オカシのキモチ

食べ歩き・食イベント・家ゴハン・犬・散策...
そして一日限定カフェ。
食いしん坊夫婦の備忘メモ。

一泊二日のグルメ旅行(小田原・箱根編6 小田原のアジフライ)

2017年04月23日 | ├ 神奈川県
少し肌寒い季節まで遡った小田原・箱根界隈の旅行記をお届けているところ、
この週末はその光景を思い出すには充分なほど気温が下がりました...(もう寒すぎ)
季節としては既に春のはずですが、まだまだ三寒四温を実感するような急激な冷え込みがあるので体調管理をしっかりして温かい春を迎えたいですね。


さて、旅行二日目は箱根千石原プリンスホテルにギリギリまで滞在してのチェックアウト。
送迎車で小田原駅に到着した頃は既に昼時でしたね。

途中途中を省いてはいるものの、連載タイトル通りグルメ旅行ですからね。

もう胃袋の中は消化完了してスタンバイOKなワケで(笑)




特に予備知識や下調べもないままに小田原駅界隈を散策したところ、自分たちの嗅覚だけを頼りに立ち寄ったのは『ぐいのみオハシ』という地酒居酒屋。

只々“美味しい魚が食べられれば”と軽い気持ちで決めたワケですが...
こちらは50種類もの日本酒がセルフで飲み放題という驚愕のサービスが売りモノ。
品数も然ることながら希少な名酒もあって、ショーケース内の日本酒を自分で注いで飲めるようです(イヤイヤ、我が家は無理ですって)

さすがに昼呑みなんてしないので、お昼のお品書きを拝見。
-------------------------
*マグロ三昧山盛り丼
*日替り定食
*小田原名物!アジフライ定食
*こだわり素材 マグロづくし膳
*鉄板!海鮮ミックスフライ膳
*相模湾湘南 お刺身御膳
*小田原地魚 海鮮丼
*柔らか赤身肉 和風牛ステーキ定食
*ネギトロ丼と大きなアジフライ定食
*ネギトロバラちらし丼
-------------------------
先述の“セルフ飲み放題”を聞かなかったことにすると(笑)、とても魅力的なラインナップから
妻と分け合うのを前提にこちらを注文しました。



▲相模湾湘南 お刺身御膳

御膳というだけに、6~7種類、14~15枚はあろう刺身がテンコ盛りなこちらは近海で揚ったモノを使っているだけに新鮮な味わい。
さらに小針二品も付いてボリューム満点。



▲小田原名物!アジフライ定食

小田原といったら、やはりこれでしょう...
アジフライは厚めに纏った衣のサクサク食感よろしく魚の身はフワッとした歯応え。
一番人気というだけに、これは旨かったですね。

魚介類のオカズも然ることながら、特筆すべきは定食のゴハンでしょうか。
地元小田原の契約農家米[はるみ]を蒸籠で提供し、蓋を開けると“炊き立て”のようなツヤツヤとした井出達。

総じて“小田原感”満載のお昼は、まさかの蒸籠ゴハンが一番のインパクトでした。



▲食後のデザート「パンナコッタ」も非凡な味わいでしたw

ごちそうさんです...

旅先で何の気なしに立ち寄った店ですが、ここの蒸籠ゴハンは美味しかったですね

(つづく...)


【過去の記事より...とは言ってもコチラもスゴイですw】

*[名物!「アジフライ定食」...二代目 魚屋町 その13@田町]
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一泊二日のグルメ旅行(小田原... | トップ | 一泊二日のグルメ旅行(小田原... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。