草君の春夏秋冬・花鳥風月

いけばな・季節の花々・散歩道の風景

いけばな58

2010-03-31 | いけばな2
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アネモネ

2010-03-25 | 花々2
ロイヤルブルーのアネモネが咲いていました。

先日、猫が行方不明になりました。
夜、ベランダから脱出したらしく、家人が皆で懐中電灯を持ってあちこち探したにもかかわらず、みつからず・・。寒い日だったので心配でしたが、明日になったら帰ってくるだろうと、捜索は中止することにしました。

そう遠くへは行ってないとは思いますが、生来の家猫だし、帰巣本能なんて残っているのだろうか、とか、野良猫に追いかけられて迷い、方向すらわからなくなっているのではないか、とか。悲観的なことばかり考えてしまいます。
へそまがりな娘などは、あんな猫(抱っこが嫌いで怒ると噛み付く癖のある)帰ってこなくてもいいよ。などと、言いますので、
わたしも、その言葉で少し救われたような気になって、あした早く起きて探そうと、その日は早めに寝ました。

朝、家のドアのそばまで帰って来ていることを期待していたのですが、その気配もなく。
いてもたってもいられないような気持ちで、猫の名前を小声で呼びながら近所を探し回りましたが、見当たりません。
どこかでなき声が聞こえたような気がしましたが、それも気のせいだったかも。
ちゃんと名前を呼んだら、答えるようにしつければよかった。。と後悔しつつ、時間をおいて、何度か近所を歩きまわりました。
朝6時ころから探し始めて、3時間ほどたったころでしょうか、探し回るのをあきらめて、うちと隣家の境で、少し遠くまで聞こえるように、猫の名前を何度も呼んでみることにしました。うまくいけば、声を頼りに帰ってくることができるかもしれません。

やはりそんなに遠くには行ってなかったのでしょう。
わりあいすぐに、娘が、隣家との境の柵にいる猫をみつけました。
柵に前足を掛けて、光る目でこちらを見ています。
猫の名前を呼んで、ポケットに入れておいたキャットフードで気を引きつつ、娘がえいっと柵を乗り越え、無事捕獲。まったく人騒がせな猫です。

家猫ニャミのはじめての夜遊びは、朝帰りになりました。
いったいどこに行ってたのかしらね。話が聞けたら楽しいのにねーと、母が言いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

諸葛菜

2010-03-23 | 花々2


ショカツサイの花が咲いています。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

連翹

2010-03-22 | 花々2
レンギョウの花が咲き始めた。桜も、もうすぐだ。

花の前で立ち止まって眺めていたら、花の主らしいおばあさんが近づいてきて、
「かわいいら~。」
と、言った。

「かわいいねー。レンギョウ。写真とらせてね。」と、わたし。

*かわいいら~。は、方言で、かわいいでしょう。の意味。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラッパスイセン

2010-03-18 | 花々2
今日は中学校の卒業式でした。
男の子も女の子もみんな泣く泣く。。
卒業生が何人かで、思い出と感謝の言葉を父兄の方を向いて話すのだが、
言葉に詰まる、泣いてしまって何を言っているかわからない子が続出。
わたしが中学のころはこんなことなかったなあ。泣く子はほとんどいなかった。
人前で泣くなんて、青春ドラマみたいで恥ずかしい・・くらいに思ってがまんしてた気がする。
形式じみた代表者の答辞みたいなのはあったような気がするけど。あんまり悲しくなかった。昔は携帯なんてなかったし、同級生との別れはもっと切実だったはずなのに。
逆を言えば、今の中学生の別れは、さほど切実ではないということだ。だって、携帯があるもの。メールだって電話だって、ほとんどなんの障害もなく好きなように使える。(昔は、長電話したり、異性の友達から電話があったりすると、親がうるさかったものだ。)
どんなつたない言葉でも、自分の言葉で思いを語る、表現する。それは思いのほか、やわらかい心を開かせ、自分の気持ちに素直になる機会を与えてくれるのかもしれない。
最後は、卒業生全員で合唱。アンジェラ・アキの「手紙」、GReeeeN「遥か」。
男の子も女の子も一生懸命歌っていた。いい歌で、いい声だった。
何事も本気でがんばることができる。それはとても美しいことだと思った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木瓜

2010-03-17 | 花々2
ボケの花もあちこちで見かけます。スミレも見つけました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白菜の花

2010-03-16 | 花々2
菜の花畑に見えますが、これは白菜の花です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

つくしんぼ

2010-03-15 | 花々2
娘が高校に合格しました。ほっとしました。
思えば長い三年間でした。
思うようになってくれない娘にやきもきしたり、感情的になったり。。
少しずつ、少しずつですが、ありのままを受け入れられるようになっていけたのも親としての成長ではないかと思います。
娘には娘の人生があります。母は、信じて見守っていくしかないのですよね。
つくしがスギナになるように、ここからまたどんなふうに変わっていってくれるのか、楽しみにしています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆきやなぎ

2010-03-14 | 花々2
鶯の初音を聴きました。練習中らしく、まだあんまり上手じゃなかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いけばな57

2010-03-13 | いけばな2
コメント
この記事をはてなブックマークに追加