宗恒の茶庭

「茶道 思いつくまま」や「和の美術」など

夏休み読書

2017-08-08 08:22:28 | 茶道

2週間茶道教室を夏休みにしました。

早速図書館から本を借りてきました。茶道に関する本コーナーで幾冊か選び、後はエッセーのコーナーから何冊か、そして最後には西村京太郎のトラベルミステリーを一冊選びました。
今は一回に10冊くらい借りられます。
夏休みなので館内は子供たちが多いです。椅子席(長椅子)は年配の男女でいっぱい。中にはスマホをしている人も・・いけませんよね。ちょっとした隙間を探して座らせてもらいました。ここでちょっと調べたい本を見てメモ。

最近老眼鏡を使うようになりました。私の年では遅い方です。老眼鏡を使うとはっきりみえて読書もはかどります。今まで無理して裸眼で頑張ってきたこと反省です。

夜寝る前に本を何ページか音読することにしました。今はひろさちやの「自分の中の大事なもの」を数章 音読しています。音読すると理解しやすいし、喉の筋肉も鍛えられる…。

私の本棚には茶道に関する本が三段占めています。今まで読んだ本も再読すると忘れていたこと多々です。

この2週間の夏休みを有効に過ごしたいです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白雲抱幽石 | トップ | 孫と上野へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。