巨人戦スポーツ解説

プロ野球の巨人戦の解説です。

2017年7月23日ⅮeNA対巨人戦8対6でÐeNAサヨナラ勝利。

2017-07-23 21:49:03 | Weblog
    2017年7月23日ÐeNA戦
日本のお寺。
泰岳寺(たいがくじ)(愛知県春日井市)7/23済
泰岳寺(たいがくじ)は愛知県春日井市上条町にある臨済宗妙心寺派の寺院。山号は寶雲山。
概要[編集]
本尊は聖観世音菩薩である。市指定の有形文化財である仁済宗恕の頂相(絹本着色)を所蔵しており[1]、名古屋城の三の丸清水口の赤門が移築されている。ここには初代東春日井郡長の林金兵衛の墓がある。
歴史[編集]
文明18年(1486年)にこの地域の豪族で、上条城主であった林重緒(林家11代目)が現在の岐阜県美濃加茂市出身の仁済宗恕を招いて開山した。15代目の住職である雍山宗粛のときに名古屋城の赤門を寺の山門として貰い受けた。現在の本堂は昭和61年(1986年)に建設が着工されたものでされたもので、昭和63年(1988年)に完成した。

1.ⅮeNA対巨人戦【横浜】17:30
  8対6でÐeNAサヨナラ勝利。
先発、
【ⅮeℕA】27久保 康友 右投、7回パットン #53 右投。
 8回三上朋也 #35 右投。 砂田毅樹 #47 左投。9回山崎康晃 #19 右投、

【巨人】17大竹 寛 右投。6回森福允彦 #13 左投。西村健太朗 #35 右投。
8回中川皓太 #91 左投。8回マシソン #20 右投。9回高木勇人 #54 右投 。

【巨人】
1番右 長野久義、2番二 マギー、3番游坂本 勇人、
4 番一 阿部 慎之助、投高木勇人
5番 三 村田 修一 、6番 中 陽 岱鋼 、
7番左亀井 善行、 8番捕 小林誠司、9 投大竹 寛 、森福允彦。
西村健太朗、打橋本到。 投中川皓太 、マシソン、打石川慎吾 、
二中井大介、

【ⅮeNA】
1番中 桑原将志2番二 山下 幸輝 、 3番左 筒香嘉智、
4番一 ロペス5番三 宮崎敏郎6番捕戸柱 恭孝、
7番右 梶谷隆幸8番投久保 康友、パットン、打田中浩康 、投三上朋也
砂田毅樹、打後藤武敏 投山崎康晃 、
9番遊 倉本寿彦、

