草君の春夏秋冬・花鳥風月

いけばな・季節の花々・散歩道の風景

秋の茶会

2016-10-08 | 風景2

デパートの各流派茶会に、母と出掛けて来ました。宗徧流の先生が本席の担当でした。お軸は、「秋空一声雁」流派好みの日月棚で、古伊万里の鳥獣戯画模様の水壺が満月で遊ぶような風流な秋らしいお席でした。お次客様の森岡嘉祥作の菊のお茶碗も素敵だった。わたしはお三客に座らせていただいたので、かわいらしい奈良絵の馬上杯で一服いただきました。お茶は、龍門堂さんの「藤の白」。お菓子は、叶匠寿庵の、萩のお菓子。姿も素敵で美味でした~。お棗も蓋裏にマツムシが隠れていたりして、見応えがありました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いけばな248 | トップ | いけばな249 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

風景2」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。