宗恒の茶庭

「茶道 思いつくまま」や「和の美術」など

生徒さんの送別会

2017-06-29 11:36:05 | 茶道
関西に引っ越される生徒さんがわが社中での最後の稽古に見えました。
濃茶付き花月を始めにしました。スムースに進みましたが、3服めで折据を角掛(すみかけ)に回すのを間違え残念!急遽4服点てに変則的に変えました。
”花月100回朧月”といわれますが、結構何回もしているので分かってきてはいますが、ちょっと油断すると間違えてしまいます。



次は平花月・・これは大変スムースに出来ました。「月札」に2回当たった方がいましたが、こういうことが起こるので花月での薄茶は薄めで少量というのでしょうね。ちゃんと2服飲んでいただきました。

稽古は早めに切り上げて近くのイタリアンレストランで送別会をしました。これもほかの生徒さんたちが予約・設定してくれ嬉しく思いました。
朝は霧雨が降っていましたが、出かける時には上がってラッキーでした。
それぞれ好みのパスタを頼み、食後のデザートまで頂きました。引っ越される方はわが社中で6年近く稽古された方です。受け答えがはんなりと言葉も豊富で、お道具の感想やお茶・お菓子の感想はとても印象に残るものでした。
新しい場所でまた元気に活躍されることを期待します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この年齢になっても・・ | トップ | 大円草の稽古 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

茶道」カテゴリの最新記事