1回表1番、0.1.0.2.8フライ2番、0.1.6ゴロ3番、1.0.1.1.1.2.2.2.3.2.中二塁打
4番、1.0.1.1.8フライ。
1回裏、1番、左ホームラン真ん中高めのシュート2番、0.1.1.1.2.1.3ゴロ3番、1.0.2.0.2.1.3.1.4ゴロ4番、1.0.1.1.1.2.空振り三振。低め、 0対1。
2回表、5番、1.0.1.1.2.1.7フライ6番、1.0.2.0.7フライ7番、9フライ。22球。
2回裏、5番、0.1.1.1.2.1.2.2.7ヒット6番、0.1.1.1.8フライ7番、1.0.2.0.2.1.4ゴロ
ホースアウト8番、1.0.1.1.1.2.っ見逃し三振。
3回表、8番、1.0.1.1.2.1.2.2.3.2.左二塁打9番、1.0.1.1.1.2.バントフィルダースチョイス無死1.3塁1番長野、1.0.2.0.3.0.3.1.3.2.6ゴロ、フォークボール球併殺1点2番マギー、0.1.1.1.左ホームラン1点貴重3番、1.0.1.1.2.1.9フライ。  2対1。
3回裏、要注意9番、0.1.0.2.、4ゴロ1番、1.0.7フライ好、真ん中のスライダー好捕2番、1.0.1.1.1.2.2.2.9フライ高い?41球。追加点!今日は6点欲しい!。
4回表、4番、1.0.右二塁打5番村田、右へ5ゴロ?6番、0.1.1.1.2.1.2.2.3.2.空振り三振チエンジアップボール球7番亀井、1.0.2.0.3.0.四球8番、小林、1.0.2.0.3.0.5ゴロ。
外角のストレート143キロ??
4回裏、最重要3番、1.0.1.1.2.1.2.2.、7ヒット4番、フライカーブ5番、0.1.1.1.1.2.
4ゴロ併殺。外角低めのストレート。
5回表、9番、1.0.1.1.1.2.見逃し三振1番、1.0.1.1.1.2.1ゴロボール球?2番、0.1.0.2.空振り三振フォーク、ボール球?。
5回裏、6番、1.0.1.1.2.1.3.1.9フライボール球7番、0.1.0.2.1.2.2.2.4ゴロ真ん中のスライダー8番、0.1.0.2..空振り三振。66球。追加点坂本から!!。
6回表、3番坂本、1.0.1.1.2.1.2.2.、、8フライ4番阿部、0.1.1.1.3ゴロ5番村田、1.0.1.1.1.2.2.2.、空振り三振、90球。
6回裏、要注意9番、7ヒット1番、1.0.1.1.1.2.2.2.3.2.、、8ヒット1.3塁2番、0.1.
1.1.9ヒット、内角のストレート1点【森福】3番、0.1.1.1.4ゴロ2.3塁【西村】
4番、1.0.9フライ1点3塁5番、1.0.2.0.8ヒット1点6番、左ホームラン2点
7番、1.0.1.1.1.2.空振り三振。                 2対6。
5番宮崎は敬遠でも良い??6番外角のシュート高め論外??予想道理の展開。
7回表、【パットン 】6番、0.1.1.1.1ゴロ7番、0.1.1.1.2.1.2.2.、、、7フライ8番、0.1.1.1.
8ヒット9番打橋本、1.0.右二塁打価値ある1番長野、0.1.0.2.3ゴロ。
7回裏、【中川】8番打田中、1.0.1.1.9フライ9番、1.0.2.0.6ゴロ内野安打1番、0.1.0.2.、1.2.5ゴロホースアウト2番、1.0.3ゴロ。
8回表、【三上】2番、9フライ3番、0.1.1.1.1.2.2.2.9ヒットフェンス直撃4番、1.0.2.0.2.1.2.2.3.2.四球5番村田、1.0.1.1.1.2.、8フライボール球_6番、1.0.1.1.1.2.
右二塁打1点2.3塁【砂田】7番亀井、1.0.右ホームラン3点貴重8番、0.1.0.2.8フライ。                             6対6。
8回裏、【マシソン】最重要3番、1.0.1.1.2.1.2.2.3.2.四球4番、0.1.フライ内角高めのストレート152キロ5番、1.0.1.1.1.2.2.2.3.2.。、、、8ヒット真ん中のスライダー6番、
0.1.1.1.1.2.見逃し三振外角低めのストレート154キロ7番、1.0.1.1.1.2.、2.2.7ヒット
満塁8番打後藤、0.1.7フライ。残った。9回で決めろ!!。2点欲しい!?。
9回表、9番打石川、1.0.1.1.1.2.、2.2.、、、3.2.空振り三振、ボール球?1番、1.0.1.1.1.2.右二塁打2番マギー、0.1.0.2.1.2.空振り三振ボール球3番坂本、1.0.2.0.3.0.四球
4番阿部、0.1.1.1.1.2.空振り三振。3球ボール球??。
9回裏、【高木】9番、1.0.1.1.1.2.、2.2.、6ゴロ1番、1.0.2.0.8フライカット、ボール球2番、1.0.1.1.1.2.2.2.8ヒット高い?3番、1.0.1.1.左ホームラン外角高めのカット2点サヨナラ。                 6対8。




2.ヤクルト対阪神戦。【神宮】18:00
5対0で阪神勝利。
先発、
【ヤクルト】29小川 泰弘 右投。
【阪神】54メッセンジャー 右投。
【阪神】
1番一 西岡剛 2番二 上本博紀3番左 福留孝介
4番一 ロジャース 、5番中高山俊 、6番三 鳥谷敬
7番遊 大和8 捕梅野隆太郎 、9 投メッセンジャー、

【ヤクルト】
1番中坂口智隆、2番右 上田剛史3番左 バレンティン
4番二山田 哲人 、5番 三 リベロ 、6番 一荒木貴裕 、
7番捕中村悠平、8番游西浦 直亨、9番投小川 泰弘。

戦評
7月23日(日)ヤクルト vs. 阪神 15回戦

阪神は3回表、メッセンジャーの来日初本塁打で先制する。そのまま迎えた7回には、中谷のソロと上本の適時三塁打などで一挙4点を追加した。投げては、先発・メッセンジャーが8回無失点12奪三振の力投で今季10勝目。敗れたヤクルトは、打線がつながりを欠いた。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ 阪神 ] メッセンジャー (10勝5敗0S)

敗戦投手、[ ヤクルト ] 小川 (4勝4敗0S)

セーブ

本塁打、[ 阪神 ] メッセンジャー1号(3回表ソロ)、
中谷10号(7回表ソロ)
          [ ヤクルト ]

