草君の春夏秋冬・花鳥風月

いけばな・季節の花々・散歩道の風景

いけばな195

2015-03-16 | いけばな2

アンスリウム トルコキキョウ カスミソウ アスパラガス 異素材

 

先日、静岡AOIにて、良寛によせて 琴弾き歌いと狂言の語りによる「手毬~月の兔」、聲明と能の謡と舞による「無一物の生」を鑑賞しました。真言聲明と天台聲明を初めて聞いたのですが、素晴らしかったです。響きが深くて静か。

良寛の詩や和歌も心に響きました。

 

わが生いずこより来たり  去りていずこにか之く 尋思するも始めを知らず いずくんぞよくその終わりを知らん

現在またまた然り 展転すべてこれ空 空中しばらくわれあり いわんや是と非とあらんや

かたみとて 何か残さん 春は花 山ほととぎす 秋はもみじ葉 うらをみせ おもてをみせて 散るもみじ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加