草君の春夏秋冬・花鳥風月

いけばな・季節の花々・散歩道の風景

いけばな222

2015-11-30 | いけばな2

おのづから 染めぬ木の葉を 吹きまぜて 色々に行く こがらしの風 前大納言為家 玉葉和歌集

ユキヤナギ ハラン コギク

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いけばな221

2015-11-21 | いけばな2

うち時雨れ ただよふ雲の 山めぐり 早くも冬の けしきなるかな 入道前太政大臣 玉葉和歌集

立冬もとうに過ぎ、小雪を迎えようとしているのに暖かい日が多いですね。昔の11月はもっと寒かった気がする。

憂鬱な雨も、時雨と思えば、すこしは風雅を感じられるでしょうか。

 

アカメヤナギ トルコキキョウ キク カモツバキ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いけばな220

2015-11-04 | いけばな2

ありて過ぎ 見えてさめぬる 後はただ うつつも夢もかはらざりけり  遊義門院 玉葉和歌集

現実と夢が変わらないわけはない。現実と夢(あるいは想像)はくっきりと違うのだ!と、わたしは常々思っている。

でもあんまりいろいろなことがありすぎると、おなじようなものだわ。。。という厭世的な気分になってしまうのでしょうか。

この自由花は、市の文化祭に出瓶したものです。盛りだくさんに生けすぎて、じつはあまり気に入っていないのであった。。

しかも、文化祭のころは心身の調子がわるく、準備や片付けもほとんど手伝えず、他の作品も見られず、ただこの作品を会場へ運んだだけの文化祭でした。残念。。

ハイドランジア バーゼリア ミツマタ ピンクッション デルフィニューム グロリオサ ゲットー

コメント
この記事をはてなブックマークに追加