バッテリー
【阪神バッテリー】
メッセンジャー、ドリス - 梅野、岡崎。

【ヤクルトバッテリー】
小川、中澤、石山、山本、土肥 - 中村。

3.広島対中日戦。【マツダスタジアム】18:00
12対1で広島勝利。
先発、
【広島】17岡田 明丈 右投。
【中日】18鈴木 翔太 右投。
【中日】
1番遊 京田陽太 2 番 二堂上 直倫、 3番中 大島洋平
4番左 ゲレーロ5番一 ビシエド 6番右松井 佑介、
7番三 福田永将8番捕松井 雅人 、9番投18鈴木 翔太 、
【広島】
1番遊 田中広輔2番二 菊池涼介3番中 丸佳浩
4番右 鈴木誠也5番左 松山竜平番6番一 新井 貴浩、
7 番 安部友裕8番捕 會澤 翼、9番投17岡田 明丈

戦評
7月23日(日)広島 vs. 中日 15回戦

広島は3回裏、2死三塁から菊池の適時打で先制する。その後は4回に鈴木のソロ、岡田と田中の連続適時打で3点を加えるなど、終わってみれば18安打で12点を挙げた。投げては、先発・岡田が7回途中1失点の好投で今季8勝目。敗れた中日は、投打ともに精彩を欠いた

責任投手/本塁打
勝利投手、[ 広島 ] 岡田 (8勝4敗0S)

敗戦投手、[ 中日 ] 鈴木 (5勝4敗0S)

セーブ

本塁打、[ 中日 ]
         [ 広島 ] 鈴木18号(4回裏ソロ)

バッテリー
【中日バッテリー】
鈴木、小笠原、福谷、笠原、伊藤 - 松井雅、木下拓、武山。

【広島バッテリー】
岡田、中田、ヘーゲンズ、高橋樹 - 會澤。

4.楽天対オリックス戦。【Kobo宮城】
3対2で楽天勝利。14:00
先発、
【楽天】21釜田 佳直 右投。
【オリックス】21西 勇輝 右投。
【オリックス】
1番中小島 脩平 、2番 二 大城滉二、3番 右 吉田正尚、
4番 指 ロメロ、5番指中島宏之、番 左 T-岡田、
7番中駿太 、8番 遊 安達了一、9番 捕若月健矢 、
【楽天】
1番 中 島内 宏明、2番 指 ペゲーロ、3番一 アマダー 、
4番 三 ウィーラー、5番 二 銀次、6番 左岡島 豪郎、
7番一 今江年晶 、8番 遊 三好 匠、9番 捕 嶋基宏、

戦評
7月23日(日)楽天 vs. オリックス 13回戦

楽天が同一カード3連勝。楽天は2点を追う8回裏、2死一塁から島内の2ランが飛び出し同点とする。続く9回には、アマダーのソロでサヨナラ勝利を収めた。投げては、3番手・久保が移籍後初勝利。敗れたオリックスは、先発・西が7回まで力投を見せるも、終盤につかまった。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ 楽天 ] 久保 (1勝0敗0S)

敗戦投手、[ オリックス ] 西 (4勝5敗0S)

セーブ

本塁打、[ オリックス ]
         [ 楽天 ] 島内9号(8回裏2ラン)、アマダー13号(9回裏ソロ)

バッテリー
【オリックスバッテリー】
西 ―若月。

【楽天バッテリー】
釜田、菅原、久保 - 嶋、細川。

5.ソフトバンク対ロッテ戦。【ヤフオク】
3対1でロッテ勝利。13:00
先発、
【ソフトバンク】11中田 賢一 右投・
【ロッテ】12石川 歩 右投。
【ロッテ】
1番 中右細谷圭、2番 中サントス、3番 左 角中 勝也、
4番 指井口 資仁、5番 二 鈴木 大地、6番一パラデス、
7番 遊 中村 奨吾、8番 三 大嶺 翔太、9番 捕 田村 龍弘、
【ソフトバンク】
1番 二 川﨑 宗則、2番 遊 今宮 健太、3番 左中柳田悠岐
4番 一 内川 聖一、5番 指 デスパイネ、6番左中村 晃、
7番 三 松田 宣浩、8番右上林 誠知 、9番 捕高谷裕亮 、

戦評
7月23日(日)ソフトバンク vs. ロッテ 15回戦

ロッテは2回表、中村の犠飛で先制する。その後は同点を許すも、3回にサントスの来日初本塁打で勝ち越すと、5回には井口の適時打でリードを広げた。投げては、先発・石川が今季2勝目。敗れたソフトバンクは、先発・中田が5回を持たずに降板し、打線は好機を生かしきれなかった。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ ロッテ ] 石川 (2勝8敗0S)

敗戦投手、[ ソフトバンク ] 中田 (5勝6敗0S)

セーブ、[ ロッテ ] 内 (4勝0敗6S)

本塁打。[ ロッテ ] サントス1号(3回表ソロ)
         [ ソフトバンク ]

バッテリー
【ロッテバッテリー】
石川、松永、益田、大谷、内 - 田村。

【ソフトバンクバッテリー】
中田、モイネロ、岡本 - 高谷、甲斐。

6西武対日本ハム戦。【メットライフ】14:00
9対2で西武勝利。
先発、
【西武】54ウルフ 右投。
【日本ハム】20上原 健太 左投・
【日本ハム】
1番 中 西川 遥輝、2番 左 松本 剛、3番 一 中田 翔、
4番 三 レアード、5番指田中 賢介、6番 右 岡 大海、
7番二太田 賢吾 、8番捕黒羽根 利規 、9番 遊 中島 卓也、
【西武】
1番 中 秋山 翔吾、2番 遊 源田 壮亮、3番 二 浅村 栄斗、
4番 一 メヒア、5番 三 中村 剛也、6番 指 栗山 巧、
7番 右 外崎 修汰、8番 捕炭谷 銀仁朗 、9番 左 金子 侑司、

戦評
7月23日(日)西武 vs. 日本ハム 16回戦

西武が同一カード3連勝。西武は2回裏、外崎のソロで先制する。その後は2-2で迎えた5回に、秋山と栗山の3ランで6点を勝ち越した。投げては、先発・ウルフが今季7勝目。敗れた日本ハムは、4回に太田賢のプロ初安打となる適時打などで追いつくも、投手陣が振るわなかった。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ 西武 ] ウルフ (7勝2敗0S)

敗戦投手、[ 日本ハム ] 上原 (0勝1敗0S)

セーブ

本塁打、[ 日本ハム ]
          [ 西武 ] 外崎8号(2回裏ソロ)、秋山18号(5回裏3ラン)、
栗山5号(5回裏3ラン)

バッテリー
【日本ハムバッテリー】
上原、鍵谷、石川直 - 黒羽根、大野。

【西武バッテリー】
ウルフ、平井、野田、本田 - 炭谷。

スポーツ、

1. ヤクルト 連敗「14」で止めた!7月、16戦目でようやく初勝利
7/22(土) 21:27配信 、スポニチアネックス

ヤクルト 連敗「14」で止めた!7月、16戦目でようやく初勝利

<ヤ・神>連敗を止め、ハイタッチをかわすヤクルトナイン

 ◇セ・リーグ ヤクルト6―2阪神(2017年7月22日 神宮)

 ヤクルトは阪神を6―2で下し、1分けを挟んでの連敗を14で止めた。6月30日の阪神戦(甲子園)で勝ったのを最後に、連敗の長いトンネルに突入したチームは16戦目にして待望の7月初勝利を挙げた。

【写真】力投する先発・由規

 初回、今季初めて4番に入った山田の15号2ランで先制。2回に同点とされたものの、その裏、1死一塁から西浦の左翼線への二塁打で一塁走者の34歳ベテラン飯原が足をもつらせながらも生還。さらに2死から坂口の中前適時打で、再び2点を勝ち越した。6回にも荒木の死球、バレンティンの四球と連続押し出しで2点を追加した。

 先発の由規は2回に連続四球と自らのけん制悪送球で1死二、三塁のピンチを招くと、大和に2点適時打を浴びて一時同点とされる不安定な立ち上がりだった。しかし、味方打線がすぐに勝ち越すと3回以降は立ち直り、5回を1安打2失点で3勝目(2敗)。救援陣も無失点にしのいだ。

 ヤクルトの14連敗は1970年にセ・リーグ最多となる16連敗を喫して以来、47年ぶりだった。

 ▽真中監督の話 まだ借金もある。プロだから一つ勝っただけで喜んでいられない

【関連記事】
由規 連敗止める3勝目「ファンの皆さん、本当にすみません!」
ヤクルト山田 先制2ラン 今季初4番で連敗阻止なるか
14連敗のヤクルト厳戒…警備担当者15人以上 真中監督「コメントに困るな」
山田 25歳からの逆襲 3年連続トリプルスリーへ週8安打打つ
バレンティン 、 セ・リーグ 、 ヤクルト を調べる

2. 【巨人】マシソン満塁斬り!9回2点差、カミネロの乱調救った
7/23(日) 6:05配信 、スポーツ報知

【巨人】マシソン満塁斬り!9回2点差、カミネロの乱調救った


9回2死満塁、梶谷を空振りの三振に抑えガッツポーズするマシソン

◆DeNA1―3巨人(22日・横浜)

 マシソンの剛球がうなりを上げた。内角高めのボール球だったが、梶谷のバットは空を切った。

【写真】愛犬のモリちゃんと米国の球場で記念撮影する巨人・マシソン

 3点差の9回に登板したカミネロが、2安打2四球で1死しか奪えず1点を失った。たまらず由伸監督は9回1死満塁の大ピンチで、マシソンを投入。戸柱を低め153キロで力ない一ゴロに抑え、最後は空振り三振でゲームセット。「今日も調子はよかったよ。ダメージを最低限に防げたことが一番」。6月9日の日本ハム戦(札幌D)以来となる、今季2セーブ目を挙げた。

 延長12回引き分けに終わった21日は、9回と10回を投げて驚異の6者連続三振で制圧した。この日は守護神の代役として見事な火消し。鬼神のごとくDeNA打線の前に立ちはだかっている。マシソンは「ピンチでの登板? 最近(カミネロは)誰よりもたくさん投げてくれている。誰にでも難しい試合はあるよ」とクローザーをかばい、「明日も出番があれば、またいい状態で投げたい」と目をギラつかせた。次はどんな場面で、どんな投球を見せてくれるか。(尾形 圭亮)

【関連記事】
【巨人】菅野、12球団一番乗りの10勝目 防御率もセ・トップに浮上
【巨人】村田が初回に決めた バット短く持ち決勝3ラン
【巨人】鹿取GM視察で育成選手が躍動…今月末支配下登録期限
【巨人】由伸監督、今後の抑えは「基本的にはこのまま」
ゲームセット 、 マシソン 、 日本ハム を調べる
1.ⅮeℕA対巨人戦【横浜】17:30
 3対1で巨人勝利。
先発、
【ⅮeℕA】30飯塚 悟史 右投。7回エスコバー #62 左投。
9回平田真吾 #34 右投。
【巨人】19菅野 智之 右投。9回カミネロ #44 右投。マシソン #20 右投。

【巨人】
1番右 長野久義、2番二 マギー、3番游坂本 勇人、
4 番一 阿部 慎之助、投カミネロ、マシソン 。
5番 三 村田 修一 、6番 中 陽 岱鋼 、
7番左亀井 善行、 8番捕 小林誠司、9 投19菅野 智之 一中井大介、
昨日、マシソン、カミネロを使った。菅野に完投?球数少なく!!。
【ⅮeNA】
1番中 桑原将志2番二 山下 幸輝 、 3番左 筒香嘉智、
4番一 ロペス代走40 飛雄馬、5番三 宮崎敏郎6番捕戸柱 恭孝、
7番右 梶谷隆幸8番投30飯塚 悟史 、エスコバー、打荒波翔 、
投平田真吾 、9番遊 倉本寿彦、

1回表1番、1.0.5ゴロ2番、1.0.2.0.2.1.8ヒット3番、0.1.1.1.4ポテン4番、1.0.2.0.3.0.
8フライ5番、1.0.1.1.2.1.右ホームラン3点貴重6番9ヒット7番、1.0.1.1.1.2.3ゴロ、
                                3対0。
1回裏、1番、1.0.1.1.1.2.5ゴロエラー2番、1.0.2.0.4ゴロ2塁3番、0.1.1.1.1.2.2.2.3.2.
、四球??4番、7ヒット真ん中のシュート満塁5番、6ゴロ併殺真ん中?。16球。
2回表、8番、0.1.1.1.5ゴロ9番、1.0.1.1.6ゴロ1番、1.0.2.0.2.1.2.2.8フライ。
2回裏、6番、7フライ7番、1.0.2.0.2.1.7フライ真ん中?8番、1.0.1.1.1.2.空振り三振。
3回表、2番、1.0.2.0.2.1.7フライ好捕3番、0.1.1.1.2.1.2.2.見逃し三振4番、1.0.1.1.2.1.2.2.見逃し三振5番、1.0.1.1.2.1.3.1.3.2.6ゴロ。48球・
3回裏、9番、0.1.7フライ1番、1.0.1.1.2.1.5ゴロ低め2番、0.1.1.1.2.1.1ゴロ。
35球。
4回表、5番0.1.0.2.5ゴロ6番、0.1.1.1.1.2.8フライ7番、0.1.9ヒット8番、0.1.1.1.7フライ。
4回裏、要注意3番、1.0.2.0.2.1.2.2.空振り三振4番、8ヒット5番、0.1.0.2.1.2.6ゴロ併殺。内角低めのシュート、ボール球、150キロ。45球。追加点!!。
5回表、9番、0.1.1.1.2.1.8ヒット策は?1番、1.0.2.0.3.0.四球2番マギー、1.0.1.1.2.1.2.2.空振り三振フォーク、ボール球?3番坂本、1.0.1.1.8フライ併殺?。
5回裏、6番、0.1.0.2.4ゴロ7番、0.1.1.1.2.1.2.2.空振り三振低め8番、0.1.0.2.空振り三振。56球。
6回表、4番阿部、0.1.0.2.、1.2.7フライ5番村田、1ゴロ6番陽、0.1.1.1.1.2.3ゴロ、
6回裏、9番、0.1.0.2.、1.2.、、変えあぶり三振1番、0.1.1.1.1.2.空振り三振2番、3ゴロカット、ナイス!68球。追加点!!
7回表、【エスコバー 】7番、4ゴロ8番、0.1.1.1.1.2.6ゴロ9番、0.1.0.2.1.2.空振り三振。追加点取れず??。7回裏。
7回裏、最重要3番、0.1.0.2.1.2.、2.2.、3.2.9ヒット高い?4番、8フライ低め5番、
1.0.2.0.2.1.2.2.空振り三振スライダー、低め6番、8フライ。低め!ナイス!
8回表、1番長野、0.1.6ゴロ2番マギー、1.0.6ゴロ真ん中?3番坂本、0.1.1.1.2.1.2.2.、3.2.、空振り三振。

8回裏、7番、0.1.1.1.1.2.空振り三振スライダー低め、ボール球8番打荒波、0.1.1.1.1.2.空振り三振真ん中高めのストレート153キロ、ボール球9番、0.1.1.1.2.1.2.2.、3.2.空振り三振真ん中のストレート150キロ。98球。1点欲し!!
9回表、【平田】4番阿部、1.0.1.1.6フライ5番、0.1.8フライ6番、0.1.0.2.1.2.、空振り三振。昨日同様追加点が取れず?菅野頼み??。カミネロ???。
9回裏、【カミネロ?】1番、1.0.7ヒット2番、1.0.1.1.1.2.2.2.1ゴロ2塁3番、0.1.1.1.
2.1.3.1.四球?4番、0.1.1.1.1.2.7ヒット、代走 飛雄馬。内角高めのストレート154キロ1点5番。1.0.2.0.3.0.四球【マシソン】6番、0.1.1.1.3ゴロホースアウト7番1.0.1.1.1.2.、2.2.空振り三振。                  3対1。

総評。
落とせない試合に。カミネロ?理由が分からん?、。

戦評
7月22日(土)DeNA vs. 巨人 14回戦

巨人は1回表、2死一二塁から村田の3ランで幸先良く先制する。投げては、エース・菅野が8回3安打無失点の快投。両リーグ最速となる今季10勝目を挙げた。敗れたDeNAは、最終回にロペスの適時打で2点差に迫るも、その後の好機にあと1本が出なかった。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ 巨人 ] 菅野 (10勝4敗0S)

敗戦投手、[ DeNA ] 飯塚 (0勝2敗0S)

セーブ、[ 巨人 ] マシソン (2勝1敗2S)

本塁打、[ 巨人 ] 村田6号(1回表3ラン)
        [ DeNA ]

バッテリー
【巨人バッテリー】
菅野、カミネロ、マシソン - 小林。

【DeNAバッテリー】
飯塚、エスコバー、平田 - 戸柱。


2.ヤクルト対阪神戦。【神宮】18:00
6対2でヤクルト勝利。
先発、
【ヤクルト】11由規 右投。
【阪神】14能見 篤史 左投。
【阪神】
1番一 西岡剛 2番二 上本博紀3番中中谷 将大、
4番左 福留孝介5番一 ロジャース 、6番三 鳥谷敬
7番遊 大和8 捕 9 投14能見 篤史 、

【ヤクルト】
1番中坂口智隆、2番右 上田剛史3番左 バレンティン
4番二山田 哲人 、5番 三 リベロ 、6番 右 飯原 誉士 、
7番捕中村悠平、8番游西浦 直亨、9番投小川 泰弘 、

戦評
7月22日(土)ヤクルト vs. 阪神 14回戦

ヤクルトが連敗を14で止めた。ヤクルトは初回、山田の2ランで先制する。直後に同点を許すも、2回裏に西浦と坂口の適時打が飛び出し、再びリードを奪った。投げては、先発・由規が5回2失点で今季3勝目。敗れた阪神は、先発・能見が試合をつくれず、打線も振るわなかった。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ ヤクルト ] 由規 (3勝2敗0S)

敗戦投手、[ 阪神 ] 能見 (3勝5敗0S)

セーブ

本塁打、[ 阪神 ]
        [ ヤクルト ] 山田15号(1回裏2ラン)

バッテリー
【阪神バッテリー】
能見、松田、岩崎、メンデス - 梅野、坂本。

【ヤクルトバッテリー】
由規、松岡、石山、近藤、ルーキ - 中村。

3.広島対中日戦。【マツダスタジアム】18:00
6対3で広島勝利。
先発、
【広島】23薮田 和樹 右投。
【中日】17柳 裕也 右投。
【中日】
1番遊 京田陽太 2 番 二堂上 直倫、 3番中 大島洋平
4番左 ゲレーロ5番一 ビシエド 6番右松井 佑介、
7番三 福田永将8番捕松井 雅人 、9番投17柳 裕也 、
【広島】
1番遊 田中広輔2番二 菊池涼介3番中 丸佳浩
4番右 鈴木誠也5番左 松山竜平番6番一 新井 貴浩、
7 番 安部友裕8番捕 會澤 翼、9番投 23薮田 和樹 、

戦評
7月22日(土)広島 vs. 中日 14回戦

広島は4回裏、2死一三塁から松山の適時打で先制する。その後は5回に會澤と丸の適時打で4点を加えると、7回には安部の適時打で追加点を挙げた。投げては、先発・薮田が6回2失点の好投で今季9勝目。敗れた中日は、打線が6回以降に反撃を見せるも及ばなかった。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ 広島 ] 薮田 (9勝1敗0S)

敗戦投手、[ 中日 ] 柳 (1勝4敗0S)

セーブ

本塁打、[ 中日 ] ゲレーロ27号(6回表2ラン)、
ビシエド15号(9回表ソロ)
[ 広島 ]

バッテリー
【中日バッテリー】
柳、笠原、伊藤、小笠原、福谷 - 松井雅。

【広島バッテリー】
薮田、一岡、中崎、今村 - 會澤。

4.楽天対オリックス戦。【Kobo宮城】
8対7で楽天勝利。16:00
先発、
【楽天】31美馬 学 右投。
【オリックス】13山岡 泰輔 右投。
【オリックス】
1番中小島 脩平 、2番 二 大城滉二、3番 右 吉田正尚、
4番 指 ロメロ、5番 三 小谷野栄一、6番指中島宏之、
7番 左 T-岡田、8番 遊 安達了一、9番 捕若月健矢 、
【楽天】
1番 中 島内 宏明、2番 指 ペゲーロ、3番一 アマダー 、
4番 三 ウィーラー、5番 二 銀次、6番 左岡島 豪郎、
7番一 今江年晶 、8番 遊 三好 匠、9番 捕 嶋基宏、

戦評
7月22日(土)楽天 vs. オリックス 12回戦

楽天は1点を追う2回裏、ペゲーロの適時打とアマダーの2ランで逆転に成功する。その後は4回にアマダーの2打席連続となる2ラン、5回には今江のソロで追加点を挙げた。投げては先発・美馬が今季8勝目。敗れたオリックスは、終盤に追い上げを見せるも、あと一歩及ばなかった。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ 楽天 ] 美馬 (8勝2敗0S)

敗戦投手、[ オリックス ] 山岡 (3勝7敗0S)

セーブ、[ 楽天 ] 松井裕 (3勝1敗29S)

本塁打、[ オリックス ] T-岡田19号(4回表ソロ)
           [ 楽天 ] アマダー10号(2回裏2ラン)、
アマダー11号(4回裏2ラン)、今江1号(5回裏ソロ)、アマダー12号(7回裏ソロ)

バッテリー
【オリックスバッテリー】
山岡、金田、大山、ヘルメン、近藤 - 若月、伊藤。

【楽天バッテリー】
美馬、高梨、久保、金刃、福山、ハーマン、松井裕 - 嶋。


5.ソフトバンク対ロッテ戦。【ヤフオク】
2対0でソフトバンク勝利。13:00
先発、
【ソフトバンク】30武田 翔太 右投。
【ロッテ】64二木 康太 右投。
【ロッテ】
1番 中右細谷圭、2番 右 加藤 翔平、3番 左 角中 勝也、
4番 一 パラデス、5番三中村奨吾 、6番 二 鈴木 大地、
7番 指 ペーニャ、8番 遊 三木 亮、9番 捕 吉田 裕太、
【ソフトバンク】
1番 二 明石 健志、2番 遊 今宮 健太、3番 左中柳田悠岐
4番 一 内川 聖一、5番 指 デスパイネ、
7番 三 松田 宣浩、8番 捕高谷裕亮 、9番 左塚田正義、

戦評
7月22日(土)ソフトバンク vs. ロッテ 14回戦

ソフトバンクは4回裏、今宮のソロで先制する。そのまま迎えた7回には、無死一二塁から内川の適時打で貴重な追加点を挙げた。投げては、先発・武田が6回無失点の好投で今季2勝目。敗れたロッテは、先発・二木が好投を見せるも、打線がわずか1安打と沈黙した。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ ソフトバンク ] 武田 (2勝1敗0S)

敗戦投手、[ ロッテ ] 二木 (4勝4敗0S)

セーブ、[ ソフトバンク ] サファテ (1勝1敗31S)

本塁打、[ ロッテ ]
          [ ソフトバンク ] 今宮6号(4回裏ソロ)

