宗恒の茶庭

「茶道 思いつくまま」や「和の美術」など

うい らぶ えまき絵巻マニア列伝展@サントリー美術館

2017-04-06 10:52:30 | 美術



絵巻は、物語に挿絵がある今でいう絵本。
物語りが挿絵によってわかりやすく、また文学と書、絵画が鑑賞できるものです。

後白河院や花園院、後崇光院、足利歴代将軍になどに好まれたとされる絵巻が展示されています。
《玄奘三蔵絵絵巻》《病草紙断簡》 《桑実寺縁起絵巻》《矢田地獄縁起絵巻》等々。

挿絵で状景を想像しつつ物語や歴史を読むのはどんなにか楽しかったでしょうと思います。

巻物を巻きながら読み進んでいくものですから、展覧会では残念ながらその一部開いたところしか見られません。しかし今回はかなり長く場面が出ていました。

文字も能書家が流麗に、絵も絵師が緻密に丁寧に描かれていて、素晴らしいアートです。

巻物を断簡されたものも展示されていましたが、これは残念なことです。

巻物は大作でも保存するのがかさ張らず便利です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 煤竹の茶筅 | トップ | 浮世絵動物園 @太田記念美術館 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

美術」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。