オカシのキモチ

食べ歩き・食イベント・家ゴハン・犬・散策...
そして一日限定カフェ。
食いしん坊夫婦の備忘メモ。

新たな聖地となるか!? JR南武線 南多摩駅「ヤッターワン/稲城なしのすけ時計台」

2017年06月15日 | ├ 東京都内
ヤッター!ヤッター!ヤッターマ~ン!ワォ~ン!

の掛け声でお馴染み(だったかな?)のヤッターマンに登場する犬型メカ「ヤッターワン」を模ったモニュメントが稲城市はJR南武線「南多摩駅」前に設置されたのは4月後半のこと。

ヤッターマンとはタツノコプロ制作のタイムボカンシリーズ第2作目に当たり、当時はなんと全108話が放映されたそうです(しかも2年間の平均視聴率は驚きの20.1%!)
その後もリメイク版、劇場実写版、続編、情報番組のスピンオフ版など未だ人気のあるシリーズでしょうか。



▲市のキャラクター「稲城なしのすけ」の時計台も新設

これまた唐突な感じがすると思いますが...
リアルロボットアニメ「機動戦士ガンダム」シリーズの登場メカを手掛けた“メカニックデザイナー”こと大河原邦男氏の出身地が、ここ稲城市。

メカニックデザイナーというだけに、こんな可愛らしい犬型ロボットもデザインしていたのです。



▲モニュメント後方には掴まって記念撮影ができるようポールが設置

前述のように、彼の数々の功績と知名度に肖り、
稲城市は「大河原邦男プロジェクト」と銘打った“まちづくり”の一環として、隣の「稲城長沼駅」に設置されたガンダム&シャア専用ザクに次いで、今年は南多摩駅前にヤッターワンを整備。



▲除幕式を見るのは諦めて一時撤退して食事へ

除幕式には大河原邦男氏と、アニメでヤッターワンを担当した声優、山寺宏一(山ちゃん)氏がゲスト出演し、駅前は大賑わい



▲モニュメントを寄贈したのは地元企業の日本フィルコン株式会社

トークイベントの質疑で、大河原氏はモニュメントについて「子どもたちに楽しんでほしいので、可愛らしく作ってもらった」と紹介。
山ちゃんは「自分のやったキャラクターがモニュメントになったのは初めて。めちゃめちゃうれしいんだワ~ン」とヤッターワンの声で喜びを叫んでいました。

生声はやはり迫力が違いました(笑)




去年設置されたガンダムとシャア専用ザクのモニュメントに比べると、小柄で親しみやすいフォルムながら...やっぱり何だか唐突な印象。

市の経済観光課は稲城長沼駅の2体と合わせて「市内を回遊する観光につなげたい」と話しているそうですが、キャラクターに囚われることなく、駅前を有効に使ってヒトを集める魅力的なイベントプログラムの開催を考案してほしいもの。

稲城市スタッフの手腕に期待しています


【おまけ】
あまり見かけない和食ファミリーレストラン「和食わへい」でブランチ。
華屋与兵衛と同じグループのようです。


▲天丼

▲あんみつ

ちょっと距離がありますが、次回は朝食バイキングを利用してみたいですね。


【過去の記事より...一年経つのは早いですね】

*[新たな聖地となるか!? JR南武線 稲城長沼駅「いなぎ発信基地ペアテラス」/ガンダム&シャア専用ザク]
『散歩』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 元祖担々麺屋『蒼龍唐玉堂(... | トップ | 華麗なる週末に向けて...... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。