島根県伝統の炭焼き 桑炭会

島根県で伝統的な炭焼きをしているグループ、桑炭会の活動状況です。
自然環境保全をしながら木炭販売もしています。

最短の窯籠め

2017-03-20 17:00:00 | 活動報告

昨日の報告以降、更に温度調節と監視は続き最終21時30分(温度は264℃)に調節

した状態で3日目の夜を過ごすことになった。この状態は思惑通り夜中に急激な温度

上昇や変化を招くことなく朝5時で305℃になっていた。煙突上の小枝を減らし通風

孔を調整し今度は温度上昇を促す。8時には煙突、通風孔を全開し精錬の開始。

以後は温度上昇、煙減少、煙突内部の白色化と窯籠めの条件が整っていき10時には

今までの最高か、それ近くの378℃に到達しここで窯を籠め消火作業に入る。

今回の炭焼き過程を振り返ってみると(一昨年から)一番短い炭焼きで、肝心の木炭が

どのような質になっているのかで・・・窯出しが楽しみ

次の炭焼きが予定され、取り敢えず24日に材料調達の山行きが決定。

                                   煙突からは水蒸気が出ている

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝から急上昇 | トップ | 炭木の調達、山行き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。