ぐうじののほん

山形県長井市の總宮神社ぐうじの個人的日々を綴った日誌です

佐渡へ2016(大佐渡スカイライン編)

2016年10月17日 21時22分26秒 | バイク

こんばんは

先日の佐渡ツー

佐渡金山からK463、そのまま上がるだけです

今回のツーの一番の目的「大佐渡スカイライン」

佐渡の中心部にある妙見山を縦断するクネクネです

頂上付近からは佐渡のまちや海が一望できます

ここは佐渡金山から登って一番見晴らしのいいポイント

ここまでは、本土のくねくねと同じで山の中をただ走っている感じです

ここからは佐渡の独特な島の形が一見してわかるナイスポイント

大佐渡スカイラインのくねくねはかなりタイトで走りがいがあります

クネクネの中に微妙にバンク、スパイラルしているコーナーがあり、おもしゃいです

奥~の山に微妙にクネクネの航跡があるのがわかります?

走り飽きるほど長いくねくね

だけど、走り始めから終わりまで何の施設もなく、何かあったらちょっとたいへんですね

金山側、相川町方面から上がりましたので、そちらの岬や海辺の町が一望できます

天気にも恵まれ走れてよかった

大佐渡スカイラインも秋の様相

頂上付近

この辺から紅葉が始まっている様子が伺えます

この看板からもう少しで頂上

日本海のブルーが深いです

この山頂のレーダーが・・・

加茂湖の奥に見える白いポチョです

ここは平たん路

快晴です

ここからは佐渡の両方が見渡せます

左手に日本海

ロシアは見えませんよ

そして駐車帯へ

貸し切りです

ここ展望台でタイヤチェック

リアタイヤのサイドの溝がなくなっています 

右手にはR350が縦断する佐渡の市街地と田園

この日入港した両津港まで見えますね

見晴らしのいいクネクネで、停まってばりです

少し走るとまた両津港側が見えて停車 

佐渡のくねくね・・・

すごいです

佐渡平野といったらいいのか、田園は本土と変わらず米どころ新潟を実感するに十分です

こうしてみたら島なんて思えませんものね

ふもと付近にある唯一のレストハウス

ここも見晴らしがいいです

ジャケットが要らないぐらいなので・・・

フロントタイヤが溶けています 

さ、目標達成

次の目的地へ移動です

皆様にはステキな夜をお過ごしくださいませ

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 佐渡へ2016(佐渡金山編) | トップ | KATANAの維持 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんぢは〰💦💦 (ken2)
2016-10-18 16:08:40
転けなくて良かったっすね〰❤


こっちは今日DT で転けて来ました💦💦
山形県と福島県境で・・・・・

それも人っこ一人いない山奥の林道で


堰堤の川渡り
石で前輪跳ねちゃってさ
堰堤下の滝壺に落っこちちゃったよ〰💦💦
160センチ程の滝壺で首まで漬かって全身びしょ濡れだっす

ガハハハハハハ〰💦💦

この寒空に溺れるところだっただし

それでも怪我無し子ちゃんなんです

1時間程山道を歩いて車を拾い電波の届く場所まで乗せてもらい 

バイクやにSOS し

引き揚げてもらたっす

ウハハハハハハ不死身でした🙋

御守りのおかげです👍
ありがや〰ありがや〰👏

御互い転倒には気を付けましょう〰ね

ガハハハハハハ〰笑っちゃいますよ〰LaLa🎶
まじっすか??? (ぐうじ)
2016-10-18 19:47:01
ken2さん

おおおおおおお~~~

マジですかぁ~~~

よくぞまあ、ごぶじで

ちょうど今日の夕方、飯豊の散居集落の展望台に行ってきたんです

ken2さん、こんな道良く走るなぁ~

って、思い出していたら・・・・

滝壷って・・・

まったく不死身というか守られているというか・・・

1hも歩きましたかあ

怪我もないなんてすごいことだし、車も拾えたんですね~

強い何かに守られていますね

お身体もDTも心配ですが、ご自愛専一にお過ごしくださいませ

いや~~、びっくらこいた

笑っちゃいますじゃないですから

さむぐなってきましたが、何時かそん時の話、聞かせてくださいね、な、夜をお過ごしくださいませ

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL