宗恒の茶庭

「茶道 思いつくまま」や「和の美術」など

山種美術館へ

2017-01-04 12:14:30 | 美術
天気も穏やかな今年の正月も今日は3日。
主人とともに山種美術館へ行き、穏やかな日本画を鑑賞してきました。

「日本画の教科書」という変わった題の展覧会です。

近代日本美術の名画ばかりを集め、見覚えのある絵を揃えたものです。そして今回は京都画壇を中心に、例えば竹内栖鳳・上村松園・福田平八郎などの花鳥風月の絵です。
なるほど今までに見たことがあるものが多く、切手の図柄となったものもあります。

栖鳳の「斑猫」は何回見たことでしょう。何回見ても飽きない絵です。猫の動作をよく観察していて、緑の眼、ピンクの鼻、毛並みなどインパクトのある絵です。
お正月に相応しいきれいな日本画を堪能した一日でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年始挨拶 | トップ | 初釜2017 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。