かつ卑劣」
<母子死傷事故>参列者ら涙 告別式で息子、霊きゅう車に「ママー」
<飛び降り中3死亡>顧問に「リーダー続ける」…決意の2日後に死亡

#、打順のめぐりあわせもあったが、ソフトバンクは四球を有効に使って、弱い打者で
打ち取った。一方巨人は、無駄な四球が失点につながった。この差は大きい??。
さらに、先発が崩れた時の、リリーフ陣、吉川光夫、田原誠次、篠原慎平、は制球が悪く試合を壊した。負けの方程式??使えない。

2. 【巨人】内海4回68球2失点、続投では?…原さん特別観戦記
6/16(金) 10:03配信

3回に先制を許し、渋い表情でベンチに戻る内海(カメラ・中島 傑)
◆日本生命セ・パ交流戦 巨人3―7ソフトバンク(15日・東京ドーム)

 巨人前監督の原辰徳氏(58)が、スポーツ報知に特別観戦記を寄せた。ソフトバンクに敗れて連勝が2で止まり、同一カード3連勝も逃した巨人に対し、チーム状況が苦しい時こそ、首脳陣、選手個々が、チーム内でそれぞれの立ち位置を理解することの重要性を説いた。(構成・高田健介)

 何事もなかったように過ぎた6回の攻撃が、この試合のターニングポイントだった。先頭の陽岱鋼が頭部死球を受け、代走で出た重信が結局、最後まで盗塁を試みず、無得点に終わった。 2点を追う展開で、スチールのサインを出すのは簡単ではない。だが、重信はその役割を託されてベンチにいるはずだ。あの場面で成功させれば今後、相手はより一層、彼の足を警戒し、打者に対して直球系が多くなるなどプラスアルファの要素も出てくる。何より試合の流れが止まっている時は、ベンチがよどんだ水をかき回さなくては目の前の水は汚いままで何も起きない。体を張った陽のためにも、動きは必要だった。その直後に決定的な1点を失ったのは偶然ではないだろう。

 チーム内で選手個々にはそれぞれ立ち位置がある。選手自身も、そしてベンチもその役割を理解しないと前には進まない。約1か月ぶりの先発となった内海は4回2失点で降板。4回に2点目を失った直後に四球を出すなど、決して褒められた内容ではなかった。内海に代打を送り、攻勢をかけようとした高橋監督の用兵も理解できるが、先発投手の2失点は責任を負うものではない。大きな期待を持ってマウンドに送ったのなら「白黒つけるまでさあ、行ってこい」と続投させても良かった。

 自身4連敗で2軍落ちし、結果を出してはい上がった。この一戦にかける思いは相当なものがあったはず。もちろん、内海のために試合をしているわけではないが、あそこで代えてしまうと今後、使える戦力なのかも把握できず、何より本人が不安を抱えたまま今後を過ごすことになる。チーム内ではベテランで、尊敬されていい選手の一人。気持ちよく力を発揮させるためにも配慮は必要だ。

 自分の立ち位置を今以上に理解してほしいのは長野だ。この日はバットのヘッドが立ったスイングができて3安打したが、彼の力はこんなもんじゃない。調子が良くなくても、バットを短く持って何とかしようとしている坂本勇をどう見ているのか。2人は同年代で刺激し合ってここまで来た。「勇人はすごい」で済ませてはいけないし、高橋監督が使い続ける理由を考えなくてはいけない。

 私が監督だった12年間、松井と由伸、小笠原とラミレス、阿部と李承ヨプに村田は切磋琢磨(せっさたくま)して、認め合い、高めあってチームを押し上げた。坂本勇と長野も同じだ。いいところは見習ってともに成長してほしい。

 チームが苦しい時こそ、各選手が自分の役割を全うする。そこから本当の反撃は始まる。(前巨人軍監督)

【関連記事】
【ソフトバンク】21歳モイネロを支配下選手登録
【ソフトバンク】新打線で“ノーノーショック”吹き飛ばした
【巨人】内海「悔しい」5連敗…16日に出場選手登録抹消へ
【巨人】陽岱鋼、頭部死球にカンカン…球審から警告試合宣言
原辰徳 、 陽岱鋼 、 李承ヨプ を調べる

3. 注目すべき打撃センス セ打率1位浮上のDeNA宮崎は何がスゴイのか
6/16(金) 9:39配信

宮崎敏郎のこれまでの成績
宮崎が圧巻“右打ち”でセ打率1位浮上、DeNAは恐怖のクリーンアップに
 DeNAの宮崎敏郎内野手が打率.339(15日時点)でセ・リーグの首位打者争いのトップに立っている。

【データ解析】DeNA宮崎が躍進…セ・リーグ上位打者打撃詳細成績

 左脇腹を痛めて離脱していた期間があったものの、11日の西武戦で規定打席に到達すると同.327でリーグ2位にランクイン。13日からのロッテ3連戦では計12打数6安打の固め打ちで打率を上げた。15日のロッテ戦ではプロ初の満塁弾など4打数3安打4打点の活躍で存在感を発揮した。

 大島(中日)、坂本勇(巨人)、丸(広島)ら人気選手を抑えての首位。坂本勇、柳田(ソフトバンク)、秋山(西武)、チームメートの梶谷らと同じ1988年生まれの世代で、宮崎は社会人(セガサミー)を経てプロ入りした5年目だ。

 入団当初から打撃に定評があり、パンチ力のある打球が魅力。昨季は101試合の出場で規定打席には到達していないが打率.291、11本塁打、36打点でキャリアハイの数字を残しており、頭角を現していた。
注目すべきは逆方向への打球、ピカ一のバットコントロール
 注目すべきは広角に打ち分ける打撃センス。15日時点で61安打を放っているが、そのうち引っ張った打球(左中間、左翼方向)は20本しかない。半分以上が中堅から逆方向。柔軟かつ強力なリストを生かしたバットコントロールで、コースや状況によって打球方向を決めているのだ。

 3番にリーグ2位の50打点(15日時点)のロペス、4番には侍ジャパンの主砲を務めた筒香。相手バッテリーにすれば両選手との勝負を避けても今や5番に宮崎がいる。

 昨季は11人が5番に座り、なかなか固定されることはなかったが、宮崎の大ブレークでクリーンアップは安定。DeNAが恐怖のクリーンアップでAクラスを死守する。
フルカウント編集部●文 text by Full-Count

【関連記事】
「どっちが打てるんだ?」 DeNA“84番目の男”を生んだドラフト席上の一言
DeNA育成2位・山本武白志の現在地―「お手上げという感じでは全くない」
42年間ユニホームを着続けた男の引退の瞬間 「マシンガン打線」の生みの親が味わった最後の5分の悲哀
石田、今永に続くのは誰だ DeNAで2017年ブレイクの予感漂う原石5人
打撃好調のDeNAロペス「毎日同じルーティーンを繰り返すことが大事」

4. 巨人 助っ人コンビの活躍で快勝 マギー5打点&マイコラス8回0封
6/16(金) 21:08配信

8回、左越えソロを放ったマギー(右)を笑顔で迎える巨人・高橋監督
 「交流戦、巨人8-0ロッテ」(16日、東京ドーム)

 巨人が投打にわたる外国人コンビの活躍で、ロッテに大勝した。

 初回、1死満塁からマギーの左中間への2点を先制すると、五回にはマギーが再び、2点三塁打を放ち、加点。マギーは八回にも、5月10日以来となる7号ソロを放ち、この日5打点をマークする活躍をみせた。

 投げては先発のマイコラスが8回2安打8奪三振、無失点の好投をみせ、6勝目(3敗)を挙げた。

 ロッテは涌井が試合を作れず、5敗目(2勝)となり、チームは3連敗となった。

【関連記事】
巨人・村田は厳しいパパ! 子どもの偏食と野球哲学の共通点は…
巨人・坂本勇 広島・菊池の執念のDeNA・筒香イジリを明かす
【写真】巨人・マイコラス マウンド上で怒り心頭 判定に声荒げる
ロッテ・涌井 同僚に200万円腕時計 まさか?の2冠に「取れるわけないと…」
巨人退団後に行方不明だったキューバ出身選手 FAでメジャー移籍可能に

二ユース、

1. <狭山虐待死>裁判員経験者ら「かわいそう」「懲役13年どうかと」
6/15(木) 22:38配信

 埼玉県狭山市で昨年1月、藤本羽月ちゃん=当時(3)=が冷水をかけられて放置されるなどして遺体で見つかった虐待事件で、保護責任者遺棄致死や暴行、逮捕の罪に問われた、母親の無職藤本彩香被告(24)の裁判員裁判の判決公判が15日、さいたま地裁で開かれた。高山光明裁判長は「実母として保護すべき立場にありながら生存に必要な保護をしなかった」と母親の責任を重視し、「無慈悲かつ卑劣で極めて悪質」と求刑通り懲役13年を言い渡した。

 藤本彩香被告の裁判に参加した補充裁判員を含む裁判員経験者8人のうち裁判員経験者の男女3人が15日、さいたま地裁で記者会見し、「児童虐待がなくなれば…」と考え抜いた末に出した判決の理由を語った。

 子どもがいるという40代男性は「とても難しい事件だった」と裁判を振り返る。「私にも子どもがいるが、虐待は理解できない」とした上で、「(世間では)児童虐待が多い。もっと(報道で)取り上げてもらって事件が少なくなればいい。虐待が起きる前にどうにか防ぐことができないのかな」と感想を述べた。

 30代女性は、法廷で見た藤本被告について「若くて幼い普通の女の子。報道で見ていたのとは違った」と印象を話す。このような児童虐待事件を防ぎたいと願うが、「たとえ子どもの(泣き叫ぶ)声を聞いても、それぞれの家庭に事情があり、実際に通報できるかと言えば、できない。警察か、児童相談所か、どこに言えばいいのかも分からない。こういうときにどこに通報するのか、もっと分かりやすくなればいい」と話した。

 別の30代女性は「本当に重い事件。このような事件は、もっと重い刑になるんだと思っていた。(懲役)13年はどうなんだろうと思う」と量刑に疑問を投げ掛ける。自身に子どもはいないが、小学生のめいが2人いるという。女性は「なぜ羽月ちゃんにペット以下の扱いができたのか、毎日考えた。本当にかわいそう。これからおしゃれして、友達や彼氏をつくって、結婚して子どもを産んで、という人生が待っていたはず。それが実の親に奪われてしまったのは、あってはならないこと」と悲しんだ。

【関連記事】
<狭山虐待死>子の顔赤くただれ…熱湯かけた人物分からず裁判終わる
<狭山虐待死>責任回避に終始…母に懲役13年求刑 母泣き崩れる
<狭山虐待死>同居の男に懲役12年6月 地裁「無慈悲かつ卑劣」
<母子死傷事故>参列者ら涙 告別式で息子、霊きゅう車に「ママー」
<飛び降り中3死亡>顧問に「リーダー続ける」…決意の2日後に死亡
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年6月15日。巨人対ソフト... | トップ | 2017年6月17日。巨人対ロッテ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL