深く潜れ(Dive Deep)! キネシオロジー&クラニオセイクラル・ワーク(クラニオ)の蒼穹堂治療室

「ココロとカラダ」再生研究所、蒼穹堂治療室が送る、マニアックなまでに深く濃い、極私的治療論とお役立ち(?)情報の数々。

量子論と「観測」の問題を巡って

2017-06-28 23:24:38 | Weblog

量子論から導かれるミクロの世界の現象に「状態の重ね合わせ」というものがある。量子レベルの物質は複数の状態が重なり合っていて、それが「観測(あるいは観察)」という行為によって1つに定まる、というものだ。

この「状態の重ね合わせ」を物理学的に示すものに、量子が「観測」次第で粒子としても波としても存在する、という2重スリット実験がある(粒子と波とでは物理学的な性質が全く異なるので、1つの物質がその2つの性質を兼ね備えて存在することはできない)。

また「シュレーディンガーの猫」として知られる有名な思考実験がある。箱の中に1匹の猫を入れ、その中に猫がちょうど50%の確率で死ぬ仕掛けを施すと、量子論的には箱を開けて中の猫の様子を「観測」しない限り、箱の中の猫は生きている状態と死んでいる状態が50%ずつ重なり合って存在しているのだ(ちなみにエルヴィン・シュレーディンガーがこの思考実験を作ったのは「状態の重ね合わせ」という量子論の考え方を否定するためであったのだが、皮肉なことに現在は「状態の重ね合わせ」を分かりやすく説明するための例として使われている)。

「シュレーディンガーの猫」の話はともかく2重スリット実験などによって、量子レベルでは複数の状態が重なり合っていて、それが「観測」によって1つに確定するというのは物理学的に確認されたことであり、既にその原理を応用した量子コンピュータのプロトタイプも作られている。

だが、物理学的にいまだ解決できていない問題がある。「観測(観察)」するとは何か、が物理学的に定義できてないことである。

そもそも「観測」するとは何だろう? 何をすれば「観測」したと言えるのか? そして、それは人間だけが可能なのか? 人間以外でも「観測」することが可能だとすると、どこまでが「観測」可能な主体として認められるのか? 猿は? 犬は? カエルは? ミドリムシやアメーバでも「観測」することができるのか?(彼らも外部環境を認識しながら生きている。)「観測」することができるのは人間だけだ、とした場合、では人間なら誰でも「観測」者として認められるのか? 赤ん坊は? 認知症なら? ただその場にいるだけで全く「観測」する気のない人は?──「観測」ということを明確にしようとすると、途端にこういった問題にぶち当たることになる。

そんなことを考えていたら、ふと解決策が閃いた。数学ではよく使われる定義の仕方のテクニックだが、それをそのまま量子論に応用すればいいのだ。そこで私が思いついた「観測(観察)」の定義は以下のようなものだった。

「状態の重ね合わせ」を起こしているものに対し、その状態を1つに確定させる行為を「観測(観察)」と呼ぶ。

人によってはこの定義を見て「肩すかしを食らった」と思うかもしれない。だが、この定義は強力だ。なぜなら上に挙げた問いがこれ1つで全て解決してしまうのだから。

この定義では、それが「観測(観察)」かどうかは行為の結果だけで決まり、誰が(何が)それを行うか、どう行うかは問題にされない。「状態を1つに確定させる」という条件を満たしさえすれば、それは「観測(観察)」になる。そして状態が重なり合ったままか1つに確定したかは物理学的に判定可能だから、その行為が「観測(観察)」だったかどうかは物理学的に一意に定まるのである。

量子論的(あるいは物理学的)に「観測(観察)」を定義するとしたら、こういう形にせざるを得ないのではないだろうか。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カバラと「生命の木」 4 | トップ | Amazonプライムから超お得な... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
量子論が語るもの 第1部 (深く潜れ(Dive Deep)! キネシオロジー&クラニオセイクラル・ワーク(クラニオ)の蒼穹堂......)
スピリチュアル・ヒーラーや成功哲学の指導者を標榜する人たちは、量子論が好きだ。ヒーリングや成功法則を量子論と関連づけて述べたものをしばしば目にする。その代表的なものが......