深く潜れ(Dive Deep)! キネシオロジー&クラニオセイクラル・ワーク(クラニオ)の蒼穹堂治療室

「ココロとカラダ」再生研究所、蒼穹堂治療室が送る、マニアックなまでに深く濃い、極私的治療論とお役立ち(?)情報の数々。

メルマガは平日ほぼ毎日発行してます。

メルマガでも情報発信中! みんな購読よろしく! 蒼穹堂治療室のメルマガ「『痛いところ=悪いところ』にあらず ~症状の中に体の声を聴く~」 →http://www.mag2.com/m/0001308251.html

量子論と「観測」の問題を巡って

2017-06-28 23:24:38 | Weblog
量子論から導かれるミクロの世界の現象に「状態の重ね合わせ」というものがある。量子レベルの物質は複数の状態が重なり合っていて、それが「観測(あるいは観察)」という行為によって1つに定まる、というものだ。この「状態の重ね合わせ」を物理学的に示すものに、量子が「観測」次第で粒子としても波としても存在する、という2重スリット実験がある(粒子と波とでは物理学的な性質が全く異なるので、1つの物質がその2つの性 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

カバラと「生命の木」 4

2017-06-24 10:22:27 | 心身宇宙論
セミナーでやっていることの一部を紹介する「カバラと『生命の木』」は第3回からの続き。第4回は「生命の木」に現れる第1の三角形について。マグレガー・メイザースはケテルについて「無限の光の無限なる大海はある中心から広がったものではない。それは中心を持たないからである。だがそれは1つの中心へと集中する。これが第1の顕現『セフィラ・ケテル』、『王冠』、『最初のセフィラ』である」と述べ、H・P・ブラヴァツキ . . . 本文を読む
コメント

罪と罰

2017-06-17 19:14:17 | 症例から考える
6/14は午後から治療院を閉めて映画を2本見に行ってきた。1本目は日比谷で『怪物はささやく』を、そして2本目は西新井で『22年目の告白―私が殺人犯です―』を。今回は2本とも当たりで、そういう意味では満足して映画館を出たのだが、『怪物はささやく』を見ている途中から頭痛が起こり、『22年目の告白』は頭痛を抱えながら見る羽目になってしまった。私は頭痛持ちなので、こういうことがある。いくつか頭痛が起こりや . . . 本文を読む
コメント

「なんちゃってイマジナリー・ギア(虚数運動機関)」の話

2017-05-31 19:19:32 | 一治療家の視点
先の「位相論的クラニオ、みたいな…」で書いたように、相手から来る情報を受ける部分の位相をあれこれ変えながらバイオダイナミックなクラニオセイクラル・ワークをするようになったら、やたら時間がかかるようになってしまった。それもそのはずで、4位相分クラニオをすれば、単純計算で1位相あたりの処理時間が10分なら40分、1位相当たり15分なら60分になるのだから。そんな時、アニメ『クロックワーク . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

カバラと「生命の木」 3

2017-05-20 12:52:42 | 一治療家の視点
セミナーでやっていることの一部を紹介する「カバラと『生命の木』」は第2回からの続き。第3回となるここから「生命の木」の具体的な話が始まる。「生命の木」を概観すると、「中央の柱」は意識を、右の「慈悲の柱(あるいは慈愛の柱)」、左の「峻厳の柱」はそれぞれ顕現の積極性、消極性を表している。 ヨーガの体系ではクンダリーニが中央の「スシュムナー」管を通って上昇すると意識が拡大すると言われているが、魔法 . . . 本文を読む
コメント

本当のところ、なぜ人は病気になるのか?

2017-05-18 12:57:25 | 一治療家の視点
原題は『Why Do People Get Ill?』なのに、日本語版のタイトルはどうして『本当のところ、なぜ人は病気になるのか?』になっているんだろう(しかも原題にない「本当のところ、」に赤で下線まで引いて)?という疑問が頭の中を今も漂っているが、実は私、この本を最初、図書館で借りて読み始めたが、これは手元に置いておかなければならないと思い、すぐにネットで注文した。これは本当にいい本だ。だが . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

位相論的クラニオ、みたいな…

2017-05-10 13:57:38 | 一治療家の視点
以前、「人体に位相を導入する」という記事をアップしたが、この記事は事実上それの続き、ということになるだろうか。実は、以下に述べることは前の記事に書いたことからすぐに導かれるようなことなのだ。が、それに当の本人がつい最近まで全く気づいていなかった。気づいてしまえば「え、何でそんなこと今まで気づかなかった?」と思うようなことだが、「何かに気づく」というのは得てしてそういうものなのかもしれない。で、今回 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

バベルの塔の力

2017-04-22 16:15:13 | 趣味人的レビュー
ここしばらくは西洋絵画を見ても感じるものが何もなくて、美術展と言えば仏像などばかり見に行っていたのだが、久々に西洋絵画を見に行ってきた。上野の東京都美術館で開催されている「ブリューゲル『バベルの塔』展」である。『バベルの塔』はピーテル・ブリューゲル1世の手になる、美術の教科書にも載っている世界にその名の知られた傑作で、ブリューゲルはニ度この作品を手がけているが、今回来日したのは1作目より小さい、二 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

夜は短し

2017-04-17 20:15:15 | 趣味人的レビュー
アニメ『Ghost in the Shell 攻殻機動隊』シリーズをハリウッドが独自に再構成し実写化した映画『Ghost in the Shell』があまりにもアレで、その口直しを兼ねて劇場アニメ『夜は短し歩けよ乙女』を見た。2016年は『聲(こえ)の形』『君の名は。』『この世界の片隅で』など、劇場アニメの良作が次々と公開されて話題になった年だったが、『夜は短し歩けよ乙女』は続く2017年に劇場公 . . . 本文を読む
コメント

カバラと「生命の木」 2

2017-04-15 12:12:58 | 心身宇宙論
カバラと「生命の木」についての第1回からの続き。まず第1回で述べたことと重複するが、「生命の木」の10個の神聖セフィロトは、アツィルト界(元型界、流出界、神界)、ブリアー界(創造界、座天使界)、イエツィラー界(形成界、天使界)、アッシャー界(活動界、物質界)の4つの世界とそれぞれ接点を持ち、それぞれの界で「神の流出」が起こる。アツィルト界では「神の流出」は10の神聖なる神名を通じて顕現する。ブリア . . . 本文を読む
コメント