島根県伝統の炭焼き 桑炭会

島根県で伝統的な炭焼きをしているグループ、桑炭会の活動状況です。
自然環境保全をしながら木炭販売もしています。

2日目、焚口閉鎖

2017-03-06 17:37:43 | 活動報告

朝9時の温度測定が第1号、丸1日ちかく焚いて上がった温度は62℃。煙道の蓋を取

り外し通風孔も解放の状態にして焚き木を投入し枝木に点火する作業を続ける。朝

一番はかなりきつい刺激臭があったらしいが、一時納まり午後からまた臭いが出てくる。

枝木への点火確認の方法は種々の説があるようだが、桑炭会には幼少の砌(みぎり)か

らの経験者が多いため個人の判断に委ねられている。概ね80℃前後が数時間連続し

て焚き木を入れなくても温度が下がらないとされているが、概ね80℃の判断にしても76℃

の人もあれば限りなく80℃を目指す人もある。こんな幅はあっても全体の流れの中で外し

てはならない事を守れば大きな失敗はないようだ。何年、見聞きしても会得することが難

しい、ここに炭焼きの奥義があるようだ。

さて、今回の点火目標は80℃を目指したものの、ここのところ点火とみなされている78℃

を1℃超えたところで妥協した。これと同時に木酢液の採取を始めると待ってましたとばか

りに筋を引き音を立てながらタンクの中に落ちていく。

18時に先達が焚口閉鎖の作業に出かけることになった。

                今日の温度推移


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 急きょ、炭焼きが始まる | トップ | 材料調達と炭焼き3日目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。