草君の春夏秋冬・花鳥風月

いけばな・季節の花々・散歩道の風景

いけばな269

2017-04-29 | いけばな2

桜の一種生けです。

少し前のお稽古で生けたものです。

義父が亡くなりました。たくさんの病を抱えた義父は、口から物を食べられなくなって一月、延命処置を拒んで、でも眠るような最後でした。命の灯が消える瞬間を看取ることができてよかった。

願わくば 花の下にて春死なむ その如月の望月のころ  西行法師

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いけばな268 | トップ | 南禅寺 流祖三百十回忌法要茶会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

いけばな2」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。