心身徒然話

治療家から観た心身や日頃感じた事柄を書きとめました。
(左にあるブックマークの「創健整体治療室」から概要に飛びます)

創健教室

2017-03-08 09:27:07 | Weblog
3月26日(日)「自分の健康は自分で」を主旨に開催いたします。
日頃の健康管理ならびに健康増進に役立ててみませんか。勉強内容を記しますので、興味のある方はお気軽に参加下さいませ。
お待ち申し上げております。
●無意識(錐体外路系)の体操の指導
身体の動きには大きく分けて二通りの動きがあります。
意識的に動かす動き(錐体路系)と無意識に動いている動き(錐体外路系)で、これは私達の生命を維持する働きの大部分を司っており、内蔵などの無意識の働きなどはこの良い例です。
その無意識の働きをもっと活発にし、自然治癒能力を高め元気溌剌とした生活を取り戻すための体操が「無意識の体操」です。
基本的には畳の部屋で正座で出来るため場所も取りませんし、
お年寄りから子どもまで出来る優しい体操です。
この体操を身に付け健康的な生活を送りませんか。
●氣功の練習
氣は誰でも持っている能力で特別なものではありません。
訓練しだいで誰でも自分や家族の健康管理に使えるようになります。
「手当」と言う言葉があるように昔から無意識に使っていました。
もし、急に子どもがお腹が痛いとかいったらお母さんは本能的に自分の手を子どものお腹に当てているでしょう。
非常に原始的なものですが、その手に氣を込めることによりその子どもの本来持っている能力に感応してお腹の痛みを快復に導きます。
お互いに持っている能力を高めて家族の健康維持に役立ててみませんか。
● 骨盤の歪みリセット体操の指導
私たちにとって骨盤は家でいえば土台と同じといえます。
その土台が傾いたり崩れたら家は崩壊してしまいます。
体もバランスを取るためいろんな処に歪みが現れ、それが元で体調を壊したり痛みを感じたりします。
そこで、自分で出来るリセット体操で安定した骨盤をキープしませんか。
◎注意事項
1. 無意識の体操に関して、身体に異物(金属・ペースメーカーなど人工の物、歯の金属は大丈夫です。)が入っている人は身体が異物として認識し体外へ出そうと働き出しますのでこの体操はお進めできません。(コンタクトは外してください。)
2. 服装は動きやすい服装でお越し下さい。
3. 集中力が要り静かな環境が必要ですので、小学生以下の参加はご遠慮ください。
4.汗を拭いたり、うつぶせの時に使用するタオルかハンカチをご用意ください。
日 時:3月26日【日曜日】 午後1時~約2時間
場  所:創健整体治療室
    東京都目黒区祐天寺2-3-2シティハイツ祐天寺103
        TEL 03(3760)2797
参 加 費 用:2、000円(当時受付)
定 員:8名限定 予約受付中 25日午後3時まで受付いたします。
連  絡  先:創健整体治療室(東京都目黒区祐天寺2-3-2シティハイツ祐天寺103)
        TEL03(3760)2797
        E-mail:soken@s-o-y-a.com
交     通:東急東横線「祐天寺駅」徒歩2分
交     通:東急バス 三軒茶屋・JR目黒循環
        祐天寺駅下車徒歩2分
   
当治療室へのアクセス
●東急東横線でのご来室
 ホームより階段を下り、改札を出て駅前のロータリーに出てください。
 駅を背にして左側にみずほ銀行が見えます。
 その右並びの1階にケンタッキーがあります。
 その角を左折すると右側にセブンイレブンが見えて来ます。
 その角を右折し、ナンカ堂の前を過ぎその並びの電気屋さんの角を右折すると
 奥に磨りガラスの大きい窓が見えて来ます。
 その隣の磨りガラスのドアからお入り下さい。
●東急バスでのご来室
 祐天寺駅には、三軒茶屋~JR目黒循環の東急バスがございます。
 どちらからも、約20分ほどで祐天寺駅前に到着します。
●お車でのご来室
 当治療室には駐車スペースはありませんが、当ビルの向かいが有料駐車場で
 すのでそちらに止めることが出来ます。     
 その他にも駅周囲にはいくつか有料駐車場がございますので、比較的便利です。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「まるごとにっぽん」に行っ... | トップ | 3・11どんな日にしましたか。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。