宗恒の茶庭

「茶道 思いつくまま」や「和の美術」など

RYUSHI川端龍子-超ド級の日本画展 @山種美術館

2017-07-16 12:49:14 | 美術

龍子没後50年記念の展覧会です。
龍子の絵は迫力あるスケールの大きいものです。

確かに「代表作《鳴門》は一双六曲の屏風に色彩は青と白で単純なのですが、力強く渦が描かれています。そこに一羽の海鳥が飛んでいるのも臨場感を増しています。


また、これと似たような《黒潮》は荒々しい群青色の海に七匹のトビウオが羽を広げて飛んでいますが、これも望遠レンズで切り取ったような画です。

《鯉》↑の画も何枚かありましたが、写実的で素晴らしいです。

俳句もされていて(ホトトギス同人)、自句に画を入れた短冊もいくつかありました。

また、年賀状も十二枚それぞれのウィットの富んだ干支の絵が描かれていて、もらった方はどんなに嬉しかったことでしょうと思いました。ご家族の方もこれがもらいたくて、龍子宛てにわざわざ年賀状を書いて返事をもらったというエピソードも・・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっと茶道に自信が・・ | トップ | 楽しみの書 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

美術」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。