晩節を行く農民 黄泉平坂(よもつひらさか)へ向けゆっくりと・・・

天皇陛下の健康を考えると畏れ多くも同年代ですからそれに比しつつがなく日々過ごしており感謝の日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

名残雪

2015-03-24 15:56:26 | 日記

 前ブログに続き雪の話題だが この雪こそこれが消えると春を本格化させるものと名残雪とした

半月振り程の更新になるが家にも外にも人に云えない程ハードな日々を末節高齢者のこの爺さん送りブログの更新までする気力がなくなっていた 然し 朝起きてみると雪が、今日は何を言っても名残雪だけはと・・・

これで春が富山も本格化するものと思っている 然し 畑作業も忙しくなるね

では此処で唄 イルカさん名残雪でも

 

表日本からは昨日は桜便りが盛んにテレビで・・・ 然し名残雪も昼頃には消え 富山は漸く梅が満開

 

 桜の季節到来を願って森山良子さんのこの唄を・・・どうぞ

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

春なのに冬に逆戻り

2015-03-12 05:54:58 | 日記

 弥生三月何処へ行った 何で冬に逆戻り 天の神も意地悪過ぎる

畑も冬のように雪に覆われて地の神も吃驚 泣いているのでは

 

その時の早朝の雪の降りようを・・・

 

この日は1日、農協の内部監査に爺さん何時もながら疲れて大変 その途中の道路

この雪の降る前日、ホームセンター へ 勿論中は花盛り

 外にはもう 春のいろんな草花又、肥料も イチゴの苗も出ている

このようにいろんな草花が 売らんかなとばかりに並んでいる 然し この雪でどの様に対処されたか他人事ながら心配

沢山の種類の春肥料が並んでいる

爺さん例年やっているじゃがいも専用の肥料と玉ねぎとイチゴに追肥をと化成肥料を買って来る この追肥を明日にと思っていた処この雪が・・・

この様な時は静かに勉強するのが一番かもと今度発売された4月号を・・・ 

では此処で雪で動けないので 高倉健さんを追憶して どうぞ

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

久し振りの更新 身辺雑記 

2015-03-08 07:12:05 | 日記

 大変に多忙な日々を送りその様な中、写真を撮っていたものだけをチョイスしてこれを元に更新

葬儀の世話の後、税金の確定申告の作業 土地改良区の工事、この爺さん二つを見ていたのでその完成検査に 特に多忙を極めたのは農協は二月決算なので軒並みに内部監査が入ってくる おまけに生産組合の相談役をやっているものだからいろいろと難しい処理事項に・・・ この間PCが幾つもあるものだからこのブログをやっているPCに久し振りに触る PCによっていろいろと入っているソフトが違うものだから

税金の確定申告の状況 ソフトはその年のものをネットでひらって PCの様子

 まあ税金の作業もいろいろと大変

 爺さん多忙で泣き出しそうな顔をしているものだから 山も同情して泣き出しそうな顔を

三月三日雛祭り 娘宅で 一年振りに顔をみる 元気そうだ

市の本庁の管財課へ生産組の事で出かけた際 開業が間近い北陸新幹線の高架橋が見えてくる毎日メディアが嫌になるほど大騒ぎ 何かこの爺さんにとっては白けてくる

後先になるが畑の様子はと今朝眺めまわる その様子を動く絵で

市の本庁の中から庭を眺める

小澤征爾さんが75才の時、食道がんを患いその後、復帰の際、元気にカーネギーホールでブラームスの交響曲を この人はこの爺さんと同年代 今は指揮をされる際は椅子に座って 何時までもお元気でと祈る この時の指揮振りを どうぞ

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

葬儀

2015-02-22 05:36:04 | 日記

 村落の縁戚の婆ちゃんが.97歳で亡くなる まさしく廃棄高齢者でそれも卒業間近であった その葬儀に際しこの爺さんに昔から仕来たり等を踏まえ裏参謀を頼まれる 仕来たりに抜かりがないか又、裏仕事を手伝う人への目配り大変だった お陰様で無事に葬儀も終わる 爺さん疲れました

葬儀前日の晩のお通や会場 始まる前 この葬儀から人の死、宗教等いろいろと考える 爺さんも末期高齢者になってそんな事を考える齢にと・・・お通やとは何で施行、その人の生きて来た人生を思い出し又、この世の最後の眠りが安らかにと祈ることかも・・・

葬儀が始まる 読経が長々と続く 然しそのお経の内容が分からない それが有難いのかも・・・ 

葬儀が終わり帰る人たちに お花を この花を見て故人を偲んでと云う事かも

火葬が終わり その後、すぐに一足早い7日の法要 これは親族だけで この7日の意味が・・・

葬儀が終わり 帰宅してから今回いろんな事を考えせられた疑問に家の菩薩像に問うたが無言で笑顔が・・・

この葬儀の間 爺さんにとっては哲学の世界だったのかも そこで嘗て買って読んだ 手塚治虫さんの漫画ブッダを再度読んでとの思いが・・・然し 生死 宗教についてどこまで分かるのか 難しい

では 此処で気分一新でjazzを これを聞いて爺さん現世に戻る

 

 

 

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

高齢者夫婦

2015-02-21 06:08:38 | 日記

我が家は高齢者夫婦の二人住まい まあいろいろと大変

昨日は婆さんデイーサービスの日で朝に車が迎えに来る迎えにきた人に手を引かれ 週に2回通っている この送り出すには娘が来て準備やらいろいろと大変 まあそれに認知症も相当に進んでいるので 後期(光輝)高齢者の最年長組 考えるに子供不幸者の親かも・・・自然の摂理だね

方や爺さんは末期高齢者の年少組 婆さんを反面教師として子供不幸者の親にはならないようにと ウォーキング マシンを使って日々足の鍛錬 爺さん外の散歩は寒く特に風邪の引き易い体質なので でもこれを使って歩幅を広く歩くようにしている 長時間やると汗が出てくる 何とか廃棄高齢者の域まで行きたいものである

然し 爺さん未だ現役の世界にも顔を出している この日は夕方から会議

 

 

ではjazz を サックスの音色の激しさはjazzそのもの  どうぞ

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加