草君の春夏秋冬・花鳥風月

いけばな・季節の花々・散歩道の風景

いけばな268

2017-04-21 | いけばな2

フトイ ベロニカ ベニバナ クジャクギク ニュウサイラン

 

横山幸雄&伊藤悠貴SPRING RECITALへ行ってきました。

バッハ  無伴奏チェロ組曲第一番「プレリュード」

エルガー 愛の挨拶

ラフマニノフ  ヴォカリーズ

ショパン バラード第一番ト短調作品23

リスト  リゴレット・パラフレーズ

ラフマニノフ チェロソナタ ト短調 作品19

サンサーンス  白鳥

ラフマニノフ  春の水 作品14=11(伊藤悠貴徧)

 

二人の軽快なおしゃべりがおもしろかった。クラッシックのコンサートでの演奏者は、あまり話さないのが普通なんだけど。拍手の仕方(クラッシックの聴くときの作法)も心得ないような田舎者の聴衆でもにこやかに許してくれて(たぶん)ちょっと気恥ずかしいような気持ちだった。ああいうのって演奏者としては調子狂うんじゃないのかな。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 銀閣寺 | トップ | いけばな269 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。