ソフトを楽しもう!

いろいろ使いよいソフトをみなさんにご紹介~

初心者向け:AviUtl エンコード の使い方・エラー対策を詳しく解説

2017-01-24 14:25:27 | 動画ソフトの使い方・エラー対策・評価
AviUtlは「KENくん」氏が個人で開発している動画編集ソフト。フリーで公開されているので、多くの方々に使われている。でも、AviUtlののデザインと使い方とがちょっと分かりにくいので、AviUtl エンコードの使い方に困っている方も多いね。そのため、本文はAviUtl コーデック・エンコードの使い方を初心者でもよく分かるように解説する。その上、エンコード途中、今まで現れたAviUtl エンコード 失敗・エラー及び対策も共有したい。

始めよう~

AviUtlは2種類のエンコード方法を用意している。一つは「ファイル」→「AVI出力」もう一つは「ファイル」→「プラグイン出力」



「AVI出力」は動画共有サイトなどに投稿する用の動画には適していないし、自分で保存する用にも向かていない。「AVI出力」を選択して、動画をエンコードすると、できたファイルサイズが超巨大になるかもしれない。そのため、基本的には「AVI出力」を使用する必要はない。

「プラグイン出力」を使用すれば、基本的には高画質且つ低容量で動画をエンコードできる。MP4、WMVなど。ただし、その機能を利用するには、別途のプラグインを導入しなきゃ。

MP4の汎用性が一番なので、AviUtlで動画をMP4にエンコードしたい場合が多いね。今日は、AviUtl エンコード MP4の方法を実例として紹介。対応プラグインを導入すると、他の動画形式のエンコードする方法もだいたい同じ。


AviUtl エンコード MP4の方法を実例として解説:

MP4動画形式で出力したい場合、「x264guiEx」プラグインが必要になる。「x264guiEx」プラグインをインストールした後、編集が終わった動画をエンコードするには、メニューの「ファイル」→「プラグイン出力」→「拡張 x264 出力(GUI) Ex」を選択する。

すると右のようなダイアログが表示される。「ビデオ圧縮」を押してエンコードの設定を確認する(YouTube用ならYouTube用の設定、ニコニコ用ならニコニコ用の設定)
好きなファイル名を入力する。

「保存」を押してエンコード開始する。後は動画(○○.mp4)完成! (AviUtlの低性能で、AviUtl エンコード 時間が長いかもしれない)

ヒント:ほかのプラグイン及び対応動画形式を紹介
WMV出力Plus:WMV  
「FFmpegOUT」:「webm」「asf」など

詳細なAviUtl エンコード方法とエラー対策がコチラ>>


合わせて読みたい:
Aviutl 音ズレ補正法:拡張編集音ズレ、エンコード音ズレなど全てを修正
aviutlエンコードエラー:アドレス“0x0e73bfc”で例外“0xc0000005”の対処法
初心者向けのAny Video Converter 使い方:動画変換/ダウンロード/編集/DVD作成
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Aviutl 音ズレ補正法!拡張編... | トップ | 初心者Any Video Converter ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。