曽我部絵日記

曽我部昌史の写真絵日記

2017年6月12日~6月18日

2017-06-19 | 日記
6月18日(日)
「再塗装したデッキ@さざなみ園(大三島・今治)」

昨年塗ったキシラデコール。2度塗りしたはずなんだけれど半年ももたず。。黒ずんだ部分が多くて、電動3台と手動1台で、ほぼ全域をサンダー掛けして再塗装。今回は頻繁に塗り重ねてみるか。。。


「瀬戸の休憩所@瀬戸地区(大三島・今治)」

午後は瀬戸で作業。一昨年竹のデッキを設置した休憩所。刈り取った時期とか処理とかの問題もあったみたいだけれど、老朽化が激しい。一端撤去して、さざなみ園のデッキと同じ仕様に変更することに。
角の電柱に貼ってあった、隣の島にある休憩所情報サインの矢印部分が飛んでしまって、この場所に電源とか空気入れがありそうな印象になっている。。。夜、横浜に戻る。大久野島のウサギ人気がすごい。


6月17日(土)
「外でのランチ@インセンス(瀬戸・大三島)」

朝一で大三島。7月頭から展示替えになる伊東建築ミュージアムで、新しい展示方針の確認。作業の後の休憩中に、シルバーハットに置いてある製本図を見ていた学生が手書きでの曲線をみて、どうやって書いたのか質問に。雲形定規とかユニカーブとかが懐かしい。インキング図面用には塩ビ板で専用テンプレートをつくっていた。昼食は久しぶりのインセンス。


「畑の広場@さざなみ園(大三島・今治)」

食事のあとは、さざなみ園へ。5月末にワークショップで敷石を敷設したさざなみ園の裏庭。すでに畑として稼働している。残っていた石で。倉庫へのアプローチの小径を新設。敷石に使えそうな石は概ね無くなって、残るは厚さのある大判のものが数枚。


6月16日(金)
「トウネズミモチ@自宅」

自宅で溜まった作業など。庭の植え込みをみていて、知らない樹木が追加されているのに気がつく。これは某住宅の敷地にあったので記憶にある木。葉が鋸歯無しの対生っていうだけで、相当限定されるし。いつもながら、既に結構育っている。エノキの時のように大きくなりすぎると困るけれど、そのまま引っこ抜いて捨てるのも。。。鉢植えにでもしてみるか。


6月15日(木)
「社会学の本@製図室(神奈川大学)」

授業日。第二課題のスタート。製図室のおいてあった社会学の本。置き忘れられた教科書?。目次などをみていて、社会学の基礎は建築学科でも必修にした方が良いんじゃないかと思う。


6月14日(水)
「ゴーヤのこども@研究室(神奈川大学)」

朝から会議が続く。夜は馬車道で横浜市の方々などを交えたミーティング。打ち合わせが続き過ぎなので、脳のために甘いものを買っていく。
研究室の緑のカーテンでは、ゴーヤとキュウリも実ができはじめた。


6月13日(火)
「搭乗予定時刻@伊丹空港(大阪)」

またまた朝の便。毎日、早朝の空港に向かっている気がする。朝の伊丹は混むからか、予定時刻の表示が分きざみ。こんなのははじめてみた。ブラジルとかインドの飛行機の時刻表を思い出す。


6月12日(月)
「ヘリ格納庫@熊本空港(熊本)」

朝一で熊本から戻り、横浜(大学&馬車道)で打ち合わせ。熊本空港ではタクシングする飛行機のなかから、小川次郎さん設計のヘリ格納庫の現場を正面にみる。熊本市上空から見下ろすと、ブルーシートで覆われていた屋根が歴然と減っている。解体が進んでいるらしい。建て替えるべきか別の場所に移るべきかを悩んでいる人も多いとか。


「民家の軒@三国駅と新大阪駅の間(大阪)」

再び羽田。夕方の便で、夜の某ミーティングのために大阪へ。
ミーティング場所の中華屋まで歩く途中に、濃い佇まいの建物が目につく。複雑に積層する軒が特徴的な一角も。
帰りには、宮本さんに阪急電鉄が新大阪駅に接続するはずだった遺構などを教えてもらう。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年6月5日~6月11日 | トップ | 2017年6月19日~6月25日 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む