宗恒の茶庭

「茶道 思いつくまま」や「和の美術」など

振出のお菓子

2017-05-19 07:07:04 | 茶道


今月は茶箱の稽古をしています。
振出しの中に入れるお菓子ですが、入り口が小さいのでなかなか何を入れたらよいか迷います。
金平糖も小さいものがありますが、固いのでちょっと・・・。
今は麦チョコを入れてますが。洋風の味でこれもちょっと・・・。
干しブドウを入れたこともありました。
甘納豆も試したことがあります。

口が小さいのでお菓子が出にくいです。そこで思わず振ってしまいます。だから「振り出し」というのですね。
懐紙の隅を折って振り出したお菓子が畳に飛び出さないようにしますが、畳にコロンと飛び出し皆の笑いを誘います。皆同じ経験をするのでなごみの笑いです。

茶箱が考案されたときは何を入れていたのでしょう?やはり金平糖?豆?種?

薄茶にピッタリ合う小さい気の利いたお菓子の探求は続きます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奈良西大寺展  三井記念美術館 | トップ | 近代日本画展 五島美術館 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。