ぐうじののほほん

山形県長井市の總宮神社ぐうじの個人的日々を綴った日誌です

北海道へ(プロローグ)

2017年07月12日 09時58分28秒 | バイク

こんにちは

意外に雨の降っていない長井市です・・・

皆様の地域では如何ですか?

月曜日午前2:00

長井市を出発

東北道下り前沢SA

ここで一回目の給油

東北道下り岩手山SA

いつもこの辺で夜が明けてきます

ここから青森市内まで給油所がないので入れます

深夜帯にガス欠では路頭に迷いますからね

東北道から青森道へシフト

早朝の岩木山

また岩木山に出会えた

今シーズン、もう一度来たいものです

ここで少しメンテ・・・

夜間走行はこんなものです 

ふと・・

横のトラックを見ると・・・

洗車機が2分割でつまれています・・・

   

こうやって運んでくるんだぁ

さ、移動します

はい、疲れたというか、眠いです

         

終点を降りてフェリー乗り場をスルーしてアスパムまで

青森港のランドマーク

アスパムわきではねぷたの展示をしていました

朝、早すぐぎてみれませんでしたが、青森に来たらぜひアスパムに

このカーテンの中に大迫力のねぷたが勢ぞろいしています

フェリー埠頭へ

まずは受付に

混み合う時期のスマートチェックイン

ここが津軽海峡フェリーの受付

3Fからヘンリーを見下ろします

Webで予約していたので簡単に終わります

この日は3台

うち一台の、GSRはなんと山形ナンバー

   

河北のKさんでした

いろいろお話ができてよかったっす

   

さ、フェリーに入ります

基本、最初に入って、最後に出ます

え~~・・・

  ゴッホン!

   誰でも簡単にできることです

全部係りの人がやってくれます

ライダーさんは従って入れるだけ

ローギアで、ハンドルロックすればOK

フェリー未体験のライダーさん

おもしゃいですよ~

ワクワクでトライしてみてくださいね

さ、出港しました

お天気に恵まれた津軽海峡

デッキが気持ちいいですよ

さっきのアスパム

埠頭

青森港を出港7:30

函館には11:30に接岸予定

青森→函館で距離にして120kmだそうです

バイクで走ればあっという間なんですけどね~

そんなことを思いながら時間を過ごします

レインボーブリッジ・・・

だったかな 

下北半島側

三角の建物がアスパム

潮風に当たる出港時

山育ちの人間には気持ちがいいです

こっちは津軽半島側

こっちが下北半島

船内に食堂はなく自販機

たくさんメニューがありますがカツサンド

チンして朝ごはん

ま・・・

こんなものでしょう

            ごちそうさまでした

んでんで、客室は・・

スタンダード、一番安い部屋がこれです

ぐうじの荷物はこれだけ

部屋は貸し切りですね

ジャケットにも虫・・・ 

さ、函館が見えてきました

北の大地です

これが函館山

皆様にはステキな午後をお過ごしくださいませ

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 盛夏 | トップ | 北海道へ(北のグルメ編) »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
北海道プロローグ (Douglas 0462)
2017-07-12 20:36:58
安全運転でご帰宅、お疲れ様です。

ぐうじさん的ツーリングは

遠方でもなにか、せわしないんですね。(((^_^;)

お仕事からやむを得なく様ですが。(T_T)

前の九州もですが、

荷物はヘンリーにどうやって積んだのか、

気になった次第であります。φ(..)
てぶら (ぐうじ)
2017-07-12 23:02:23
ダグラスさん

こんばんはです(*'▽')

基本せっかちだし、時間がないのに作ってるので、ギリギリ人生です(*'▽')

なので荷物も要らないです(*'▽')

九州ツーに行ったとき・・・

違和感を感じた光景がありました・・・

名神で前を行くマスツーのバイク全車両に・・・

トップケース&パニア・・・

スタイルのいいバイクに( ゚Д゚)

バイクって、もっと気軽にオーナーを目的地に連れてく乗りものであってほしいという思いがあるぐうじには、見たくない光景でした・・・

あ・・・

全否定ではなく、それはそれでよく、ぐうじはNGなだけです・・・

反骨精神じゃないですが、デザイナーが作ったフォルムで走りたいですね~

もしくはそれ以上にステキに(*'▽')

また手ぶらで四国を目指します!

ステキな夜を(*'▽')
プロローグ (Douglas 0462)
2017-07-13 11:09:52
確かに、トップケースやパニアケースの

取り付けを想定していないデザインに

後付けで付けるとスタイルが崩れます。

特に国産車の場合、アンバランスになります。

ヤマハのFJR1300みたいなのは例外ですが。

ぐうじさんの気持ちわかります。

違和感を感じる方、結構見えますもの。

BMWのKシリーズのツアラーやGSの様に

ケースの装備前提のデザインならばスタイルが

スポイルされなくて

よろしいのではないでしょうか。

スタイルが崩れても荷物をケースに

適当に放り込めるんでそれはそれで

使い勝手が良いんですよ。

私は病みつきになりました。

TT -Raidにも大きなトップケースを付けてます。
カッコ悪いけど。(((^_^;)
ありがとうございます。 (ぐうじ)
2017-07-13 11:18:36
ダグラスさん

ダグラスさんのコメ・・・

すべてごもっともです!

ありがとうございます。

そう、感じてくれている方がいるだけでうれしくなります。

トップケースもパニアもいいと思います!

便利だし、それでお宮にたくさんのお土産を持ってきてくれる方もいます・・・

カッパやジャケットがあればより安全ですものね。

単に、ぐうじはつけないスタイルというだけです(^^)

収納があれば病みつきになるのはわかりますね。

かくいうぐうじも、今、るぅさんの為にパニア付きのツアラーを探していますよ(^^)/

ありがとうございました(^^♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL