草君の春夏秋冬・花鳥風月

いけばな・季節の花々・散歩道の風景

一本梅

2008-02-29 | 花々2
里山の野原に凛と立つ 小さな梅。
さみしそうには見えないです。
地も光も ひとりじめだものね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しだれ梅

2008-02-27 | 花々2
枝垂れ梅を下から撮ってみました。


雪の上に 照れる月夜に 梅の花 折りて贈らむ 愛しき児もがも

                         万葉集 大伴家持

雪月花の歌ですね。
大伴家持が酒宴にて詠んだ歌だそうですが、紀郎女を思ったのかもしれないなあと思いました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三椏

2008-02-25 | 花々2
ミツマタの花が咲き始めました。
ジンチョウゲ科。
指がたくさんある妖怪猫又の手みたい。。と、ツボミを見るたびに思ってしまうので、あんまり好きな花ではないのですが。

このごろ演じるとか、自分を作ることに関して、また考えてしまう。
でも、こうありたい自分であるように心がけることは、悪いことではないと思う。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

梅園

2008-02-24 | 花々2
ちいさな梅の木がたくさん並んでいました。


不完全なものに対する美意識(茶の本より)

「花はさかりに 月は隈なきをのみ みるものかは」    徒然草

侘びの心を表わす一首  紹鴎選

「見わたせば 花も紅葉もなかりけり 浦の苫屋の秋の夕暮れ」  定家

侘びの心を表わす一首  利休選

「花をのみ 待つらむ人に山里の 雪間の草の春を見せばや」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春待つ川

2008-02-22 | 風景2
下草に、ほんのわずか 緑が萌えてきています
枯れ草の中に、渡り鳥のツグミを見つけると、こちらも思わず背筋を伸ばしたりして
ツバメは、きっとまだだね
でも、きっともうすぐやってくる 春とともに
時を待つ川のほとりで ひとりたたずみ あのひとを思うのです
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

松葉

2008-02-21 | 花々2
どういうわけで ちくちく うずうず いたむのだろう

  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タタタン

2008-02-19 | 風景2
あたまの上を通り過ぎる車両 タタタン タカタン タタタン
このままふたりでどこかへいきたい などという たわごとを書いてみる夜
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ささらさら

2008-02-16 | 花々2
きんとひえたそらと かぐわしいうめと ちいさいとりたちをめでながら あるく
ささやかで おだやかな わたしのしあわせ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雲は流れる

2008-02-15 | 花々2
とても風のつよい日だったので、雲はかけあしで行ってしまいました。

このごろ、BShiの「日めくり万葉集」を、楽しみに見ています。
朝、6:55~7:00までのつかのま、万葉のいにしえに思いを馳せます。
忙しい時間帯なので、見逃すことも多いのですが。

昨日の一句。

久方の 月夜を清み 梅の花 心開けて我が思へる君   紀郎女

人妻の紀郎女が、年若い恋人の大伴家持に送った恋の歌です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冷凍寂枯

2008-02-14 | 風景2
スキーに行ってきました。
さむかったー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加