ならおうは穏やかに語る

Fly Fishingを中心に難しい話からヨタ話まで支離滅裂な雑文。
(09/08/23カウンターを付けました。)

名張川でハスと戯れる

2017-07-17 22:52:49 | 釣り
淀川水系木津川流域名張川。


淀川の支流となる木津川水系のさらに支流となる名張川。奈良市と三重県の県境。京都府南山城村にある高山(月ヶ瀬)ダム湖へのインレットの上流部がポイント。

名阪国道五月橋ICから1kmくらい上流の大川遺跡(おおこいせき)
奈良市内から小一時間のドライブが必要だが川遊びにはもってこいだが、ラストワンマイルは厳しい。
今日は50cmほど増水して、結構な流れ。もともと本流の釣りになるが、ここでレインボーが出たら楽しいだろうな。
梅雨明けが迫るこの時期は鮎釣りがメインになるが、鮎を喰らうハスの季節でもある。
昼前から昼過ぎまで子供を連れてちょっと楽しんできた。

ハスのオスが釣れたので良しとしよう。


このサイズ(泣き尺)になると流れの中でよく走るので「釣った」感が生じる。
ロールキャスト、ダウンクロス、そのあとはリアクションバイトで狙う。ミッジウェットでオイカワ(はえ)とか、カワムツもかかるけど、#5だと・・・。

ちなみに足元の岩をよく見たら鮎が群れている。鮎ルアーで行けると思うが、鑑札なしで釣ったらあきません。

今回、Fリーダーがついたままだったけど、多分普通のテーパーリーダーの方が良かっただろうな。
もしくはスローシンクでも良かったかもしれない。流れの中でフライは思ったよりも沈まないから根掛かりもしない。

ちなみにもう少し砂利っぽいところで底を狙うとヒゲ面ブラウンと呼ばれるニゴイが出る。こいつはあまり走らないので面白くない。

化繊のパンツにクロックスでひざ下まで水に浸かりながら釣るのは心地よかった。
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なごみの湖へ行ってきた。 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。