バッテリー
【ロッテバッテリー】
二木、松永、南 - 田村。

【ソフトバンクバッテリー】
武田、森、岩嵜、サファテ - 高谷。

6西武対日本ハム戦。【メットライフ】18:00
対で勝利。
先発、
【西武】18多和田 真三郎 右投。
【日本ハム】43白村 明弘 右投。
【日本ハム】
1番 中 西川 遥輝、2番 左 松本 剛、3番 一 中田 翔、
4番 三 レアード、5番 右 岡 大海、6番指ドレイク、
7番 二 石井 一成、8番捕市川 友也 、9番 遊 中島 卓也、
【西武】
1番 中 秋山 翔吾、2番 遊 源田 壮亮、3番 二 浅村 栄斗、
4番 一 メヒア、5番 三 中村 剛也、6番 指 栗山 巧、
7番 右 外崎 修汰、8番 捕岡田 雅利 、9番 左 金子 侑司、

戦評
7月22日(土)西武 vs. 日本ハム 15回戦

西武は初回、メヒアの2ランで先制する。その後は3回裏に源田の犠飛で加点すると、7回には源田の適時打でリードを広げた。投げては、先発・多和田が7回無失点の好投。その後は武隈、増田の継投で完封リレーを収めた。敗れた日本ハムは、打線が4安打と振るわなかった。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ 西武 ] 多和田 (2勝2敗0S)

敗戦投手、[ 日本ハム ] 白村 (0勝1敗0S)

セーブ

本塁打、[ 日本ハム ]
[ 西武 ] メヒア16号(1回裏2ラン)

バッテリー
【日本ハムバッテリー】
白村、石川直、田中豊、マーティン - 市川、大野。

【西武バッテリー】
多和田、武隈、増田 - 岡田。

二ユース、

1. 五木ひろし 平尾さんに感謝「僕を世に出してくれた大恩人です」
7/23(日) 5:00配信 、スポニチアネックス

五木ひろし 平尾さんに感謝「僕を世に出してくれた大恩人です」

11年10月、星野哲郎さんの一周忌法要に参列した平尾さん(左)と五木ひろし

 ◇作曲家・平尾昌晃さん死去

 五木ひろし(69)が22日、大阪・新歌舞伎座で上演中の座長公演終演後にスポニチ本紙の取材に応じた。平尾さんに最後に会ったのは昨年末のNHK紅白歌合戦。以前、鼻に付けていた酸素チューブを外しており「元気になられたと安心していた」と、ショックを隠しきれなかった。

【写真】紅白歌合戦のエンディングで「蛍の光」の指揮者を務めた平尾昌晃さん

 三谷謙の芸名で活動していたが鳴かず飛ばずだった1970年、読売テレビのオーディション番組「全日本歌謡選手権」に出場。1週目のゲスト審査員が平尾さん、2週目が作詞家の故山口洋子さんだった。五木は10週勝ち抜いた。平尾さんは「地味な名前。これじゃ売れない」と、レコード会社社長だった故徳間康快氏に相談。「名前変えていい。三谷なんて知らなかったから」と言われた。

 山口さんが、自身が開業した銀座の高級クラブ「姫」の常連客だった五木寛之氏に「五木」の名前をもらっていいか尋ね、快諾を得た。

 五木ひろしとしての再デビュー曲「よこはま・たそがれ」は、もともと山口さんの詩として存在していた。よこはま たそがれ ホテルの小部屋――最後の部分が「あの人は 行ってしまった」だったところ、平尾さんが「行って行ってしまった」と変更。山口さんも「凄くいい」とゴーサインを出した。

 五木は同曲で日本レコード大賞の歌唱賞を受賞。NHK紅白歌合戦にも初出場し、スターの仲間入りをした。

 「僕の運命は歌謡選手権の最初の2週で決まったようなもの」と回想。「お二人に出会わなければ売れないまま終わってたかもしれないし、歌手を辞めていたかもしれない。僕を世に出してくれた大恩人です」と感謝した。

 今公演でも「よこはま・たそがれ」を歌い、23日の千秋楽では平尾さんの別の曲も歌う予定。「華々しい舞台で観客に訃報を伝えないといけないのはつらい。平尾先生への感謝の気持ちをステージから歌に込めておくることになる」と語った。

【関連記事】
平尾昌晃さん急死 2年前に肺がん発覚も「生涯現役」貫く
畑中葉子、恩師の訃報に号泣「もう一度、先生と歌いたかった」
平尾昌晃氏 肺炎で入院…昨年紅白で指揮担当、一時は危篤状態も
元子役・平田実音さん死去、33歳「ひとりでできるもん!」初代・舞ちゃん役
五木ひろし 、 平尾昌晃 、 三谷謙 を調べる

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年7月21日ⅮeNA対巨人... | トップ | 2017年7月24日。スピースが... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL