深く潜れ(Dive Deep)! キネシオロジー&クラニオセイクラル・ワーク(クラニオ)の蒼穹堂治療室

「ココロとカラダ」再生研究所、蒼穹堂治療室が送る、マニアックなまでに深く濃い、極私的治療論とお役立ち(?)情報の数々。

メルマガは平日ほぼ毎日発行してます。

メルマガでも情報発信中! みんな購読よろしく! 蒼穹堂治療室のメルマガ「『痛いところ=悪いところ』にあらず ~症状の中に体の声を聴く~」 →http://www.mag2.com/m/0001308251.html

代数的トポロジーを治療に用いる

2017-01-07 21:03:26 | 心身宇宙論
2017年正月、やっと田村一郎の『トポロジー』を最後まで終えた。読み始めたのが2015年の夏頃だったので、およそ1年半を費やしたことになる。私がこの本と出合ったのは大学の数学科に入ってすぐだった。もしかしたら、これは自分が初めて手にした数学書だったかもしれない。だからそれを読み終えたことは、私にとっては30年来の宿題をやり終えたような感じでもある。 さて、その田村一郎の『トポロジー』は代数的 . . . 本文を読む
コメント

『オカルト生理学』を読む 7

2016-12-31 17:00:39 | 心身宇宙論
2016年12月31日──本当は今日、帰省するたずだった。 30日夜、年賀郵便を出し終わった後、ドット疲れが出て、その上ゾクゾクと寒気が…。大事を取って早く寝たが、今朝になっても寒気は変わらず、それに頭痛もある。起きられないようなヒドイ状態ではないので、無理に帰れば帰れないこともないが、群馬の実家に1人でいる母親はもうかなりの高齢だ。下手にカゼなんかうつしたらヤバいことになりかねな . . . 本文を読む
コメント

腰痛探検家、あるいは医療業界という魔界

2016-12-20 12:59:11 | 業界のウラ事情
著者の高野秀行は世界の様々な秘境を旅し、それを手記として発表している探検家だが、彼がひどい腰痛に見舞われて、チラシや看板、あるいは知り合いのツテを頼りに回った病院、治療院の世界は、それまで旅したどの秘境よりもずっと深くて異様な魔界だった──この本『腰痛探検家』の内容を短く要約すると、そういうことになる。ここに登場する医師、治療家はいずれも名医、秘医、名人、達人、カリスマ揃い(ただし自称も他称もある . . . 本文を読む
コメント

脳が、震える

2016-12-14 09:37:58 | 趣味人的レビュー
ずいぶん前のことになるが、松原次良(じろう)先生から「オートポイエーシスについて(調べて、それをまとめろ)」という課題が出された。かなり時間がたってしまったので、その課題が今も生きているのかどうかわからないが、これはその中間報告のようなものである。なお、タイトルの「脳が、震える」というのは『Re:ゼロからはじまる異世界生活』の中に出てくるベテルギウスの極め台詞だが、ここではレビューした本のタイトル . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

『オカルト生理学』を読む 6

2016-12-07 22:53:23 | 心身宇宙論
絶版になったルドルフ・シュタイナーの『オカルト生理学』を読み解くシリーズ?の6回目は、人体と意識について。シュタイナーは、高次の超感覚世界を捉えられるように霊的に開発した感覚器官を用いると思考、感情、意志などの心の働きは体内に物質的な過程を作り出すことがわかる、と述べる。例えば、思考は液体状のものから物質を沈殿させるようなものであり、感情は液体を半固体化する過程が体内に生じる、と。つまり強い感情は . . . 本文を読む
コメント

まほいく

2016-11-29 11:46:58 | 趣味人的レビュー
2016年秋期のアニメは不作だという記事がネットに流れているが、個人的には必ずしもそんなことはないと思っている。今回はその中で私が推す1本、『魔法少女育成計画(まほいく)』について書こう。『まほいく』はソーシャル・ゲーム「まほいく」でプレイしていた姫河小雪が突然、現実世界に現れた「まほいく」のマスコットキャラ、ファヴから本物の魔法少女に選ばれたことを告げられる。その言葉に戸惑いながらも、ずっと魔法 . . . 本文を読む
コメント

臨床の現場から 7

2016-11-25 13:16:33 | 症例から考える
紹介でウチに来たその患者(女性)は膝の痛みを訴えていた。ずっと以前から膝に断続的に痛みがあって、寒いと腫れも出て立つのも大変になることもある、と。早速、膝を含め腰下肢の整形外科テスト(理学検査)を行ってみたところ、骨や半月板、靭帯などに物理的な損傷が生じている疑いはなく、大腿四頭筋の弱化などを検出したため、そうした筋肉へのケアを中心に行った。それが1回目の施術だった。2回目の施術の最初に前回施術後 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

内なるシュタイナーを目覚めさせる

2016-11-21 16:16:10 | 一治療家の視点
ほぼ毎月、バイオダイナミックなクラニオによるセルフヒーリング・セミナーというのをやっていて、続けて参加してくださっている、川口にある上川カイロプラクティック研究所の上川充広先生が10月のセミナーの後、facebookにその時の話を投稿されていたので、許可を取ってここに引用する(上川さん、ありがとうございます)。 一昨日の月曜の話ですが。(汗毎月一度、草加市で開業されている高澤先生のセルフ・クラニ . . . 本文を読む
コメント

なにかを成立させることよりも、成立させたくなるなにものかにむけて

2016-11-06 10:43:31 | 趣味人的レビュー
これはブクレコに投稿した『重力との対話 ―記憶の海辺から山海塾の舞踏へ―』のレビューを加筆したもの。 「なにかを成立させることよりも、成立させたくなるなにものかにむけて」──この一言だけで、この本を読んだ意味があったと思った。スピードこそが大事とされ、「取り敢えず何かテキトーにでっち上げてしまえ。そうすれば後は何とでもなる」という時代の中にあって、その対極を行くようなこの言葉と覚悟。これだけでも . . . 本文を読む
コメント

神の数式

2016-11-03 21:35:00 | 趣味人的レビュー
モーツァルトの楽譜にはほとんど書き直しの跡が見られない、というのは有名な話だ。ベートーベンなどは延々と自曲の推敲を繰り返したため、ついには楽譜に余白がなくなり、紙を継ぎ足してそこに書き直していたのだとか。モーツァルトの場合、作曲といっても実際は自分の頭の中に聞こえる曲をただ楽譜に写し取っていただけらしい。そういう意味で彼は「聞こえる」人だった。ところで、あなたはラマヌジャンという数学者がいたことを . . . 本文を読む
コメント