オカシのキモチ

食べ歩き・食イベント・家ゴハン・犬・散策...
そして一日限定カフェ。
食いしん坊夫婦の備忘メモ。

お得な切符『青春18きっぷ』の旅 2016冬(千葉篇その3 成田参道の土産処)

2016年12月29日 | ├ 千葉県
昨今では“年末の大掃除”なんて言わず、小掃除と呼ばれるそうで...
この時期に一気に片付けるのではなく、ヨゴレを蓄積させて大事になる前に
日頃から整理整頓と掃除を心掛ける人が増えたのかもしれません。

今日は妻が仕事なので、自宅に一人籠城...せっせと掃除と家具の配置換えをしていたところ、
ふと学生時代に初めてしたハウスクリーニングのアルバイトを思い出しました。
ほぼ無音の部屋で黙々と掃除するなんて、よっぽど好きだったのかもしれません(空しいのでテレビをつけました:笑)

さて、先週末に決行した「青春18きっぷ」を使った“成田ぶらり旅”は、ほぼ目的を達成し、行き当たりばったり(=Happy Go Lucky)なカンジで成田参道の土産処を散策

うなぎに限らず、地酒、煎餅、漬物、竹細工など参道に軒を連ねる様々な店を覗きながら歩くだけでも楽しいもので、立ち寄って手にした土産を紹介します




川豊で上うな重、三芳屋で甘味を堪能したところではありますが、
"栗羊羹"発祥の店として名高い「なごみの米屋」は外せません。
 
明治32年の創業以来「極上大棹羊羹」や「ぴーなっつ最中」等、
こだわりのお菓子やお土産の製造・販売をしているのですが、ちょっと立ち寄ってみたくなるのが"新名所"「成田羊羹資料館」。



▲本店正面から店内を通り抜けた裏手に静かに佇む洋館と昔なつかしい郵便ポストがお出迎えw

1階は企画展示、2階では主に米屋の歴史と羊羹のルーツ、
そして日本各地の羊羹や懐かしいパッケージ・看板・ポスターが展示されています。

中でも、戦地に慰問品として送った缶詰の羊羹や、
それに対する礼状(軍事郵便)のコーナーが印象的でした。
(お中元でお馴染みの水羊羹の缶詰めみたいな)



▲こちらも名物?の大護摩羊羹は1箱100円のおみくじなんです

屋号の「米屋(よねや)」とは当初米穀販売業を営んでいた米(こめ)屋が由来。
屋号だけでなく、成田で栗羊羹?と疑問に思いましたが…
成田山参詣の土産として、創業者の長藏氏が新勝寺の精進料理・栗羹をヒントに芝栗を使った栗羊羹を開発、販売したのが始まりとのことです。


▲おみくじ羊羹の中はチューブに入った練り胡麻羊羹3本とおみくじが封入

地域に根ざした企業が主宰するこういった施設には、
その企業ならではの持て成しと発見が詰まってますね。



▲成田まいり 詰め合わせ

表の本店に戻り、種類豊富な和菓子から何を土産にしようか迷っていたところ、
成田まいり」と書かれた"詰め合わせ"を発見!
------------------
*なごみどら焼き(粒餡をふっくらした皮で挟んだ和生菓子)
*栗籠(柔らかく炊き上げた一粒栗を渋皮栗ペーストを練り込んだ生地と餡で包んだ饅頭
*千葉銘菓 なごみ鯛(こし餡をミルク風味のしっとりとした生地で包んだ鯛を模った饅頭)
*ぴーなっつ最中(ピーナッツの甘煮を煉り込んだ餡を挟んだ落花生の形の最中)
*ひとくち羊羹 煉(こし餡の羊羹)
------------------
色々と摘まめて、これは有難いお土産でした。


▲「八ツ目うなぎ・川魚・割烹料理 下田康生堂」と元々は鰻専門店

そしてもう一つ、名物品を求めて立ち寄ったのはベーカリカフェ「下田康生堂ぱん茶屋」。

看板が二つあるように、元は1971年に鰻屋として創業したものの、稚魚の不漁による価格の高騰もあって敢え無く店じまい。
その後、海外で料理の修業を積んだという現在の店主が「下田康生堂ぱん茶屋」として再出発させたそうです。



▲成田山名物のうなぎパンと昔懐かしいコッペパン

で、こちらの名物は「下田康生堂」時代の味を引き継いだという「うなぎパン」(615円)。
多い日は一日100個近くも売れるとか。



▲中身は鰻の蒲焼と鉄砲漬け

半分に割ってみると、しっかりと存在感を放つ蒲焼き(うなぎ40g)と、これまた成田名物の鉄砲漬けがご満悦…
海苔・山椒を絡めたホワイトソースと和えているので、思いの外マイルドな味わい。
パンとしては少々高価ですが、うなぎの蒲焼き土産にすると思えば、お手軽かもしれません。
ごちそうさんでした。

改めて店頭を確認すると、「おまかせランチ(615円)」という気になるメニューがありました。
その名の如く店主お任せのパン4種にミニサラダ・スープ・シュークリームがセットになったプレート。
これは次の置き土産ということで。

(つづく)
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お得な切符『青春18きっぷ』... | トップ | お得な切符『青春18きっぷ』... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。